内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 36:1‐32

36  さて,ユダ,ヨシヤエホヤキム+なって,この言葉エホバからエレミヤ臨ん言った,  「あなたため巻き物+取って,わたしあなた語っから,すなわちヨシヤから今日至るまで+,わたしイスラエルユダ+すべて+対しあなた語っ言葉を,全部それ書き記さなけれならない+  もしかすると,ユダたちは,わたし彼ら行なお考えいるすべて災い聴い+,各々その悪いから立ち返り+,わたし彼らとが実際許すことあるしれない+」。  それから,エレミヤネリヤバルク+呼んだ。バルクエレミヤ口[述]によって,エホバ語ら言葉すべてその巻き物書き記すためあっ+  次エレミヤバルク命じ言った,「わたし閉じ込められます。エホバ入っ行くことできませ+  ですから,あなた行って,わたし口[述]によっあなた書き記し巻き物から,断食+に,エホバで,民エホバ言葉読み上げなけれなりませ+。また,それぞれ都市からやっ来るすべてユダ[の人々]のも,これ読み上げなけれなりませ+  もしかすると,恵求める彼ら願いエホバみ前聞き入れられ+,彼ら各々その悪いから引き返すしれませ+。エホバこの対し語っ怒り激怒大いなるものからです+」。  そこで,ネリヤバルク+すべて預言エレミヤ命じ通り行ない,エホバ+,そのからエホバ言葉読み上げるようなっ+  さて,ユダ,ヨシヤエホヤキム+年,その+なって,エルサレムすべてと,ユダ都市からエルサレム入っすべては,エホバ断食ふれ告げ+ 10  そしてバルクエホバで,エホバ新しい入口+傍ら,上中庭ある写字+シャファン+ゲマルヤ*+食堂+で,そのからエレミヤ言葉すべて読み上げいった。 11  こうて,シャファン+ゲマルヤミカヤ*は,そのからエホバ言葉ことごとく聞くことなった。 12  そこで,彼家,書記食堂下っ行っが,見よ,そこすべてたちが,すなわち書記エリシャマ+,シェマヤ*デラヤ*+,アクボル+エルナタン+,シャファン+ゲマルヤ+,ハナニヤ*ゼデキヤ,およびすべてたち座った。 13  それで,ミカヤ+バルクから読み上げとき聞いすべて言葉彼ら告げ+ 14  すると,すべてたちは,クシシェレムヤ*ネタヌヤ*エフディ+バルク+もと送り出し言った,「あなた読み上げ巻き物 ― それ取っもらいたい」。そこでネリヤ*バルク巻き物取って,彼らもと+ 15  するとは[バルク]に言った,「どうか座って,わたしたちそれ読み上げもらいたい」。それバルク+彼ら読み上げた。 16  さて,そのすべて聞くと,彼らすぐ怖れ抱いて,互い見つめ合った。そしてバルク言った,「わたしたちこれらすべて言葉必ず告げるあろ+」。 17  そしてバルク言った,「どうかわたしたち話しもらいたい。あなたからどのようこれらすべて言葉書い+」。 18  するとバルク言った,「彼自分からこれらすべて言葉わたし告げ知らせで,わたしインク書き記しいっです+」。 19  終わりに,君たちバルク言った,「行って,身隠しなさい。あなたも,エレミヤです。だれあなた方どこいる知ることないよう+」。 20  それから,彼もとに,中庭+入っ行き,巻き物書記エリシャマ+食堂+預け,王そのすべて言葉告げはじめた。 21  それで,王その巻き物取っ来させるためエフディ+送り出した。そこで,彼それ書記+エリシャマ+食堂から取った。そして,エフディと,王そば立っいるすべてたち読み上げはじめた。 22  ときに,王+座っおり,第*+あっで,その火鉢+あっ燃えた。 23  そして,エフディないページ読むと,[王]はすぐ書記小刀それ引き裂き,また,[それを]火鉢投げ入れで,ついにその巻き物全部火鉢焼けなくなっ+ 24  それでも,彼少し怖れ感ずることなく+,そのすべて言葉聴いも,彼すべてたちも,自分引き裂くことなかっ+ 25  そして,エルナタン+デラヤ*+ゲマルヤ*+が,巻き物焼かないよう嘆願あるが,[王]は彼ら[の言うこと]を聴かなかっ+ 26  その,王は,王エラフメエルアズリエルセラヤ*アブデエルシェレムヤ*に,書記バルク預言+エレミヤ捕らえるよう命じた。しかし,エホバ彼ら隠しおか+ 27  そして,バルク+エレミヤ[述]によっ書き記し言葉+収め巻き物焼い後,さらにエホバ言葉エレミヤ臨ん言った, 28  「あなたもう自分ため巻き物を,もう一つの[巻き物]を取り,ユダエホヤキム焼き尽くし最初巻き物+あっ言葉ことごとくそれ書き記せ。 29  そして,ユダエホヤキム対しあなたこう言うべきある。『エホバこのよう言わた。「あなた自身この巻き物焼き尽くし+。[そして]言った,『なぜあなたこれ書き記し+,「バビロン間違いなくやっ来る。そして必ずこの滅び陥れ,人*それから絶やすあろ+」と言うか』と。 30  それゆえ,エホバユダエホヤキム対しこのよう言わた。『彼ためダビデ王座座すだれなくなり+,彼死体投げ出さ+,昼暑さに,夜さらされるものなる。 31  そして,わたしその子孫そのたちに,彼らとが+対する言い開き求め+,彼らエルサレム住民ユダたち*に,わたし彼ら敵し語っ彼ら聴かなかっ+すべて災いもたらす+』」』」。 32  そして,エレミヤもう巻き物取り,それ書記官,ネリヤバルク渡し+。[バルク]は,ユダエホヤキム焼いすべて言葉+を,エレミヤ口[述]によっ+それ書き記しいった。それ同じよう言葉が,さらに多くそれ加えられた。

脚注

「エホバ完全くださった」の意。ヘ語,ゲマルヤーフー。
「だれエホバようあろか」の意。ヘ語,ミカーイフー。
「エホバ聞いくださった」の意。ヘ語,シェマヤーフー。
デラヤ」。ヘ語,ウーデラーヤーフー。「エホバは[救出て]引き上げくださった」の意。
「エホバ恵み示しくださった; エホバ慈しみ富んおらた」の意。ヘ語,ハナンヤーフー。
「エホバ返報」; または,「エホバ共与犠牲」の意。ヘ語,シェレムヤーフー。
「エホバ与えくださった」の意。ヘ語,ネタンヤーフー。
「わたしともしびエホバ」の意。ヘ語,ネーリーヤーフー。
「第月」。すなわち,キスレウ。ユダヤ太陰9流刑名称で,11後半から12前半相当する。付録8ロ参照。
12,「デラヤ」の脚注参照。
10脚注参照。
「エホバ闘った; エホバねばり強かった」の意。ヘ語,セラーヤーフー。
14,「シェレムヤ」の脚注参照。
または,「地人」。ヘ語,アーダーム。
「のたち」。ヘ語,イーシュ。