内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

エレミヤ 3:1‐25

3  こういう​言い習わし​が​ある。「もし​人​*が​その​妻​*を​去ら​せ,彼女​が​実際​に​彼​の​もと​を​去っ​て​ほか​の​人​の​もの​に​なっ​た​なら,彼​は​再び​その​女​の​もと​に​戻っ​て​よい​だろ​う​か+」。 その​地​*は​確か​に​汚さ​れ​て​しまっ​た​の​で​は​ない​か+ 「そして​あなた​*も​多く​の​友​と​売春​を​し​た+。それなのに​わたし​の​もと​に​帰っ​て​来​て​よ​い​で​あろ​う​か+」と,エホバ​は​お告げ​に​なる。  「踏みならさ​れ​た​道​に​あなた​の​目​を​上げ​て​見​よ+。あなた​が​犯さ​れ​なかっ​た​*場所​は​どこ​に​ある​の​か+。あなた​は,荒野​の​アラビア​人​の​よう​に,彼ら​の​ため​に​道​の​そば​に​座っ​た+。あなた​は​自分​の​売春​の​行為​と​悪​と​に​よっ​て​地​を​汚し​つづける+  それゆえに,豊潤​な​雨​は​とどめ​られ​て​おり+,春​の​雨​さえ​生じ​なかっ​た+。そして,売春​を​する​妻​の​額​が​あなた​の​もの​と​なっ​た。あなた​は​恥辱​を​感じる​こと​も​なかっ​た+  あなた​は​この​時​から​わたし​に​呼ばわっ​た​の​か,『わたし​の​​よ+,あなた​は​わたし​の​若い​時​の​腹心​の​友​です+  定め​の​ない​時​に​至る​まで​憤慨​する​こと​が,また​永久​に[何​か​を]見​つづける​こと​が​あっ​て​よい​でしょ​う​か+』と。見よ,あなた​は​語り,次い​で​悪い​こと​を​行ない,[それ​を]行ない通し​た+」。  さらに,エホバ​は​王​ヨシヤ​+の​時代​に​わたし​に​言わ​れ​た,「『あなた​は​不​忠実​な​イスラエル​*の​行なっ​た​こと​を​見​た​か+。彼女​は​すべて​の​高い​山​の​上+,すべて​の​生い茂っ​た​木​の​下​+に​行っ​て​は​そこで​売春​を​行なお​う​と​する+  そして​彼女​が​これら​の​こと​すべて​を​し​た​後,わたし​は​彼女​に​わたし​の​もと​に​帰っ​て​来る​よう​に​と​言い​つづけ​た​が,彼女​は​帰っ​て​来​なかっ​た+。ユダ​は​自分​の​不実​な​姉妹​+を​見​つづけ​た。  わたし​は​それ​を​見​た​とき,不​忠実​な​イスラエル​が​姦淫​を​行なっ​た​その​理由​の​ため​に,彼女​を​去ら​せ+,次い​で​完全​な​離婚​証書​を​これ​に​与え​た+。それでも,不実​な​行ない​を​する​その​姉妹​ユダ​は​恐れ​も​せ​ず,かえって​自分​も​また,行っ​て​売春​を​する​よう​に​なっ​た+  そして​彼女​の​売春​は[その]軽薄​な​物​の​見方​ゆえに​生じ,彼女​は​その​地​を​汚し+,石​や​木​と​姦淫​を​行ない​つづけ​た​の​で​ある+ 10  この​すべて​に​も​かかわら​ず,その​不実​な​姉妹​ユダ​は​心​を​尽くし​て​わたし​の​もと​に​帰っ​て​来る​こと​は​なかっ​た+。ただ,偽っ​て+[そう​し​た​に​すぎ​ない]』と,エホバ​は​お告げ​に​なる」。 11  そして,エホバ​は​さらに​わたし​に​言わ​れ​た,「不​忠実​な​イスラエル​は​その​魂​が,不実​な​行ない​を​する​ユダ​より​も​義​に​かなっ​て​いる​こと​を​証明​し​た+ 12  行っ​て*,あなた​は​これら​の​言葉​を​北​+に​ふれ告げ​て,言わ​なけれ​ば​なら​ない。 「『「背信​の​イスラエル​よ,帰れ」と,エホバ​は​お告げ​に​なる+』。『「わたし​は​あなた方​に[怒っ​て]顔​を​向ける​こと​は​ない+。わたし​は​忠節​だ​から​で​ある+」と,エホバ​は​お告げ​に​なる』。『「わたし​は​定め​の​ない​時​に​至る​まで​憤慨​し​つづける​こと​は​ない+ 13  ただ,あなた​は​自分​の​とが​に​留意​せよ。あなた​*は​あなた​の​*エホバ​に​対し​て​違犯​を​おかし​た​から​で​ある+。そして,あなた​は​すべて​の​生い茂っ​た​木​の​下​で​+自分​の​道​を​よそ者​たち​に​散らし​続け​た+。しかし​あなた方​は,わたし​の​声​に​は​聴き従わ​なかっ​た」と,エホバ​は​お告げ​に​なる』」。 14  「背信​の​子​ら​+よ,帰れ」と,エホバ​は​お告げ​に​なる。「わたし​は​あなた方​の​夫​たる​所有​者​と​なっ​た​から​で​ある+。わたし​は​あなた方​を​都市​から​一​人,家族​から​二​人​取り出し​て,あなた方​を​シオン​に​連れ​て​行く+ 15  そして​わたし​の​心​に​合っ​た​牧者​たち​を​あなた方​に​与え+,彼ら​は​知識​と​洞察​力​と​を​もっ​て​必ず​あなた方​を​養う​*で​あろ​う+ 16  そして,その​日,その​地​に​おい​て*,あなた方​は​多く​なり,必ず​実​を​結ぶ」と,エホバ​は​お告げ​に​なる+。「彼ら​は​もはや,『エホバ​の​契約​の​箱+!』と​は​言わ​ず,それ​が​彼ら​の​心​に​上る​こと​も​ない。彼ら​は​それ​を​思い出し​も​せ​ず+,惜しみ​も​せ​ず,それ​が​造ら​れる​こと​も​もはや​ない。 17  その​時,彼ら​は​エルサレム​を​エホバ​の​王座​と​呼ぶ+。すべて​の​国​の​民​は​その​もと​に,エルサレム​の​エホバ​の​み名​の​もと​に​+必ず​集め​られ+,自分​たち​の​悪い​心​の​強情​さ​に​従っ​て​歩む​こと​は​もはや​ない+」。 18  「その​日,彼ら​は,ユダ​の​家​は​イスラエル​の​家​と​共​に​*歩き+,彼ら​は​共​に​+北​の​地​から​出​て,わたし​が​あなた方​*の​父祖​たち​に​世襲​所有​地​と​し​て​与え​た​地​に​やっ​て​来る+ 19  そして​わたし​自身​が​言っ​た,『ああ,わたし​は​あなた​*を​子​ら​の​中​に​置き,望ましい​地+,諸​国民​の​軍勢​の​飾り​の​世襲​所有​地​を​あなた​に​与え​て​いっ​た​の​だ!』そして​わたし​は​さらに​言っ​た,『あなた方​は「わたし​の​父​+よ!」と​わたし​に​呼ばわり,わたし​に​従う​こと​から​引き返す​こと​は​ない​で​あろ​う』。 20  『まさしく​妻*が​その​友​から​不実​に​も​離れ​た+[よう​に],イスラエル​の​家​よ,あなた方​も​わたし​を​不実​な​仕方​で​扱っ​た+』と,エホバ​は​お告げ​に​なる」。 21  踏みならさ​れ​た​道​で​声​が​聞こえ​た。[それ​は]イスラエル​の​子​ら​の​泣き声,嘆願​で​あっ​た。彼ら​は​自分​たち​の​道​を​ねじ曲げ+,自分​たち​の​*エホバ​を​忘れ​た​から​で​ある+ 22  「背信​の​子​ら​よ,帰れ+。わたし​は​あなた方​の​背信​の​状態​*を​いやす​で​あろ​う+」。 「ここ​に​わたしたち​が​おり​ます! わたしたち​は​あなた​の​もと​に​参り​まし​た。エホバ​よ,あなた​は​わたしたち​の​​だ​から​です+ 23  確か​に,丘​も​山​+の​騒ぎ​も​偽り​+に​属し​ます。確か​に,わたしたち​の​​エホバ​に,イスラエル​の​救い​が​ある​の​です+ 24  しかし​恥ず​べき​もの​+が,わたしたち​の​若い​時​から​わたしたち​の​父祖​たち​の​労苦​を,その​羊​と​牛​の​群れ,その​息子​と​娘​たち​を​食い尽くし​まし​た。 25  わたしたち​は​自分​の​恥​の​うち​に​横たわり+,辱め​が​わたしたち​を​覆い​つづけ​ます+。わたしたち​は,わたしたち​と​父​たち​と​は,わたしたち​の​若い​時​から​今日​に​至る​まで+,わたしたち​の​​エホバ​に​対し​て​罪​を​おかし+,わたしたち​の​​エホバ​の​声​に​従わ​なかっ​た​から​です+」。

