内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 48:1‐47

48  モアブ+関して,イスラエル,万軍エホバこのよう言わ+。「ネボ災い+! 彼女奪略からだ。キルヤタイム+かかされ,攻め取らた。堅固高台かかされ,恐怖陥っ+  モアブ賛美もはやない+。ヘシュボン+人々彼女対し災い考え出した。『さあ,国民彼女存在断ち滅ぼそ+』。 「マドメンよ,お前沈黙いるべきある。お前歩い行く。  ホロナイム+から叫び声上がる。奪略大いなる崩壊だ。  モアブ打ち壊さ+。その小さなたち叫び聞こえさせた。  ルヒト上る+泣きながら上っ行くからある ― 泣き声ある。ホロナイムから下るは,人々聞いた,崩壊ため苦しみ叫び+あるからある。  「逃げ去れ。お前たち*逃れさせよ+。お前たち荒野ねず*ようなるべき+  お前*信頼お前造っもの財宝あるだから,お前また,攻め取られるあろ+。そしてケモシュ+必ず流刑なっ行く+。その祭司たち同時+  そして,奪略行なうすべて都市入っ来る+,逃れ得る都市ない+。また,低地平原必ず滅びうせ,平たん滅ぼし尽くされる。エホバ言わことある。  「あなた方モアブ路標与えよ。廃虚なるとき彼女行くからある+。その都市も,そこだれ住むないただ驚きなる+ 10  「エホバ使命いい加減行なっいるのろわれよ+。そのから差し控えいるのろわれよ! 11  「モアブ*その*若いから安楽暮らし+,そのかき乱さとどまっいる+。そして,ひとつから空けられことも,流刑処せられことない。それゆえに,その彼ら*そのまま保たれ,その香り変わらなかっある。 12  「『それゆえ,見よ,日やっ来る』と,エホバお告げなる,『わたし彼らに[器を]傾けるたち遣わし,それら必ずそれ傾けるあろ+。彼らそのし,その*大きなかめ粉々するあろう。 13  そして,イスラエルたち自分たち確信[のよりどころ]とベテルことかいよう+,モアブケモシュこと必ずかかされるあろ+ 14  あなた方は,「我々ある+,戦いため活力ある者」とよく言えるものだ』。 15  「『モアブ奪略れ,人彼女都市攻め上っ+。そして,そのえり抜き若者たちほふり場下っ行っ+』と,その万軍エホバいう+お告げなる。 16  「モアブ災難すぐ来る。実際,彼ら災い非常急いいる+ 17  その周り皆,彼ら知っいる皆,彼ら同情なけれならなくなる+。あなた方は,『ああ,強ささおが,美しさ折らしまっ+!』と言え。 18  「ディボン++住民よ,栄光から下って,渇きうち座れ。モアブ奪略あなた攻め上っからだ。彼防備施さあなた場所実際滅び陥れるあろ+ 19  「アロエル+住むよ,立ち止まって,道見張れ。逃げ去っ行くに,逃げ行く尋ねよ。『何起こっです+』と言え。 20  モアブかいた。恐怖襲わからある+。泣きわめいて,叫べ。人々よ,アルノン+告げよ,モアブ奪略た,と。 21  そして,裁き平たん+。ホロンヤハツ*+に,メファアト+ 22  ディボン+,ネボ+,ベトディブラタイム, 23  キルヤタイム+,ベトガムル,ベトメオン+ 24  ケリヨト+,ボツラ+,モアブすべて都市対して。遠いもの近いものも。 25  「『モアブ切り倒さ+,その折ら+』と,エホバお告げなる。 26  『人々よ,彼酔わせ+。彼エホバ向かっ大いに高ぶっからある+。モアブその吐いもがき+,彼また,あざけりなった。 27  「『そして,イスラエルあなた*とっただあざけりなっない+。それとも,彼*紛れない盗人見いださ+。あなた逆らっ語るに,自分振っからある。 28  「『モアブ住民よ,あなた方都市捨て大岩住め+。くぼ地辺り作るはとようなれ+』」。 29  「わたしたちモアブ誇りつい聞い+ ― 彼非常ごう慢ある ― そのおごり,誇り,ごう慢さ,その高ぶりつい+」。 