内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

エレミヤ 4:1‐31

4  「イスラエル​よ,もし​あなた​が​帰っ​て​来る​気​が​ある​なら」と,エホバ​は​お告げ​に​なる,「あなた​は​わたし​の​もと​に​帰っ​て​来​て​も​よい+。そして,もし​あなた​が​わたし​の​ため​に​*その​嫌悪​す​べき​もの​を​取り去る​なら+,あなた​は​逃亡​者​と​し​て​行く​こと​は​ない​で​あろ​う。  そして[もし]あなた​が,『エホバ​は​真実​+と​公正​と​義​+と​を​もっ​て​生き​て​おら​れる!』と​確か​に​誓う​なら+,諸​国民​は​彼​*に​よっ​て​自ら​を​実際​に​祝福​し,彼​に​よっ​て​自ら​を​誇る​で​あろ​う+」。  エホバ​は​ユダ​の​者​たち​*と​エルサレム​に​この​よう​に​言わ​れ​た​から​で​ある。「あなた方​は​自分​の​ため​に​耕地​を​すき返せ。いばら​の​中​に​*種​を​まき​続け​て​は​なら​ない+  ユダ​の​者​たち​*と​エルサレム​の​住民​よ,あなた方​は​エホバ​に​対し​て​割礼​を​受け,心​の​包皮​を​取り去れ+。あなた方​の​行ない​の​悪​ゆえ​に,わたし​の​激しい​怒り​が​火​の​よう​に​出​て​行き,必ず​燃え,消す​者​が​だれ​も​い​なく​なる​よう​な​こと​に​なら​ない​ため​で​ある+」。  あなた方​は​ユダ​で[それ​を]告げ,エルサレム​で​も[それ​を]言い広め+,[それ​を]はっきり​言え。この​地​の​至る所​で​角笛​*を​吹き鳴らせ+。大声​で​呼ばわっ​て​*言え,「あなた方​は​集まれ。わたしたち​は​防備​の​施さ​れ​た​都市​に​入ろ​う+  シオン​に​向かっ​て​旗​じるし​を​掲げよ。避け所​を​備えよ。立ちどまる​な」。わたし​が​北​から​もたらそ​う​と​し​て​いる​災い+,大いなる​崩壊​が​ある​から​だ。  彼​は​その​やぶ​から​出る​ライオン​の​よう​に​上っ​て​行き+,諸国​の​民​を​滅び​に​陥れ​て​いる​者​は​出発​し​た+。彼​は​あなた​*の​地​を​驚き​の​的​と​する​ため​に​自分​の​場所​から​出​て​行っ​た。あなた​の​諸​都市​は​廃虚​と​なり,住む​者​も​い​なく​なる+  この​ため​に​あなた方​は​粗布​を​まとえ+。胸​を​たたい​て​泣きわめけ+。エホバ​の​燃える​怒り​が​わたしたち​から​去ら​なかっ​た​から​で​ある+  「そして,その​日​に」と,エホバ​は​お告げ​に​なる,「王​の​心​は​滅びうせ+,君​たち​の​心​も​また[滅びうせる]。祭司​たち​は​必ず​驚がく​し,預言​者​たち​も​驚き惑う​で​あろ​う+」。 10  それ​で​わたし​は​言っ​た,「ああ,なる​主​エホバ​よ! 確か​に,あなた​は​この​民​と​エルサレム​と​を​完全​に​欺か​れ​まし​た+。『平安​が​あなた方​の​もの​に​なる』と​言わ​れ​た​の​に+,剣​が​魂​*に​まで​達し​まし​た」。 11  その​時,この​民​と​エルサレム​と​に​こう​言わ​れる​で​あろ​う。「荒野​の​踏みならさ​れ​た​道​の​熱風​+が​わたし​の​民​の​娘​+の​方​へ​向かっ​て​いる。