脚注

または,「夫」。ヘ語,イーシュ。
「その​)」。ヘ語,イシュトー。
「地」,マソ本,タル,シリ訳; 七十訳,ウル訳,「女」。
「あなた」,女性​単数​形。エルサレム​すなわち​シオン​に​語りかけ​られ​て​いる。
「犯さ​れ​なかっ​た」,マソ本; マソ本​欄外,「共​に​横たわら​せ​られ​なかっ​た」。
字義,「不​忠実(背教)なる​もの,イスラエル」,すなわち,イスラエル​を​不​忠実​もしくは​背教​の​具体​例​と​し​て​呼ん​で​いる。
2:2,「行っ​て」の​脚注​参照。
「あなた」,女性​単数​形。
「あなた​の​」。ヘ語,エローハイク,複数​形。
または,「牧する」。
「その​地​に​おい​て」。ヘ語,バーアーレツ
または,「イスラエル​の​家​に​至る​まで」。
「あなた方」,マソ本,ウル訳; タル,七十訳,シリ訳,「彼ら」。
「あなた」,女性​単数​形。
または,「女」。ヘ語,イッシャー。
「自分​たち​の​」。ヘ語,エローヘーヘム,複数​形。
または,「あなた方​の​不​忠実​の​状態」。字義,「あなた方​の​不​忠実​さ」。