アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

エレミヤ 47:1-7

47  これはファラオがガザ+を討ち倒す前に,フィリスティア人+に関して預言者エレミヤに臨んだエホバの言葉である。  エホバはこのように言われた。 「見よ,水が北から+上って来ており+,みなぎりあふれる奔流となった。そして,その地とそれに満ちるもの,都市とそこに住む者にみなぎりあふれる+。そして,人々*は必ず叫び,その地に住んでいる者はみな必ず泣きわめく+  その雄馬がひづめを踏み鳴らす音+,その戦車の響き+,その車輪の騒音+のために,父は子を振り返りもしない。それは[彼らの]手が垂れ下がるからである。  すべてのフィリスティア人+に対して奪略を行なうため,助けを施していたすべての生き残った者をティルス+とシドン+から断ち滅ぼすために来る日があるからである+。エホバは,カフトル+の島からの残っている者たちであるフィリスティア人に対して奪略を行なっておられるからである+  ガザ+に,はげ+が必ず臨む。アシュケロン+は沈黙させられた。彼らの低地平原の残りの者よ,あなたはいつまで自分の身に切り傷をつけ続けるのか+  「ははあ,エホバの剣+よ! いつまでお前はじっとしてくれないのか。お前のさやに納まれ*+。休息し,沈黙せよ。  「エホバがこれに命令を出されたのに,どうしてそれはじっとしていられるだろうか。それはアシュケロンとその海岸のためのものである+。[]はそこにそれ*があるように定められたのである」。

脚注

または,「地の人々」。ヘ語,ハーアーダーム
「納まれ」。字義,「集められよ」。
「それ」,女性単数形。「剣」を指している。