内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 33:1‐26

33  そして,エレミヤなおも“監視中庭+”に閉じ込められとき,エホバ言葉臨ん言った。  「[地]*造り主+エホバ,[地]を形造っ+これ堅く立て+エホバこのよう言わた。エホバそのみ名ある+  『わたし呼び求めよ。そうすれば,わたしあなた*答え+,あなた知らなかっ大いなる,人知及ばないこと進ん告げるあろ+』」。  「イスラエルエホバは,攻囲塁壁よっ+引き倒されるこの都市家々ユダたち家々関して,  カルデア戦うため,また,わたし怒り激怒もっ討ち倒したち*死がい場所満たすためやっ来るたち+[に関して] ― 彼らすべてためわたしこの都市から覆い隠しある+ ― このよう言わからある。  『いまわたしこの[都市]のため回復健康もたらす+。わたし彼らいやし,豊か平安真理啓示するあろ+  そして,わたしユダ捕らわれイスラエル捕らわれ連れ戻し+,始め同じよう彼ら建てる+  また,彼らわたし対し犯しすべてとがから彼ら浄め+,わたし対し犯し,わたし対し行なっすべてとが許す+  そしてこの[都市]は必ず,わたしとって,わたし彼ら行なっいるすべて良いことつい聞くすべて対する歓喜+,賛美,および美しいものなるあろ+。そして彼らは,わたしこの[都市]のため行なっいるすべて良いことすべて平安ため+,必ず怖れ抱き+,動揺するあろ+』」。 10  「エホバこのよう言わた。『あなた方が,人*家畜ない荒れ地言うようなるこの場所で,荒れ果て住民家畜なくなるユダ都市エルサレムちまた+ 11  歓喜歓び+,花婿花嫁が,「万軍エホバたたえよ。エホバ善良からある+。そのある親切*定めないまで及ぶからある+!」と言うたちなおも聞かれるあろ+』。 「『彼らエホバ感謝捧げ物持っ来るあろ+。わたしこの捕らわれ始めよう連れ戻すからある+』と,エホバ言わた」。 12  「万軍エホバこのよう言わた。『人家畜さえないこの荒れ地+そのすべて都市に,羊群れ伏させる羊飼いたち牧草なおもあることなる+』。 13  「『山地都市,低地都市+,南都市+,ベニヤミン+,エルサレム周辺+,ユダ都市+で,羊群れこれ数えるなおも通ることあろ+』と,エホバ言わた」。 14  「『見よ,日よういる+』と,エホバお告げなる,『わたしは,イスラエルユダ関し+,わたし語っ良い言葉必ず成し遂げるあろ+ 15  その日,その時,わたしダビデためひとつなる新芽芽生えさせ+,彼この*必ず公正行なうあろ+ 16  その日,ユダ救わ+,エルサレム安らか住むあろ+。そして,この[都市]はこのように,すなわち,“エホバわたしたち*”と呼ばれるあろ+』」。 17  「エホバこのよう言わからある。『ダビデついは,イスラエル王座座す*断たれることない+ 18  そして祭司,レビ*ついは,全焼燔捧げ物ささげ,穀物捧げ物よっ立ち上らせ,常*犠牲ささげるわたしから断たれることない+』」。 19  さらに,エホバ言葉エレミヤ臨ん言った, 20  「エホバこのよう言わた。『もしあなた方わたし契約契約破って,昼それぞれ生じないようさせることできるなら+ 21  わたしダビデ対するわたし契約同じく破ら+,その王座つい支配する持たなくなることあろ+。また,わたし仕えるあるレビ人,祭司対し同じある+ 22  天軍勢数えることも,海量ることできない同じよう+,わたしわたしダビデと,わたし仕えいるレビ殖やすあろ+』」。 23  そして,エホバ言葉引き続きエレミヤ臨ん言った。 24  「あなたは,このたちが,『エホバご自分選ん二つ家族+退けることなさる』と言うなかっか。そして,彼らわたし不敬仕方扱いつづけ+,それ彼らもはや国民存続することないようする。 25  「エホバこのよう言わた。『もし,わたしわたし契約+,天法令+定めこと事実ないなら, 26  わたしまた,ヤコブわたしダビデ退け+,その*からアブラハム,イサク,そしてヤコブ治める支配たち取らないあろう。わたし彼ら捕らわれたち集め+,これ哀れみ示すからある+』」。

脚注

字義,「それ」,女性形。
「あなた」,男性単数形。
たち」。ヘ語,ハーアーダーム
「人」。ヘ語,アーダーム。
または,「その忠節」。ヘ語,ハスドー。
「このに」。ヘ語,バーアーレツ
23:6脚注参照。
「座す者」。字義,「座しいる人」。ヘ語,イーシュ ヨーシェーヴ。
または,「そしてレビ祭司」。
字義,「すべて日々」。ヘ語,コルハイヤーミーム
または,「子孫; 後裔」。