内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

エレミヤ 40:1‐16

40  護衛​の​長​ネブザラダン​+が​ラマ​+から​エレミヤ​を​送り出し​た​後​に,エホバ​から​彼​に​臨ん​だ​言葉。それ​は,流刑​の​身​と​なっ​て​バビロン​に​連れ​て​行か​れる​エルサレム​と​ユダ​の​すべて​の​流刑​者​の​中​で,手かせ​に​つなが​れ​て​い​た​彼​を,[ネブザラダン]が​連れ出し​た​とき​の​こと​で​あっ​た+  その​とき,護衛​の​長​は​エレミヤ​を​連れ​て​来​て,彼​に​言っ​た,「あなた方​の​神​エホバ​ご自身​が​この​場所​に​対し​て​この​災い​を​語ら​れ​た​の​だ+  すなわち,エホバ​が[それ​を]実現​さ​せ,ご自分​の​語っ​た​通り​に​する​ため​で​あっ​た。それ​は,あなた方​が​エホバ​に​対し​て​罪​を​おかし,その​声​に​従わ​なかっ​た​から​で​ある。それ​で​この​事​が​あなた方​に​起こっ​た​の​だ+  そして​今,見よ,わたし​は​今日,あなた​を​あなた​の​手​に​あっ​た​手かせ​から​解い​た。もし,わたし​と​共​に​バビロン​へ​行く​こと​が​あなた​の​目​に​良い​と​思える​なら,来る​が​よい。わたし​は​あなた​に​目​を​掛け​て​あげ​よう+。しかし,わたし​と​共​に​バビロン​へ​行く​こと​が​あなた​の​目​から​見​て​悪い​の​なら,来​なく​て​も​よい。見よ,全土​は​あなた​の​前​に​ある。あなた​の​目​に​行く​の​が​良く,正しい​と​思える​ところ​へ,どこ​へ​で​も​行く​が​よい+」。  それでも​なお,彼​は​帰ろ​う​と​し​なかっ​た。その​とき[ネブザラダン​は​言っ​た],「バビロン​の​王​が​ユダ​の​諸​都市​の​上​に​任命​し​た,シャファン​+の​子​アヒカム​+の​子​ゲダリヤ​+の​ところ​へ​帰っ​て,彼​と​共​に​民​の​中​に​住む​が​よい。あるいは,あなた​の​目​に​行く​の​が​正しい​と​思える​ところ​へ,どこ​へ​で​も​行く​が​よい+」。 それ​から,護衛​の​長​は​配給​食糧​と​贈り物​を​与え​て,彼​を​行か​せ​た+  そこで,エレミヤ​は​ミツパ​+に​いる​アヒカム​の​子​ゲダリヤ​+の​ところ​へ​行っ​て,その​地​に​残さ​れ​て​い​た​民​の​中​に​彼​と​共​に​住む​よう​に​なっ​た。  やがて,野​に​い​た​軍勢​の​すべて​の​長*+,彼ら​と​その​部下​たち​は,バビロン​の​王​が​アヒカム​の​子​ゲダリヤ​を​その​地​の​上​に​任命​し​た​こと,バビロン​へ​の​流刑​に​処せ​られ​なかっ​た​男,女,小さな​子供​たち,および​その​地​の​立場​の​低い​民​の​ある​者​たち​の[上​に]彼​を​任命​し​た​こと​を​聞い​た+  それで,彼ら​は​ミツパ​に​いる​ゲダリヤ​の​もと​に​来​た。すなわち,ネタヌヤ​*の​子​イシュマエル+,カレアハ​の​子​の​ヨハナン​+と​ヨナタン,タヌフメト​の​子​セラヤ,ネトファ​人​+の​エパイ​の​子​ら​と,マアカト​人​+の​子​エザヌヤ*+,これら​と​その​部下​たち​+で​あっ​た。  