アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

エレミヤ 34:1-22

34  バビロンの王ネブカドレザル+と,その全軍勢+と,地のもろもろの王国,彼の手の下にある領土+,そして,すべての民がエルサレムとそのすべての都市と戦っていたとき+,エホバからエレミヤに臨んだ言葉は言った。  「イスラエルのエホバはこのように言われた。『行って*,あなたはユダの王ゼデキヤ+に言わなければならない。そうだ,あなたは彼に言わなければならない。「エホバはこのように言われた。『いまわたしはこの都市をバビロンの王の手に渡し+,彼は必ずそれを火で焼く+  そして,あなた自身も彼の手から逃れられない。あなたは必ず捕らえられ,彼の手に渡されるからである+。そして,あなたの目はバビロンの王の目を見+,彼の口はあなたの口と話し,あなたはバビロンへ行くであろう』。  しかし,ユダの王ゼデキヤ+よ,エホバの言葉を聞け。『エホバはあなたについてこのように言われた。「あなたは剣によって死ぬことはない。  あなたは安らかに死に+,あなたより前にいた先の王,あなたの父たちのために[香が]たかれたように+,人々はあなたのためにも[香を]たき+,『ああ,主君よ+!』と,あなたのことを嘆き悲しんで+言うであろう。『わたし自身がこの言葉を語ったのである』と,エホバはお告げになるからである」』」』」。  それから,預言者エレミヤはエルサレムで,ユダの王ゼデキヤにこれらの言葉をみな話しはじめた+  そのときバビロンの王の軍勢は,エルサレム,ユダの残されたすべての都市+,ラキシュ+,アゼカ+に対して戦いをしていた。防備の施された都市+であるこれら[の都市]が,ユダの都市の中で残されていたものだったからである+  ゼデキヤがエルサレムにいるすべての民と契約を結んで,彼らに自由*をふれ告げた後+,エホバからエレミヤに臨んだ言葉。  [その契約は,]各々その下男を,各々そのはしためを,すなわちヘブライ人+の男やヘブライ人の女を自由の身にし,彼らを,すなわち自分の兄弟であるユダヤ人を僕として使わないようにするためのものであった+ 10  それで,すべての君たち+は従った。各々その下男を,各々そのはしためを自由の身にする契約に加わったすべての民もである。それはもう彼らを僕として使わないためであり,彼らは[それに]従って,[それらの者を]行かせるようにした+ 11  しかし,その後彼らは身を巡らし+,自由の身にさせた下男やはしためを連れ戻し,これを下男やはしためとして従わせるようになった+ 12  その結果,エホバの言葉がエホバからエレミヤに臨んで言った。 13  「イスラエルのエホバはこのように言われた。『わたしは,あなた方の父祖たちをエジプトの地から+,僕たち*の家から連れ出した日に+,彼らと契約を結んで+言った, 14  「七*年の終わりに,あなた方は各々,あなたのもとに売られて+六年間あなたに仕えたあなたの兄弟ヘブライ人の男子+を行かせるべきである+。あなたは彼をあなたと共にいることから自由の身にしてやらなければならない」と。しかしあなた方の父祖たちはわたし[のことば]に聴き従わず,耳を傾けることもしなかった+ 15  そして今日,あなた方は身を巡らし,各々その友に自由をふれ告げることによってわたしの目に廉直なことを行ない,わたしの名をもってとなえられた家+において,わたしの前で契約を結ぶ+ 16  それから,あなた方は逆戻りし+,わたしの名を汚し+,各々その下男を,各々そのはしためを,すなわち,あなた方がその魂の望みどおりに自由の身にさせた*者たちを連れ戻し,これを従わせてあなた方の下男やはしためとする+』。 17  「それゆえ,エホバはこのように言われた。『あなた方は,各々その兄弟に,各々その友に自由をふれ告げてゆくことに関して+わたしに従わなかった。今わたしはあなた方に自由をふれ告げる+』と,エホバはお告げになる,『剣+と,疫病+と,飢きん+とに対してである。わたしはあなたを地のすべての王国にとっての身震いのために必ず与えるであろう+ 18  また,わたしはわたしの契約に違背する者たち*+を渡す。彼らは,二つに切って+その間を通れるようにした+子牛[をもって]わたしの前で結んだ*契約の言葉を実行しなかったのである。 19  それは[すなわち],二つに分けられた子牛の間を通ったユダの君たちとエルサレムの君たち+,廷臣と祭司たち,およびこの地のすべての民*である― 20  わたしは彼らを,その敵たちの手と,その魂を求める者たちの手とに渡す+。彼らの死体は必ず天の飛ぶ生き物や地の獣の食物となる+ 21  また,わたしはユダの王ゼデキヤ+とその君たちを,その敵たちの手と,その魂を求める者たちの手と,あなた方から退いている+バビロンの王の軍勢の手に渡すであろう+』。 22  「『いまわたしは命じる』と,エホバはお告げになる,『わたしは必ず彼らをこの都市に連れ戻すであろう+。彼らは必ずこれと戦い,これを攻め取り,これを火で焼く+。わたしはユダの諸都市を住民のいない荒れ果てた所とする+』」。

脚注

2:2,「行って」の脚注参照。
または,「免除」。ヘ語,デロール。
または,「奴隷たち」。
「七」,マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「六」。
または,「あなた方が彼らの願うところへ行かせた」。字義,「あなた方が去らせて彼らの魂にとって自由にならせた」。申 21:14の脚注と比較。
者たち」。ヘ語,ハーアナーシーム。イーシュの複数形。
字義,「切った」。ヘ語,コルトゥー; 子牛を切る場合の語と同じ。
「このの……」。ヘ語,アム ハーアーレツ