内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 31:1‐40

31  「その時」と,エホバお告げなる,「わたしイスラエルすべて家族とっなり,彼らわたしなるあろ+」。  エホバこのよう言わた。「剣免れ生き残っからなる荒野恵み+。イスラエル自分休養よう歩い*とき+」。  遠くからエホバわたし現われて,[言わた,]「そして,わたし定めない至るもっあなた*愛し+。それゆえに,わたしある親切*もっあなた引き寄せある+  それでも,イスラエル処女よ,わたしあなた建て直し,あなた実際建て直されるあろ+。あなたなおも自分タンバリン飾り,笑っいるたち踊り実際行くあろ+  あなたなおもサマリア山々ぶどう植えるあろ+。植えるたち必ず植えて,[それを]使いはじめる+  エフライム山地見張りたちが,『人々よ,立ち上がっシオンに,わたしたちエホバもと上っ行こう』と言うあるからある+」。  エホバこのよう言わからある。「歓びつつヤコブ向かっ大声叫び,諸国民対し甲高く叫べ+。[それを]言い広めよ+。賛美ささげ言え,『エホバよ,あなた民,イスラエル残り救っください+』と。  いまわたしから彼ら連れ+,地最果てから彼ら集めるあろ+。彼ら盲人なえ者,妊娠産むいるあろ+。彼ら大いなる会衆ここ帰っ来る+  彼ら泣きながら来る+。わたし彼らを,恵み求める[その]嘆願連れ来るあろう。わたし彼らを,つまずかされることない正しいよって,水奔流歩い行かせるあろ+。わたしイスラエルとっなっからある+。そしてエフライムは,わたし初子ある+」。 10  諸国よ,あなた方エホバ言葉聞き,遠く島々*で[それを]告げ言え+。「イスラエル散らすご自身これ集め+,羊飼いその家畜群れを[守る]よう必ず守られるあろ+ 11  エホバヤコブそれより強いから実際請け戻し+,取り戻されるからある+ 12  そして彼ら必ずて,シオン高み喜び叫び+,エホバ善,つまり穀物,新しいぶどう+,油,羊+ゆえに光り輝くあろ+。また,彼らよく潤っいるようなり+,彼らもはや弱り果てることない+」。 13  「その時,処女踊っ歓ぶあろう。若者老人+。そしてわたし彼ら悲しみ歓喜変え,彼ら慰め,その悲嘆去らて,彼ら歓ばせる+ 14  また,わたし祭司たち肥えもの飽かせ+,わたしわたし良いもの満ち足りるあろ+」と,エホバお告げなる。 15  「エホバこのよう言わた。『ラマ+聞こえる。嘆き悲痛泣き声+が。ラケル+その+こと泣いいる。彼女そのつい慰められること拒ん+。彼らもうないからある+』」。 16  エホバこのよう言わた。「『あなた*泣くとどめ,目とどめよ+。あなた働き対し報いあるからある』と,エホバお告げなる,『彼ら必ずから帰っ来るあろ+』。 17  「『そして,あなた将来希望+ある』と,エホバお告げなる,『子必ず自分たち領地帰っ来るあろ+』」。 18  「わたしエフライム自分ことこう嘆いいる確か聞い+。『あなたは,わたし正されるよう,わたし訓練ない子牛よう+正さまし+。わたし立ち返らせください。そうすれば,わたしすすん立ち返るでしょ+。あなたわたしエホバです+ 19  わたし立ち返っ後,悔いからです+。わたし知るよう導か後,自分平手打ちまし+。わたしかき,辱め受けまし+。わたし若いそしり負っからです+』」。 20  「エフライムわたしとっ大切か。また,優しい扱い受け子供+。わたしは,彼敵し語れ語るだけ,彼ことなおも必ず思い起こすからある+。それゆえに,わたしはらわたため騒ぎ立っ+。わたし必ず哀れむあろ+」と,エホバお告げなる。 21  「あなた自分ため*路標立てよ。自分ため道標立て+。あなた街道に,あなた通っ行かなけれならない*留めよ+。イスラエル処女よ,帰れ。これらあなた都市帰れ+ 22  不忠実+よ,あなたいつまで方々向き変える+。エホバ新しいこと創造からある。ただ強健*周り押し迫るある」。 23  イスラエル,万軍エホバこのよう言わた。「わたしその捕らわれ集めるとき,彼らユダその都市なおこの言葉述べるあろう。『義なる住みか+,聖なる+,エホバあなた*祝福れるよう+』。 24  そして,その*ユダそのすべて都市必ず共々住む。農夫も,家畜群れ出かけたち+ 25  わたし疲れ十分潤し,弱り果てすべて満たす+」。 26  このことわたし目覚め,見はじめた。わたし眠りは,わたしとっ快いものあった。 27  「見よ,日やっ来る」と,エホバお告げなる,「わたしイスラエルユダ家畜まく+」。 28  「そして,わたしは,根こぎし,引き倒し,打ち壊し,滅ぼし,害もたらそ+彼ら配っよう+,築き上げ,植えるため彼ら配ることなる+」と,エホバお告げなる。 29  「そのは,彼らもう,『父たち熟しないぶどう食べに,子浮い*』と言わない+ 30  むしろ,人各々自分とがため死ぬある+。だれ熟しないぶどう食べるついは,彼自身浮くある」。 31  「見よ,日やっ来る」と,エホバお告げなる,「わたしイスラエル+およびユダ+新しい契約*+結ぶ* 32  それは,わたし彼ら父祖たち取っエジプトから連れ出し彼ら結ん契約ようものない+。『わたし彼ら所有+持っ*かかわらず,彼らわたしその契約破っ*+』と,エホバお告げなる」。 33  「これこそ,わたしそれら+イスラエル結ぶ契約+からある」と,エホバお告げなる。「わたし彼らわたし律法置き+,彼らそれ書き記す*+。そして,わたし彼らなり,彼らわたしなるあろ+」。 34  「そして,彼らもはや各々そのを,各々その兄弟教え+,『エホバ知れ+!』と言わない。彼らその最もなるからその最もなる至るまで,皆わたし知るからある+」と,エホバお告げなる。「わたし彼らとが許し,彼らもはや思い出さないからある+」。 35  エホバ,すなわち,昼ため太陽+,夜+ため+法令*+与える,海かき立てその騒ぎ立たせる+,その万軍エホバいう+このよう言わた。 36  「『もしこれら規定わたしから取り除か得るなら+』と,エホバお告げなる,『それ同様に,イスラエルあるたちが,わたし国民あることなくなることあり得るあろ+』」。 37  エホバこのよう言わた。「『もし測られるなら,下探り出されるなら+,わたしまた彼ら行なっすべてことために,イスラエル全体退け得るあろ+』と,エホバお告げなる」。 38  「見よ,日やっ来る*」と,エホバお告げなる,「この都市は“ハナヌエル+”から“隅+”に至るまで,エホバため必ず建てられるあろ+ 39  そして測り綱+なおもガレブ向かっまっすぐ伸び,巡っ必ずゴア至る。 40  そして死がい+脂灰+低地平原全体,およびキデロン奔流まで+,日昇る向かっいる“馬+”の至るまですべて段丘は,エホバとっなるものなる+。それもはや定めない至るまで,根こぎされること打ち壊されることない+」。