30  「『わたし激怒自ら知った』と,エホバお告げなる,『もうそのようならない。その空言+ ― 彼ら実際,その通り行なわないあろ+ 31  それゆえ,モアブついわたし泣きわめき,モアブ全体ためわたし叫ぶあろ+。キルヘレス+たちためうめくあろう。 32  「『シブマ+ぶどうよ,わたしヤゼル+ため泣き悲しみ勝って,あなたため泣き悲しむあろう。あなた繁茂する若枝越えた。海へ ― ヤゼル+[へ] ― それら達した。あなた果物+ぶどう取り入れ奪略襲っ+ 33  そして,歓び楽しみ果樹モアブから取り去ら+。また,わたしぶどう搾り場からぶどう絶やし+。叫び声上げ踏みつぶすことするだれなくなる。叫び声もう叫び声ないあろ+』」。 34  「『エルアレ+まで,ヤハツ+まで届くヘシュボン+叫びから,彼らその出し+。ゾアル+からホロナイム+に,エグラトシェリシヤ+まで。ニムリム+ただ荒廃なるからある。 35  そして,わたしモアブから絶やす』と,エホバお告げなる,『捧げ物高き所携え上ると,その*犠牲立ち上らせる+ 36  それゆえ,わたしちょうどフルートようモアブため騒ぎ立つ+。キルヘレス+たちために,わたしちょうどフルートよう騒ぎ立つ。それゆえに,彼産み出し富裕必ず滅びうせるあろ+ 37  すべてはげあり+,すべてあごひげ短く刈り込まいる+からある。どの切り傷あり+,腰粗布ある+!』」 38  「『モアブすべて屋根その公共広場に ― そのすべてに ― どうこくある+。わたしモアブ喜ばれることないよう砕いからある+』と,エホバお告げなる。 39  『ああ,彼女どんな恐れおののいことか!* あなた方泣きわめけ! ああ,モアブどんな向けことか! 彼かい+。そしてモアブあざけりなり,その周りすべてとっ恐れおののかせるものなった』」。 40  「エホバこのよう言わからある。『見よ,襲いかかるよう+,だれやはりその必ずモアブ広げる+ 41  町々実際攻め取られ,彼女強固場所必ず奪い取られるあろう。そして,モアブあるたちは,その日,必ず,出産苦しみ遭っいるようなる+』」。 42  「『そして,モアブ必ず滅ぼし尽くされ,民なくなる+。それエホバ向かっ大いに高ぶっからある+ 43  モアブ住民よ,怖れくぼみわなあなた臨む+』と,エホバお告げなる。 44  『怖れため逃げ去るくぼみ陥り,くぼみから来るわな捕らえられるあろ+』。 「『わたし彼女に,モアブに,彼ら注意向けられる来たらせるからある+』と,エホバお告げなる。 45  『逃げ去るたちヘシュボン力なく立ち止まった。火ヘシュボンから+,炎シホン+から必ず行くからある。それモアブこめかみと,どよめき脳天焼き尽くすあろ+』。 46  「『モアブよ,お前*災い+! ケモシュ+滅びうせた。お前息子たちとりこされ,お前たちとりこされからある。 47  そして,わたしモアブ捕らわれたち集める+』と,エホバお告げなる。『ここまでモアブ対する裁きある+』」。

脚注

「お前たち」,単数形。しかし,集合意味用いられいる。ヘ語,ナフシェケム; ギ語,プシュカス; ラ語,アニマース
「ねず木」。ヘブライ意味明確ない; 七十訳一致訂正することより,「野ろば」。
「お前」,女性単数形。モアブ指しいる。
字義,「モアブ」。
字義,「彼の」。
字義,「彼」。「モアブ」は1‐9では女性形。
「その(彼らの)」,男性複数形。モアブたち指しいる。
ヘ語,ヤハツァー。
「あなた」,男性単数形。
「彼」,マソ本欄外; マソ本,「彼女」。
または,「その神々に」。ヘ語,レーローハーウ(leʼ·lo·hav'); ラ語,ディイース
または,「どんな打ち砕かことか!」
「お前」,男性単数形。