内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 49:1‐39

49  アンモン+関して,エホバこのよう言わた。「イスラエルないか。また,彼相続ないか。どうしてマルカム*+ガド*所有+,そのが[イスラエルの]*都市+住むようなっか」。  「『それゆえ,見よ,日やっ来る』と,エホバお告げなる,『わたしアンモンラバ+対し戦い警報+聞こえさせる。彼女必ず荒れ果てなり+,それ依存する町々*+燃え立たされるあろ+』。 「『そしてイスラエルは,[イスラエル]を所有いるたち所有することなる+』と,エホバ言わた。  「『ヘシュボン+よ,泣きわめけ+! アイ奪略からだ。ラバ依存する町々よ,叫べ。身粗布帯びよ+。泣き叫べ。石囲い行き巡れ。マルカム流刑なるからある+。その祭司そのたち共々+  不忠実よ,なぜあなた低地平原を,その[水の]流れる低地平原自慢する+。あなたその財宝依り頼み+,「だれわたしところようか」[と言う+]』」。  「『今わたし怖ろしいことあなた*もたらす+』と,万軍エホバ,+なるお告げなる,『あなた周りすべてたちから。そして,あなた方各々それぞれ方向必ず追い散らされる+。逃げ去っ行くたち集めるだれないあろう』」。  「『しかしその,わたしアンモン捕らわれたち集めるあろ+』と,エホバお告げなる」。  エドムて,万軍エホバこのよう言わからある。「テマン+もはや知恵ない+。計り事理解あるたち*から滅びうせか。彼ら知恵腐っしまっ+  逃げよ+! 退け! デダン+住民たちよ,深く潜ん住め+! わたしエサウ災難を,彼注意向けなけれならないもたらすからある+  もしぶどうり入れるたちあなたところ実際入っ来るなら,彼ら多少採り残し残し置かないだろか。もし盗人夜[入っ来るなら],彼ら確か自分望むだけしか損なわないあろ+ 10  しかしこのわたしは,エサウする+。わたしその隠れ場所あらわ+,だれ隠すことできなくなる+。その子孫兄弟隣人も,必ず奪略受け+,彼なくなる+ 11  あなたなし子捨てよ+。わたし自ら[彼らを]生き続けさせ,あなたやもめたちわたし依り頼むあろ+」。 12  エホバこのようからある。「見よ,杯飲むことその習慣ないいえ,彼ら必ず飲むあろ+。そしてあなたは,処罰確実免れるだろか。あなた処罰免れることない。あなた必ず飲むからある+」。 13  「わたし自身かけ誓っからある+」と,エホバお告げなる,「ボツラ+ただ驚き+,そしり,荒廃,呪いなり,彼女都市みな定めない至るまで荒れ廃れなる+」。 14  わたしエホバから知らせあり,諸国民遣わされる使節て,[言う,]「あなた方集まり,彼女向かっ行き,戦闘ため立ち上がれ+」。 15  「見よ,わたしあなた国民まこと小さな者,人間*さげすまれるからある+ 16  大隠れ場住み,丘高み占めるたちよ,あなた引き起こし身震いが,あなたせん越あなた欺い+。あなたようその高い作る+,わたしそこからあなた引き下ろす+」と,エホバお告げなる。 17  「そして,エドム驚きなる+。そのそば通るみな驚い見つめ,そのすべて災厄ゆえに口笛吹くあろ+ 18  ソドムゴモラその隣[の町々]の覆さときよう+」と,エホバ言わた,「人だれそこ住まず,人間*だれその外国とどまらないあろ+ 19  「見よ,ヨルダン沿い誇り高き[茂み]から,永続する住まい+[上っ来る]ライオンよう+,だれ上っ来る。しかし,わたし一瞬うちそのそこから逃げ去らせる+。そして,わたし選ばれるそこ任命するあろう。なぜなら,だれわたしようあろ+。だれわたし挑戦するあろ+。だれ今,わたし立ち得る牧者あろ+ 20  それゆえ,人よ,エホバエドム対し立てられ計り事+と,テマン+住民対し考え出さその考え聞け。確かに,群れ小さなたち引きずり回される。確かに,[]はそれらゆえにその住みか荒廃られる+ 21  彼倒れるで,地激動はじめ+。