それ​は​あおり分ける​ため​の​もの​で​も​なく,清める​ため​の​もの​で​も​ない。 12  満ち満ち​た​風​が​それら​の​もの​から​わたし​に​向かっ​て​来る。今​わたし​も​また,彼ら​に​裁き​を​言い渡す+ 13  見よ,彼​は​雨雲​の​よう​に​上っ​て​来る。その​兵車​は​暴風​の​よう​だ+。その​馬​は​鷲​*より​も​速い+。わたしたち​は​災い​だ! わたしたち​は​奪略​さ​れ​た​から​だ。 14  エルサレム​よ,あなた​が​救わ​れる​ため​に,あなた​の​心​の​全き​悪​を​洗い清めよ+。あなた​の​誤っ​た​考え​は​いつ​まで​あなた​の​うち​に​宿る​の​か+ 15  声​が​ダン​+から​語っ​て​おり,エフライム​の​山地​+から​有害​な​こと​を​言い広め​て​いる。 16  あなた方​は[それ​を],そう​だ,諸国​の​民​に​語り告げよ。[それ​を]エルサレム​に​向かっ​て​言い広めよ」。 「見張り​の​者​たち​が​遠く​の​地​から​やっ​て​来る+。彼ら​は​ユダ​の​諸​都市​に​向かっ​て​声​を​上げる​で​あろ​う。 17  彼ら​は​原野​の​見張り​の​よう​に​なっ​て​四方​から​彼女​を​攻める+。彼女​が​わたし​に​反逆​し​た​から​で​ある+」と,エホバ​は​お告げ​に​なる。 18  「あなた​*の​道​と​あなた​の​行動 ― それ​は​あなた​に​返さ​れる​こと​で​あろ​う*+* これ​が​あなた​に​対する​災い​で​ある。それ​は​苦い​から​で​ある。それ​は​あなた​の​心臓​に​まで​達し​た​から​で​ある」。 19  ああ,わたし​の​はらわた,わたし​の​はらわた​よ! わたし​は​心臓​の​壁​の​中​で​激しい​痛み​を​覚える+。わたし​の​心臓​は​わたし​の​内​に​あっ​て​騒ぎ立っ​て​いる+。わたし​は​黙っ​て​いる​こと​が​でき​ない。わたし​の​魂​が​聞い​た​の​は​角笛​の​音,戦い​の​警報​だ​から​で​ある+ 20  崩壊​また​崩壊​が​大声​で​呼ば​れ​た。全土​が​奪略​さ​れ​た​から​で​ある+。わたし​の​天幕​は​突然​に,わたし​の​天幕​布​は​一瞬​の​うち​に​奪略​さ​れ​た+ 21  わたし​は​いつ​まで​旗​じるし​を​見,角笛​の​音​を​聞き​つづける​の​だろ​う​か+ 22  わたし​の​民​は​愚か​だ​から​で​ある+。彼ら​は​わたし​に​留意​し​なかっ​た+。彼ら​は​知恵​の​ない​子​ら​で​あり,理解​ある​者​で​は​ない+。彼ら​は​悪​を​行なう​こと​に​関し​て​は​賢い​が,善​を​行なう​こと​に​関し​て​は​全く​何​の​知識​も​持っ​て​い​ない+ 23  わたし​は​その​地*を​見​た​が,見よ,[そこ​は]人​の​い​ない,荒漠​と​し​た[所​で​あっ​た+]。また,天​を[見やっ​た]が,その​光​は​もう​なかっ​た+ 24  わたし​は​山々​を​見​た​が,見よ,それ​は​激動​し​て​おり,丘​も​みな​揺れ動い​て​い​た+ 25  わたし​は​見​た​が,見よ,地​の​人​*は​おら​ず,天​の​飛ぶ​生き物​も​みな​逃げ​て​しまっ​た+ 26  わたし​は​見​た​が,見よ,果樹​園​は​荒野​と​なり,その​諸​都市​も​すべて​壊さ​れ​て​い​た+。それ​は​エホバ​に​よる​ため,その​燃える​怒り​に​よる​ため​で​あっ​た。 