アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

エレミヤ 25:1-38

25  ユダの王,ヨシヤの子エホヤキム+の第四年,すなわちバビロンの王ネブカドレザルの第一年に,ユダの民すべてに関してエレミヤに臨んだ言葉。  預言者エレミヤはそれを,ユダの民すべてとエルサレムの全住民に関して語って,こう言った。  「ユダの王,アモンの子ヨシヤ+の第十三年から今日に至るまで,この二十三年間,エホバの言葉がわたしに臨んだので,わたしはあなた方に語りつづけ,早く起きては語ったのであるが,あなた方は聴かなかった+  そして,エホバはご自分の預言者であるすべての僕をあなた方に遣わし,早く起きては[彼らを]遣わされたのであるが,あなた方は聴きもせず+,耳を傾けて聴こうともしなかった+  彼らは言うのであった,『どうか,各々その悪い道から,あなた方の行ないの悪から立ち返り+,エホバがあなた方とあなた方の父祖たちに,昔から遠い将来の時に至るまで与えてくださった土地に住みつづけるように+  また,ほかの神々*に従って歩み,これに仕えたり,これに身をかがめたりしてはならない。あなた方が自分の手の業によってわたしを怒らせることのないため,わたしがあなた方に災いを来たらせることのないためである+』。  「『しかし,あなた方はわたしに聴き従わなかった』と,エホバはお告げになる,『それはあなた方の手の業でわたしを怒らせるためであり,そのことはあなた方にとって災いとなった+』。  「それゆえ,万軍のエホバはこのように言われた。『「あなた方がわたしの言葉に従わなかったので,  いまわたしは[人]をやって,北のすべての家族を連れて来る+」と,エホバはお告げになる,「すなわち,わたしの僕,バビロンの王ネブカドレザル+のもとに[人をやって],彼らを来させ,この地+とその住民と周囲のこれらすべての諸国民を攻めさせる+。わたしは彼らを滅びのためにささげ,彼らを驚きの的,[人々が見て]口笛を吹くもの+,定めのない時に至るまで荒れ廃れた所とする+ 10  そして,わたしは彼らの中から歓喜の音と歓びの音+,花婿の声と花嫁の声+,手臼の音+とともしびの光+を滅ぼす。 11  そして,この地はみな必ず荒れ廃れた所,驚きの的となり,これらの諸国の民は七十年の間バビロンの王に仕えなければならない+」』。 12  「『そして,七十年が満ちたとき+,わたしはバビロンの王とその国民に対して言い開きを求めることになる+』と,エホバはお告げになる,『彼らのとがを,カルデア人の地に対してである+。わたしはそれを定めのない時に至るまで荒れ果てた所とする+ 13  そして,わたしはその地に,わたしがそれに対して語ったすべての言葉,すなわちエレミヤがすべての国の民に対して預言した,この書に記されているすべてのことをもたらす+ 14  それらの者が,多くの国の民と大いなる王たち+が,彼らを僕として使役したからである+。わたしは彼らにその働きとその手の業とにしたがって報いる+』」。 15  イスラエルのエホバはわたしにこのように言われたからである。「あなたはこの激しい怒りのぶどう酒を満たした杯をわたしの手から取り,わたしがあなたを遣わすすべての国の民にそれ*を飲ませなければならない+ 16  そして,彼らは必ず飲んで,揺れ動き,狂人のように行動する。わたしが彼らの中に送ろうとしている剣のためである+」。 17  それで,わたしはエホバのみ手から杯を取り,エホバがわたしを遣わされたすべての国の民に飲ませはじめた+ 18  すなわち,エルサレム,ユダの諸都市,その王たち,君たち[に]。これを今日のように+,荒れ廃れた所,驚きの的+,[人々が見て]口笛を吹くもの,呪いとするためであった。 19  エジプトの王ファラオ,その僕たち,その君たち,そのすべての民+[に]。 20  すべての入り混じった集団,ウツ+の地のすべての王,フィリスティア人+の地のすべての王,アシュケロン+,ガザ+,エクロン+,アシュドド+の残りの者[に]。 21  エドム+,モアブ+,アンモン+の子ら[に]。 22  ティルス+のすべての王,シドン+のすべての王,海の地方にある島*の王たち[に]。 