脚注

字義,「歩くことあった」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
「あなた」,女性単数形。4の「処女」を指しいる。
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。ヘ語,ハーセド。
「島々」。または,「海沿い地帯」。
「あなた」,女性単数形。「ラケル」に語りかけられいる。
「自分ために」,女性単数形。「処女」に語りかけられいる。
または,「あなた通っ行っ道」。
「強健男」。ヘ語,ガーヴェル。
「あなた」,男性単数形。
「その」,女性形。「地」を指しいる。
「浮いた」。字義,「鈍くなった(なまった)」。
「新しい契約」。ヘ語,ベリート ハダーシャー。
「結ぶ」。字義,「切る」。
「彼ら所有持った」,マソ本,ウル訳; タル,「自分ため彼ら楽しみ見いだした」; 七十訳,「彼ら世話するやめた」; シリ訳,「彼らさげすんだ」。
字義,「彼らわたしその契約破った。そしてわたし彼ら所有持った」。
「わたし彼ら思いわたし律法確か置き,それ彼ら書き記す」,七十訳。
「の法令」,マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳および一つヘブライ写本省いいる。
「来る」,マソ本欄外,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳,および48ヘブライ写本。マソ本この分詞当たるヘブライ子音ないが,「来る」と読むべきこと示すため母音符号挿入いる。これケレー(読み方)であって,ケティーブ(書かもの)でない。