27  エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た​から​で​ある。「全土​は​荒れ果て​た​所​と​なる+。わたし​は​完全​に​滅ぼし絶やす​こと​を​し​ない​だろ​う​か*+ 28  この​ため​に,その​地​は​嘆き悲しみ+,上​なる​天​は​必ず​暗く​なる+。それ​は​わたし​が​語り,考慮​し,悔やま​なかっ​た​から​で​ある。わたし​は​それ​から​引き返す​こと​も​し​ない+ 29  騎手​と​弓​の​射手​の​音​の​ため​に​市​全体​が​逃げ去る+。彼ら​は​やぶ​に​入り,岩​の​間​へ​*上っ​て​行っ​た+。すべて​の​都市​は​捨て​られ,そこ​に​住む​者​*は​だれ​も​い​ない」。 30  奪略​を​受け​た​今,あなた​*は​どう​する​の​か。あなた​は​緋色[の​衣]を​身​に​着け,金​の​飾り物​で​身​を​美しく​装い,黒い​化粧​で​目​を​大きく​見せ​て​い​た​の​だから+。あなた​が​自分​を​美しく​見せ​た​の​は​無駄​で​ある+。[あなた]に​欲情​を​燃やす​者​たち​は​あなた​を​退け​た。彼ら​は​あなた​の​魂​を​探し求め​て​いる+ 31  わたし​は​病気​の​女​*の​よう​な​声,初めて​の​子​を​産む​女​の​よう​な​苦難+,息​を​切らし​て​あえい​で​いる​シオン​の​娘​の​声​を​聞い​た​から​で​ある。彼女​は​たなごころ​を​伸べ​つづける+。「今,わたし​は​災い​です! わたし​の​魂​は​殺す​者​たち​に​飽き​て​いる​から​です+」。

脚注

字義,「わたし​の​顔​から」。
「彼」。「イスラエル」を​指し​て​いる​の​で​あろ​う。
「の​者​たち(に)」。ヘ語,レイーシュ,単数​形。しかし,集合​的​に​用い​られ​て​いる。
字義,「いばら​に」; または,「いばら​の​ため​に」。
「の​者​たち」。ヘ語,イーシュ,単数​形。しかし,集合​的​に​用い​られ​て​いる。
または,「ショファル」。
「大声​で​呼ばわっ​て」。字義,「呼ばわり,満ち​て[それ​を​十分​に​し​て]」。
「あなた」,女性​単数​形。
」。ヘ語,ハンナーフェシュ; ギ語,プシュケース; ラ語,アニマム。付録4イ参照。
または,「はげわし」。
「あなた」,女性​単数​形。
「返さ​れる​こと​で​あろ​う」。ヘブライ​語​で​は​これ​は​動詞​の​不定詞​独立​形​で,時​に​関し​て​は​不定​で,非​人称。
「あなた​の​道​と​あなた​の​行動​が​それら​の​こと​を​あなた​に​行なっ​た​の​だ」,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳,および​幾つ​か​の​ヘブライ​語​写本​と​一致​し​て。
「その​」。ヘ語,ハーアーレツ
地​の​人」。ヘ語,ハーアーダーム
または,「しかし,わたし​は​滅ぼし絶やす​こと​は​し​ない​で​あろ​う」。
岩​の​間​へ」。ヘ語,ウーヴァッケーフィーム; ギ語,ペトラスマタ 16:18,「上​に」の​脚注​と​比較。
「者」。ヘ語,イーシュ。
「あなた」,女性​単数​形。シオン​すなわち​エルサレム​に​語りかけ​られ​て​いる。
「病気​の​女」。わずか​な​訂正​に​より,「子​を​産む​苦しみ​を​味わっ​て​いる​女」。