内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 27:1‐22

27  ユダ王,ヨシヤ+エホヤキム*王国初めに,この言葉エホバからエレミヤ*臨ん言った。  「エホバこのようわたし言わた。『自分ため縛り縄くびき棒+作れ。あなたそれ掛けなけれならない+  そして,あなたそれを,エルサレムに,ユダゼデキヤ*もとやっ来る使者たちよって,エドム+王,モアブ+王,アンモン+王,ティルス+王,シドン+送らなけれならない。  そして彼らその主人*対する命令与えて,こう言わなけれならない。 「『「イスラエル+,万軍エホバこのよう言わた。あなた方自分主人このよう言うべきある。  『わたしわたし大いなる+差し伸べ+よって,地+人間*+いる+造り,わたし与えること正しいそれ与え+  そして今,わたしこれらすべてを,バビロン*+,わたし+,ネブカドネザル*与えた。わたし野獣与えて,これ仕えさせ+  そしてすべては,彼自身来るまで+,彼そのその必ず仕える+。それから,多く大いなるたち必ず使役する+』。  「『「『そして,彼に,すなわちバビロンネブカドネザル仕えようない国民王国,また,バビロンくびき自分あてようないもの,わたしその国民+飢きん+疫病+もっ注意向けることなる』と,エホバお告げなる,『そしてついには,彼よっわたしこれ滅ぼし尽くすあろ+』。  「『「『それあなた方は,「あなた方バビロン仕えることならない」と言っいる+あなた方預言+や,占いする者,夢見る*+,魔術行なう者,呪術たち+聴き従っならない。 10  彼らあなた方預言いる偽りあり,それあなた方その土地から遠く連れ去らせるためある。わたしあなた方必ず追い散らし,あなた方必ず滅びうせるあろ+ 11  「『「『そして,そのバビロンくびき置き,実際仕える国民は,わたしこれその[国民の]土地休ませる』と,エホバお告げなる,『その[国民]は必ずそれ耕して,そこ住むあろ+』」』」。 12  ユダゼデキヤ*+も,わたしこれらすべて言葉通り語っ+言った,「バビロンくびきあなた方あて,彼その仕えて,生きつづけなさい+ 13  どうしてあなたご自身あなたは,バビロン仕えない国民向かっエホバ通りに,剣飢きん+疫病+よっ死ななけれならないです+ 14  それで,『あなた方バビロン仕えることならない+』とあなた方言っいる預言たち言葉聴き従っなりません。彼ら偽りあなた方預言いるからです+ 15  「『わたし彼ら遣わさなかった』と,エホバお告げなる,『それなのに,彼らわたしよっ偽っ預言いるからある。それは,わたしあなた方追い散らし+,あなた方が,あなた方あなた方預言いる預言たち+が,必ず滅びうせるためある+』」。 16  また,祭司このすべて向かって,わたし語っ言った。「エホバこのよう言わた。『「見よ,エホバ器具すぐバビロンから持ち帰られる+!」と言って,あなた方預言いるあなた方預言たち言葉聴き従っならない。彼ら偽りあなた方預言いるからある+ 17  彼ら聴き従っならない。バビロン仕えて,生きつづけよ+。どうしてこの都市荒れ廃れなっよいだろ+ 18  しかし,もし彼ら預言あり,エホバ言葉彼らあるあれば,どうか,エホバユダエルサレム残っいる器具バビロン至ることないよう,彼ら万軍エホバ嘆願するよう+』。 19  「万軍エホバは,柱++運び台+と,この都市残っいる器具+残り関しこのよう言わた。 20  それらは,バビロンネブカドネザルユダ王,エホヤキムエコニヤ*+を,ユダエルサレム高貴たちすべて流刑処しエルサレムからバビロン移しとき+持っ行かなかっものあるが, 21  イスラエル*,万軍エホバは,エホバユダエルサレム残っいる器具+関しこのよう言わからある。 22  『「それらバビロン持っ行か+,わたしそれ注意向けるまでそことどまるあろ+」と,エホバお告げなる。「それから,わたしそれ携え上り,この場所戻す+」』」。

脚注

「エホヤキム」,マソ本,タル,ウル訳; シリ訳,アラビア訳,および三つヘブライ写本,「ゼデキヤ」,3,12同じ。
ヘ語,イルメヤー。
「エホバ義」の意。ヘ語,ツィドキーヤーフー。
「その主人主人たち)」。ヘ語,アドーネーヘム。アードーン複数で,二以上意味いる。
または,「人々」。ヘ語,ハーアーダーム。
「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,タル,シリ訳,「バベル」。
27:6‐29:3では「ネブカドネザル」; 21:2およびこのすべて箇所は「ネブカドレザル」。
「夢見る者」,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳; マソ本,「夢」。
「ゼデキヤ」。ヘ語,ツィドキーヤー。3脚注比較。
エス 2:6,「エコニヤ」の脚注参照。
「の神」。ヘ語,エローヘー。