アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

エレミヤ 37:1-21

37  そして,ヨシヤ+の子ゼデキヤ+がエホヤキム+の子コニヤ*+に代わって治めはじめた。バビロンの王ネブカドレザルが彼をユダの地の王としたのである+  そして彼も,その僕たちも,この地の民*も,エホバが預言者エレミヤによって語った+言葉に聴き従わなかった+  そして,ゼデキヤはシェレムヤ*の子エフカル+と祭司マアセヤ*+の子ゼパニヤ*+を,預言者エレミヤのもとに遣わして言った,「どうか,わたしたちのために,わたしたちのエホバに祈ってもらいたい+」。  ときに,エレミヤは民の中を入ったり出たりしていた+。人々が彼をまだ留置場に入れていなかったからである。  そして,エジプトからファラオの軍勢が出て来ていた+。エルサレムを攻囲していたカルデア人は,彼らについての報告を聞いた。それで,エルサレムから引き上げた+  そのとき,エホバの言葉が預言者エレミヤに臨んで言った,  「イスラエルのエホバはこのように言われた。『わたしに伺うためにあなた方をわたしのもとに遣わすユダの王に,あなた方はこのように言うべきである+。「見よ,援助のためにあなた方のところに出て来るファラオの軍勢は,自分の地であるエジプトに帰らなければならなくなる+  そしてカルデア人は必ず戻って来て,この都市と戦い,これを攻め取り,これを火で焼くであろう+」。  エホバはこのように言われた。「あなた方は,『カルデア人はわたしたちから必ず去って行く』と言って,自分の魂を欺いてはならない+。彼らは去って行かないからである。 10  あなた方が,あなた方と戦っているカルデア人の全軍勢を打ち倒し+,刺し通された者たち*+が彼らの中に残ったとしても,彼らは各々その天幕で立ち上がり,この都市を火で実際に焼くからである」』」。 11  そして,カルデア人の軍勢がファラオの軍勢+のためにエルサレムから引き上げたときのことであるが+ 12  エレミヤは,ベニヤミンの地+に行って,民の中でそこから[自分の]分を得るため,エルサレムから出て行きはじめた。 13  こうして,彼が“ベニヤミンの門+”にいたときのこと,ハナニヤの子シェレムヤの子でイルイヤという名の,監督の任に当たるつかさがそこにいた。彼は直ちに預言者エレミヤを捕らえて,「あなたはカルデア人のもとに下ろうとしている*のだ」と言った。 14  しかしエレミヤは言った,「それは偽りです+! わたしはカルデア人のもとに下ろうとしているのではありません」。しかし彼は[エレミヤの言うことを]聴かなかった。それで,イルイヤはエレミヤを捕らえて,君たちのところへ連れて行った。 15  すると,君たち+はエレミヤに向かって憤りはじめ+,彼を打って+,書記官エホナタンの家+にある足かせの家に入れた+。彼らはその[家]を留置場+にしていたからである。 16  エレミヤは水溜めの家+に,そして丸天井の部屋に入ったが,エレミヤは多くの日の間そこに住んだ。 17  それから,ゼデキヤは人をやって彼を連れて来させ,王はその家の隠れ場所で彼に質問しはじめた+。そして言った,「エホバからお言葉があるか」。これに対してエレミヤは言った,「確かにあります!」 そして,さらに言った,「バビロンの王の手にあなたは渡されます+!」 18  それから,エレミヤはゼデキヤに言った,「わたしが,あなたや,あなたの僕たちや,この民に対して,どのように罪をおかしたので+,あなた方はわたしを留置場に入れたのですか。 19  『バビロンの王があなた方とこの地に攻めて来ることはない』と言って,あなた方に預言したあなた方の預言者たちは,今どこにいますか+ 20  では今,王であるわたしの主よ,どうか,お聴きください。恵みを求めるわたしの願いが+,どうか,あなたのみ前に聞き入れられますように。わたしを書記官エホナタンの家+に送り返さないでください。わたしがそこで死ぬことのないためです+」。 21  それで,ゼデキヤは命令を与えたので,人々はエレミヤを“監視の中庭+”に拘禁した。すべてのパンが都市から尽きてしまうまで+,パン焼き人の通りから丸いパン一つが日ごとに彼に与えられた+。そして,エレミヤは引き続き“監視の中庭”に住んだ+

脚注

22:24の脚注参照。
34:19の脚注参照。
ヘ語,シェレムヤー。36:14,「シェレムヤ」の脚注と比較。
ヘ語,マアセーヤー。35:4,「マアセヤ」の脚注と比較。
「エホバは隠して[または,蓄えて]くださった」の意。ヘ語,ツェファンヤーフー。
「者たち」。ヘ語,アナーシーム。イーシュの複数形。
または,「脱走しようとしている」。