内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 5:1‐31

5  エルサレムちまた行き巡り,さあ,見て,知れ。その公共広場て,自分たち捜しみよ。人見つけることできるどう+。公正行なう+,忠実求める+いるどうか。そのときは,わたし彼女許すあろう。  たとえ彼らが,「エホバ生きおられる!」と言おも,彼らそれよっ全く偽り誓っいるある+  エホバよ,あなた忠実向けられいるないです+。あなた彼ら打た+,彼ら病気なりませでし+。あなた彼ら滅ぼし尽くさまし+。彼ら懲らしめ受けようませでし+。彼らその大岩より硬くまし+。彼ら立ち返ろませでし+  わたし自身言いました,「確かに,彼ら身分低い階級だ。彼ら愚かこと行なった。エホバ道,彼ら*裁き無視から+  わたし大いなるたちところ行って,彼ら話そ+。彼らなら,エホバ道,彼ら裁き留意はずからある+。確かに,彼らなら,くびきことごとく砕いはずだ。縛り縄引きちぎっはず+」。  それゆえに,森林からライオン彼ら打ち,砂漠平原おおかみ彼ら奪略つづけ+,ひょう彼ら都市ずっ覚ましいるある+。すべてそこから行く引き裂かれる。彼ら違犯多くなり,その忠実行為非常多くなっからある+  このようことは,どうしてわたしあなた*許せるだろか。あなたわたし捨てて,ないもの+かけ*誓いつづける+。そしてわたし彼ら満足+,彼ら姦淫行ない続け+。そして売春群れなし行く。  彼らは,[強い]睾丸持つ,盛り付いなった。彼ら各々その向かっいななく+  「わたしこれらことため言い開き求めるべきないか」と,エホバお告げなる+。「また,わたしこのよう国民復しゅうべきない+」。 10  「彼女の[ぶどうの]列*向かっ攻め上り,[これを]損なえ+。ただし,あなた方実際滅ぼし絶やしならない+。その生い茂っ若枝取り去れ。それらエホバものないから+ 11  イスラエルユダは,確か不実仕方わたし扱っからある」と,エホバお告げなる+ 12  「彼らエホバ否んで,そして言い続ける,『[]はない+。わたしたち災い臨むことない。わたしたち飢きんないあろう』と+ 13  また,預言たちなり,彼らうち言葉ない+。彼ら対しそのようなされるあろう」。 14  それゆえ,万軍,エホバこのよう言わた。「あなた方このよう言っいるで,いまわたしあなたあるわたし言葉する+。この木切れなり,[火]は必ず彼らむさぼり食うあろ+」。 15  「イスラエルよ,いまわたし遠くから一つ国民あなた方ところ来させる+」と,エホバお告げなる。「それ永続する国民+。それから国民あり,あなたその国民言語*知らず,彼ら話すこと聞き[分ける]ことできない。 16  彼ら矢筒開い埋葬所,彼らみなあるある+ 17  彼らまた,必ずあなた収穫あなたパン食い尽くす+。それらあなた息子たち食い尽くす。彼らあなた群れ食い尽くす。彼らあなたぶどういちじく食い尽くす+。彼らあなた依り頼んいる,防備施さいる都市打ち砕く」。 18  「そして,そのも」と,エホバお告げなる,「わたしあなた方滅ぼし絶やすことない+ 19  そしてあなた方は,『わたしたちエホバゆえにこのすべてことわたしたち行なわか』と言うあろ+。それあなた彼ら言わなけれならない,『あなた方わたし捨てて,自分異国*仕えいっように,あなた方自分ものないよそ人仕えることなる+』と」。 20  このことヤコブ告げ,これユダ言い広めて,言え, 21  「心*欠け知恵ない+,さあ,このこと聞け。彼らあるに,見ることできない+。耳あるに,聞くことできない+ 22  『あなた方このわたし恐れない+』と,エホバお告げなる,『また,わたしゆえに激しい痛み覚えることない+。[わたしは]砂境界,すなわちそれ過ぎ越すことできない,定めなく存続する規定た。その騒ぎ立っも,なお打ち勝つことできない。[波が]荒れ狂おう[とも],なおこれ過ぎ越すことできない+ 23  しかし,この強情反逆持つようなった。彼らそれ行き,自分行路歩みつづける+ 24  しかし彼らは,「さあ,わたしたちエホバ恐れよう+。大雨それぞれ季節与えくださる+,わたしたちため収穫定め守っくださる+を」と言わなかった。 25  あなた方とがこれらもの遠ざけ,あなた方良いものあなた方からとどめ+ 26  「『わたし邪悪たち見いださからある+。彼ら捕るうずくまるときよううかがっいる+。彼ら破滅来たす[わな*]を仕掛けた。彼ら捕らえる人間*ある。 27  かご飛ぶ生き物満ちいるように,彼ら欺き満ちいる+。それゆえに,彼ら大いなるなっ得る+ 28  彼ら肥え+,つややかなった。彼らまた,悪いこと*あふれた。彼らどんな訴訟も,父なし子+訴訟弁護なかっ+。それ成功得るためあっ+。彼ら貧しいたち裁き取り上げなかった』」。 29  「わたしこれらことため言い開き求めるべきないか」と,エホバお告げなる,「また,わたしこのよう国民復しゅうべきない+ 30  驚くべき事態,恐るべきことこの起こっ+ 31  預言たち実際偽りうち預言+,祭司たち自分*したがって従えゆく+。そしてわたしその状態愛し+。あなた方その終わりどうする+」。

脚注

「彼ら」。ヘ語,エローヘーヘム,複数形。
「あなた」,女性単数形。
または,「神々ないものかけて」。ヘ語,ベロー エローヒーム
「彼女露台壁」,母音符号打ち方わずか変えることより。
「言語」。字義,「舌」。
または,「異国神々」。字義,「異(国)の神[または,神々]」。ヘ語,エローヘー ネーカール。「神」の複数卓越表わしいるしれない。
または,「良い動機」。ヘ語,レーヴ。
「破滅来たす[わな]」。または,「破滅せるもの」。すなわち,わな仕掛け。
「人間」。ヘ語,アナーシーム。
または,「悪い言葉; 悪い事柄」。
「力」。字義,「手」。