内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 47:1‐7

47  これファラオガザ+討ち倒すに,フィリスティア+関し預言エレミヤ臨んエホバ言葉ある。  エホバこのよう言わた。 「見よ,水から+上っおり+,みなぎりあふれる奔流なった。そして,そのそれ満ちるもの,都市そこ住むみなぎりあふれる+。そして,人々*必ず叫び,その住んいるみな必ず泣きわめく+  その雄馬ひづめ踏み鳴らす+,その戦車響き+,その車輪騒音+ために,父振り返りない。それは[彼らの]手垂れ下がるからある。  すべてフィリスティア+対し奪略行なうため,助け施しすべて生き残っティルス+シドン+から断ち滅ぼすため来るあるからある+。エホバは,カフトル+から残っいるたちあるフィリスティア対し奪略行なっおられるからある+  ガザ+に,はげ+必ず臨む。アシュケロン+沈黙られた。彼ら低地平原残りよ,あなたいつまで自分切り傷つけ続ける+  「ははあ,エホバ+よ! いつまでお前じっくれないか。お前さや納まれ*+。休息し,沈黙せよ。  「エホバこれ命令出さに,どうしてそれじっいられるだろか。それアシュケロンその海岸ためものある+。[]はそこそれ*あるよう定められある」。

脚注

または,「人々」。ヘ語,ハーアーダーム
「納まれ」。字義,「集められよ」。
「それ」,女性単数形。「剣」を指しいる。