叫びある+! その紅海聞こえ+ 22  見よ,だれよう上って,襲いかかり+,ボツラその広げる+。その日,エドムあるたちは,出産苦しみ遭っいるようなる+」。 23  ダマスカスつい+。「ハマト+アルパド+かいた。彼ら聞い悪い知らせだっからある。彼ら分解+。海思い煩いあり,それかき乱さすまない+ 24  ダマスカス失った。彼女翻し逃げ,全き恐慌彼女捕らえ+。苦難産み苦しみが,子産むときように,彼女つかまえ+ 25  どうして都市が,歓喜捨てられなかっ+ 26  「それゆえ,彼若者たちその公共広場倒れ,その戦人みな沈黙られる+」と,万軍エホバお告げなる。 27  「そして,わたしダマスカス燃え上がらせ,それ必ずベンハダド住まいむさぼり食うあろ+」。 28  バビロンネブカドレザル討ち倒し+ケダル+ハツォル+王国ついて,エホバこのよう言わた。「人々よ,立ち上がって,ケダル上っ行き,+対し奪略行なえ。 29  彼天幕+その群れ+取られるあろう。彼ら天幕+も,そのすべて品々も。また,そのらくだ+彼らから連れ去られるあろう。そして彼ら人々向かって,『周囲怖れある+!』と必ず叫ぶあろう」。 30  「ハツォル+よ,逃げよ。遠く逃げ去れ。深く潜ん住め」と,エホバお告げなる。「バビロンネブカドレザル+あなた方対し計り事立て,あなた方*対しある考え考え出しからある」。 31  「人よ,立ち上がれ。安楽暮らし+,安らか住んいる+国民向かっ攻め上れ」と,エホバお告げなる。 「それも,かんぬきない。彼ら孤立住む+ 32  そしてらくだ+必ず強奪なり,その多数畜類分捕り物[となる]。そして,わたし彼らを,髪こめかみところ刈り込んたち+を,すべて散らし+,その近くすべて地方から彼ら災難もたらすあろう」と,エホバお告げなる。 33  「そして,ハツォル+ない至るまで必ずジャッカル巣穴なり+,荒れ果て所[となる]。人*だれそこ住まず,その人間*だれ外国とどまらないあろ+」。 34  これは,ユダゼデキヤ+王政初めに,エラム+関し,預言エレミヤエホバ言葉臨んものある。 35  「万エホバこのよう言わた。『いまわたしエラム+を,彼ら力強さ初め砕く。 36  そして,天四方果てから四方+エラムもたらす。そして,わたし彼らこれらすべて散らす+。エラム*追い散らさ+たちそのもとない国民ないあろう』」。 37  「そして,わたしエラムそので,彼ら求めるたち打ち砕く。わたし彼ら災いを,わたし燃える怒り来たらす+」と,エホバお告げなる。「わたし彼ら送り,ついに彼ら滅ぼし尽くすあろ+」。 38  「そして,わたしエラム+わたし置き,そこからたち絶ち滅ぼす」と,エホバお告げなる。 39  「そして必ず+,わたしエラム+捕らわれたち集めるあろう」と,エホバお告げなる。

脚注

「マルカム」(「彼ら王」の意),マソ本; 七十訳,シリ訳,ウル訳,「メルコム」; 七十訳シナ写,バチ写,「メルコル」; タル,「彼ら王」。
「ガド」,マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳; タル,「ガド地」; 七十訳シナ写,アレ写,バチ写,「ギレアデ」。
または,「その」。字義,「彼の」。
「それ依存する町々」。字義,「彼女たち」。
「あなた」,女性単数形。
「理解あるたち」,マソ本,これ七十訳,シリ訳一致する; タル,ウル訳,およびマソ本この派生取ることより,「子ら」。
または,「人々で」。ヘ語,バーアーダーム
または,「子」。ヘ語,ベンアーダーム
「あなた方」,マソ本欄外,タル,七十訳,ウル訳,および100以上ヘブライ写本; マソ本,シリ訳,「彼ら」。
「人」。ヘ語,イーシュ。
18脚注参照。
「エラムの」,マソ本欄外,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳,および多くヘブライ写本; マソ本,「定めないまで」。