そこで,シャファン​+の​子​アヒカム​+の​子​ゲダリヤ​+は,彼ら​と​その​部下​たち​に​誓っ​て​+言っ​た,「カルデア​人​に​仕える​こと​を​恐れ​て​は​なら​ない。このまま​この​地​に​住み,バビロン​の​王​に​仕えよ。そうすれば,あなた方​に​とっ​て​物事​は​順調​に​行く​で​あろ​う+ 10  そして,この​わたし​は,いま​ミツパ​+に​住ん​で​いる。わたしたち​の​ところ​に​やっ​て​来る​カルデア​人​の​前​に​立つ​ため​で​ある。そして,あなた方​は​ぶどう​酒​+と​夏​の​果物​と​油​を​集め,[それ​を]あなた方​の​器​に​入れ,あなた方​の​取っ​た​それぞれ​の​都市​に​住む​が​よい」。 11  そして,モアブ,アンモン​の​子​ら​の​中,エドム​に​い​た​すべて​の​ユダヤ​人​と,[他​の]すべて​の​地​に​い​た​者​たち+,それら​の​者​も​また,バビロン​の​王​が​ユダ​に​残り​の​者​を​与え,彼ら​の​上​に​シャファン​の​子​アヒカム​の​子​ゲダリヤ​+を​任命​し​た​こと​を​聞い​た。 12  それで,すべて​の​ユダヤ​人​は​追い散らさ​れ​て​い​た​あらゆる​場所​から​帰り​はじめ,ユダ​の​地​に​入っ​て​来​て,ミツパ​+の​ゲダリヤ​の​もと​に​来​た。そして,ぶどう​酒​と​夏​の​果物​を​非常​に​多く​集め​て​いっ​た。 13  野​に​い​た​カレアハ​+の​子​ヨハナン​+と​軍勢​の​すべて​の​長​+も,ミツパ​の​ゲダリヤ​の​もと​に​来​た。 14  そして​彼​に​言っ​た,「あなた​は,アンモン​+の​子​ら​の​王​バアリス​が,あなた​を​魂​に​至る​まで​討と​う​と​し​て,ネタヌヤ​+の​子​イシュマエル​+を​遣わし​た​こと​を​少し​も​知ら​ない​の​です​か」。しかし​アヒカム​の​子​ゲダリヤ​は​彼ら[の​言う​こと]を​信じ​なかっ​た+ 15  それで,カレアハ​の​子​ヨハナン​+が​ミツパ​の​隠れ場所​で​自ら​ゲダリヤ​に​言っ​た,「今,わたし​は​行っ​て,ネタヌヤ​の​子​イシュマエル​を​討ち​たい​の​です。だれ​も​知る​こと​は​ない​でしょ​う+。どうして​彼​が​あなた​を​魂​に​至る​まで​討っ​て​*よい​でしょ​う​か。どうして,あなた​の​もと​に​集め​られ​て​いる​ユダ​の​者​たち​が​すべて​散らさ​れ,ユダ​の​残り​の​者​が​滅びうせ​なけれ​ば​なら​ない​の​でしょ​う​か+」。 16  しかし,アヒカム​+の​子​ゲダリヤ​+は​カレアハ​の​子​ヨハナン​に​言っ​た,「この​事​は​し​て​は​なら​ない。あなた​が​イシュマエル​+に​つい​て​語っ​て​いる​こと​は​偽り​だ​から​で​ある」。

脚注

または,「君」。ヘ語,サーレー。
「エホバ​は​与え​て​くださっ​た」の​意。ヘ語,ネタンヤーフー。
「と……エザヌヤ」。ヘ語,ウィーザンヤーフー,「エホバ​は​耳​を​向け​て​くださる」の​意。
「彼​が​あなた​を​魂​に​至る​まで​討っ​て」。すなわち,致命​的​に。ヘ語,ヤッケッカー ネフェシュ; ギ語,パタクセーイ スー プシュケーン; ラ語,インテルフィキアト アニマム トゥアム。付録4イ参照。