23  デダン+,テマ+,ブズ,こめかみの髪の毛を刈り込んだすべての者たち+[に]。 24  アラブ人+のすべての王,荒野に住んでいる入り混じった集団のすべての王[に]。 25  ジムリのすべての王,エラム+のすべての王,メディア人+のすべての王[に]。 26  近くに,あるいは遠くにいる,北のすべての王たちに次々に。そして地の表にある,地の[他の]すべての王国[に]。またシェシャク*+の王も彼らの後に飲むであろう。 27  「そして,あなたは彼らに言わなければならない,『イスラエルの*,万軍のエホバはこのように言われた。「飲んで,酔って,吐いて,倒れて,起き上がれなくなれ+。わたしがあなた方の中に送ろうとしている剣のために+」』。 28  そして,彼らがあなたの手から杯を取って飲もうとしないのであれば,あなたも彼らに言わなければならない,『万軍のエホバはこのように言われた。「あなた方は必ず飲むであろう+ 29  見よ,わたしは災いをもたらすことを,わたしの名をもってとなえられている都市から開始するからである+。それなのに,あなた方は処罰を免れられるとでもいうのか+」』。 「『あなた方は処罰を免れない。わたしが地に住むすべての者に対して呼び寄せようとしている剣があるからである』と,万軍のエホバはお告げになる。 30  「そしてあなたは,彼らにこれらすべての言葉を預言し,彼らに言わなければならない,『エホバは高い所から自ら大声を上げ+,その聖なる住みかから声を出される+。[]は必ずご自分の住まいで*大声を響かせる。[ぶどう搾り場を]踏む者たちのような叫びを,地に住むすべての者に向かって上げられる+』。 31  「『ざわめきが地の最も遠い所*にまで響き渡る。エホバが諸国民と[戦わす]論争があるからである+。すべての肉なる者に対して,[]ご自身が必ず裁きを行なわれる+。邪悪な者たちに関しては,[]は必ず彼らを剣に渡される+』と,エホバはお告げになる。 32  「万軍のエホバはこのように言われた。『見よ,災いが国から国へと出て行き+,激しい大あらしが地の最果てから引き起こされる+ 33  そして,エホバに打ち殺される者は,その日,地の一方の果てから地の他方の果てにまで*及ぶであろう+。彼らは嘆き悲しまれず,集められず,葬られもしない+。彼らは地の表の肥やしのようになる+』。 34  「牧者よ,泣き叫べ。声を張り上げよ+! そして,群れの威光ある者よ+,転げ回れ+。あなた方がほふられ,散らされるための日数が満ちた*からである+。あなた方は望ましい器のように必ず落ちる+ 35  そして,逃れ場は牧者たちから滅びうせ,逃れる方法は群れの威光ある者たちから[滅びうせた+]。 36  聴け,牧者の叫びと群れの威光ある者の泣き叫びを。エホバが彼らの放牧地を奪略しておられるからだ。 37  そして平和な住まいは,エホバの燃える怒りのために生気を失った*+ 38  []はたてがみのある若いライオンのように+その隠れがを捨てられた。彼らの地は,虐待の剣*と燃えるみ怒りのために驚きの的となったからである+」。

脚注

「神々」。ヘ語,エローヒーム。
「それ」,男性形。「ぶどう酒」(男性)を指している。
「島」。または,「海沿いの地帯」。
「シェシャク」,マソ本,ウル訳; タル,「バベル」。これは,ヘブライ語アルファベットの最後の字母ターウを最初の字母アーレフに,最後から2番目の字母シーンを2番目の字母ベートにという順序で置き換えることによって実名を隠す,アトバシュと呼ばれる手法による,バベル(バビロン)の暗号書記法の名のようである。すなわち,“Babel”のベート,“b”は各々シーンを,ラーメドはカフを表わすので,この名はシェーシャクとなる。
「の神」。ヘ語,エローヘー。
または,「住まいに向かって」。
「最も遠い所」。または,「果て」。ヘ語,ケツェー。16:19と比較。使徒 1:8参照。
または,「地の最も遠い所から地の最も遠い所にまで」。ヘ語,ミクツェー ハーアーレツ ウェアド・ケツェー ハーアーレツ。25章31節と比較。
または,「あなた方がほふられ,散らされるべき日々が到来した」。
または,「沈黙した」。
「剣」,タル,七十訳,および約20のヘブライ語写本; マソ本,「激こう(燃焼)」。