内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 25:1‐38

25  ユダ王,ヨシヤエホヤキム+年,すなわちバビロンネブカドレザルに,ユダすべて関しエレミヤ臨ん言葉。  預言エレミヤそれを,ユダすべてエルサレム住民関し語って,こう言った。  「ユダ王,アモンヨシヤ+十三から今日至るまで,この二十三間,エホバ言葉わたし臨んで,わたしあなた方語りつづけ,早く起き語っあるが,あなた方聴かなかっ+  そして,エホバご自分預言あるすべてあなた方遣わし,早く起きは[彼らを]遣わさあるが,あなた方聴き+,耳傾け聴こなかっ+  彼ら言うあった,『どうか,各々その悪いから,あなた方行ないから立ち返り+,エホバあなた方あなた方父祖たちに,昔から遠い将来至るまで与えくださっ土地住みつづけるよう+  また,ほか神々*従っ歩み,これ仕えたり,これかがめたりならない。あなた方自分よっわたし怒らせることないため,わたしあなた方災い来たらせることないためある+』。  「『しかし,あなた方わたし聴き従わなかった』と,エホバお告げなる,『それあなた方わたし怒らせるためあり,そのことあなた方とっ災いなっ+』。  「それゆえ,万軍エホバこのよう言わた。『「あなた方わたし言葉従わなかっで,  いまわたしは[人]をやって,北すべて家族連れ来る+」と,エホバお告げなる,「すなわち,わたし僕,バビロンネブカドレザル+もとに[人やって],彼ら来させ,この+その住民周囲これらすべて国民攻めさせる+。わたし彼ら滅びためささげ,彼ら驚き的,[人々て]口笛吹くもの+,定めない至るまで荒れ廃れする+ 10  そして,わたし彼らから歓喜歓び+,花婿花嫁+,手臼+ともしび+滅ぼす。 11  そして,このみな必ず荒れ廃れ所,驚きなり,これら諸国七十バビロン仕えなけれならない+」』。 12  「『そして,七十満ちとき+,わたしバビロンその国民対し言い開き求めることなる+』と,エホバお告げなる,『彼らとがを,カルデア対しある+。わたしそれ定めない至るまで荒れ果てする+ 13  そして,わたしそのに,わたしそれ対し語っすべて言葉,すなわちエレミヤすべて対し預言た,この記さいるすべてこともたらす+ 14  それらが,多く大いなるたち+が,彼ら使役からある+。わたし彼らその働きそのしたがって報いる+』」。 15  イスラエルエホバわたしこのよう言わからある。「あなたこの激しい怒りぶどう満たしわたしから取り,わたしあなた遣わすすべてそれ*飲ませなけれならない+ 16  そして,彼ら必ず飲んで,揺れ動き,狂人よう行動する。わたし彼ら送ろいるためある+」。 17  それで,わたしエホバみ手から取り,エホバわたし遣わさすべて飲ませはじめ+ 18  すなわち,エルサレム,ユダ都市,そのたち,君たち[に]。これ今日よう+,荒れ廃れ所,驚き+,[人々て]口笛吹くもの,呪いするためあった。 19  エジプトファラオ,そのたち,そのたち,そのすべて+[に]。 20  すべて入り混じっ集団,ウツ+すべて王,フィリスティア+すべて王,アシュケロン+,ガザ+,エクロン+,アシュドド+残り者[に]。 21  エドム+,モアブ+,アンモン+ら[に]。 22  ティルス+すべて王,シドン+すべて王,海地方ある*たち[に]。 23  デダン+,テマ+,ブズ,こめかみ刈り込んすべてたち+[に]。 24  アラブ+すべて王,荒野住んいる入り混じっ集団すべて王[に]。 25  ジムリすべて王,エラム+すべて王,メディア+すべて王[に]。 26  近くに,あるいは遠くいる,北すべてたち次々に。そしてある,地の[他の]すべて王国[に]。またシェシャク*+彼ら飲むあろう。 27  「そして,あなた彼ら言わなけれならない,『イスラエル*,万軍エホバこのよう言わた。「飲んで,酔って,吐いて,倒れて,起き上がれなくなれ+。わたしあなた方送ろいるため+」』。 28  そして,彼らあなたから取っ飲もないあれば,あなた彼ら言わなけれならない,『万軍エホバこのよう言わた。「あなた方必ず飲むあろ+ 29  見よ,わたし災いもたらすことを,わたしもっとなえられいる都市から開始するからある+。それなのに,あなた方処罰免れられるでもいう+」』。 「『あなた方処罰免れない。わたし住むすべて対し呼び寄せよういるあるからある』と,万軍エホバお告げなる。 30  「そしてあなたは,彼らこれらすべて言葉預言し,彼ら言わなけれならない,『エホバ高いから自ら大声上げ+,そのなる住みかから出される+。[]は必ずご自分住まい*大声響かせる。[ぶどう搾り場を]踏むたちよう叫びを,地住むすべて向かっ上げられる+』。 31  「『ざわめき最も遠い*まで響き渡る。エホバ国民と[戦わす]論争あるからある+。すべてなる対して,[]ご自身必ず裁き行なわれる+。邪悪たち関しは,[]は必ず彼ら渡される+』と,エホバお告げなる。 32  「万軍エホバこのよう言わた。『見よ,災いから行き+,激しいあらし最果てから引き起こされる+ 33  そして,エホバ打ち殺されるは,その日,地一方果てから他方果てまで*及ぶあろ+。彼ら嘆き悲しまず,集められず,葬らない+。彼ら肥やしようなる+』。 34  「牧者よ,泣き叫べ。声張り上げよ+! そして,群れ威光ある+,転げ回れ+。あなた方ほふられ,散らされるため日数満ち*からある+。あなた方望ましいよう必ず落ちる+ 35  そして,逃れ場牧者たちから滅びうせ,逃れる方法群れ威光あるたちから[滅びうせ+]。 36  聴け,牧者叫び群れ威光ある泣き叫びを。エホバ彼ら放牧奪略おられるからだ。 37  そして平和住まいは,エホバ燃える怒りため生気失っ*+ 38  []はたてがみある若いライオンよう+その隠れが捨てられた。彼らは,虐待*燃えるみ怒りため驚きなっからある+」。

脚注

「神々」。ヘ語,エローヒーム。
「それ」,男性形。「ぶどう酒」(男性)を指しいる。
「島」。または,「海沿い地帯」。
「シェシャク」,マソ本,ウル訳; タル,「バベル」。これは,ヘブライアルファベット最後字母ターウ最初字母アーレフに,最後から2字母シーン2字母ベートいう順序置き換えることよっ実名隠す,アトバシュ呼ばれる手法よる,バベル(バビロン)の暗号書記ようある。すなわち,“Babel”のベート,“b”は各々シーンを,ラーメドカフ表わすで,このシェーシャクなる。
「の神」。ヘ語,エローヘー。
または,「住まい向かって」。
「最も遠い所」。または,「果て」。ヘ語,ケツェー。16:19比較。使徒 1:8参照。
または,「地最も遠いから最も遠いまで」。ヘ語,ミクツェー ハーアーレツ ウェアドケツェー ハーアーレツ。31比較。
または,「あなた方ほふられ,散らされるべき日々到来た」。
または,「沈黙た」。
「剣」,タル,七十訳,および20ヘブライ写本; マソ本,「激こう(燃焼)」。