内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 23:1‐40

23  「わたし滅ぼし,[これを]散らしいる牧者たち災い+!」と,エホバお告げなる。  それゆえ,イスラエルエホバは,わたし牧しいる牧者たち対しこのよう言わた。「あなた方わたし散らしだ。あなた方彼ら追い散らしつづけて,彼ら注意向けなかっ+」。 「いまわたしあなた方行ないためあなた方注意向ける+」と,エホバお告げなる。  「そして,わたしわたし残りを,わたし彼ら追い散らしすべてから集めるあろ+。わたし彼らその牧草連れ戻す+。彼ら必ずよく生んで,多くなる+  そして,わたし実際牧する牧者たち彼ら起こす+。彼らもはや恐れることも,恐怖抱くことなく+,だれひとり失わないあろう」と,エホバお告げなる。  「見よ,日やっ来る」と,エホバお告げなる,「わたしダビデひとつなる新芽起こす+。そして,ひとり必ず治め+,思慮深く行動し,この公正行なうあろ+  彼ユダ救わ+,イスラエル安らか住むあろ+。そしてこれが,すなわち,“エホバわたしたち*”[という名]が,彼呼ばれるなるあろ+」。  「それゆえ,見よ,日やっ来る」と,エホバお告げなる,「彼らもはや,『イスラエルエジプトから連れ上っエホバ生きおられる』と言わ+  むしろ,『イスラエル子孫*から,また,わたし彼ら追い散らしすべてから連れ上り,導き入れエホバ生きおられる』と[言うようなり],彼ら必ず自分たち土地住むあろ+」。  預たち関して,わたしわたし砕かた。わたしみな震えはじめた。わたしは,エホバそのなる言葉ために,酒酔っよう*なり+,ぶどう打ち負かさ強健よう*なった。 10  この姦淫する*+満ちからある+。のろい*ためこの嘆き悲しみ+,荒野牧草干上がっ+。彼ら行動方向悪いものなり,その力強さ正しくない。 11  「預祭司汚れからある+。また,わたし自分彼ら見いだし+」と,エホバお告げなる。 12  「それゆえ,彼彼らとっ暗闇滑りやすいようなり+,彼らその押しやらて,必ず倒れるあろ+」。 「わたし彼ら災いを,注意向けられるもたらすからある+」と,エホバお告げなる。 13  「また,サマリア+たちわたし行跡*た。彼らバアルに[唆さた]預言行動+。彼らわたし民,すなわちイスラエルさまよわ続ける+ 14  また,エルサレムたちわたし恐るべきこと+。姦淫すること+偽りよっ歩むこと+を。彼ら行なうたち強め,そのたちそれぞれ自分から引き返すことないよう+。わたしとって,彼らソドムようなり+,その住民ゴモラように[なっ+]」。 15  それゆえ,万エホバ預言たち対しこのよう言わた。「いまわたし彼ら苦よもぎ食べさせる。わたし彼ら飲ませよう+。エルサレム預言たちから,背教+全土行っからある」。 16  万エホバこのよう言わた。「あなた方預言いる預言たち言葉聴き従っならない+。彼らあなた方むなしいものならせいるある+。彼ら語る自分ある+ ― エホバから[のもの]でない+ 17  彼は,わたし不敬態度取っいるたち向かっ言う,『エホバは,「あなた方平安得るようなる」と語らた』と+。また,彼ら自分強情まま歩む+すべて者[に向かって],『災いあなた方臨むことない』と言っ+ 18  だれエホバ+集い立って,その言葉たり聞いたりあろ+。だれその言葉注意向けて,それ聞いあろ+ 19  見よ,エホバあらしが,激しい怒り必ず行く。それ巻くあらし+。それ邪悪たち頭上巻く+ 20  エホバは,ご自分考え成し遂げ+実現するまで戻らない+。末あなた方理解もっそれ考慮払うあろ+ 21  「わたしたち遣わさなかった。だが,彼ら走った。わたし彼ら語らなかった。だが,彼ら預言+ 22  しかし,もしわたし親密+集い立っなら,わたしわたし言葉聞かて,彼らその悪いから,またその行ないから立ち返らせことあろ+」。 23  「わたしでは*あって,遠くではない+」と,エホバお告げなる。 24  「あるいは,人*隠れ場所隠して,わたしこれないようすることできる+」と,エホバお告げなる。 「わたし実際満ちいるない+」と,エホバお告げなる。 25  「わたしよっ偽り預言いる預言たち+が,『わたした! わたした!』と言っ+わたし聞いた。 26  偽預言し,自分+たばかり預言する預言に,いつまでそれ存在するか。 27  彼は,その父祖たちバアルよっわたし忘れよう+,互い話し合うそのよっわたしわたし忘れさせよう考えいる+ 28  夢を[見る]預言者,そのその語れ。しかしわたし言葉受ける者,その真実もっわたし言葉語れ+」。 「わら穀物かかわりある+」と,エホバお告げなる。 29  「同に,わたし言葉ようない+」と,エホバお告げなる,「大岩打ち砕くかじハンマーようは[ない+]」。 30  「それゆえ,いまわたしたち責める+」と,エホバお告げなる,「[彼ら]は各々そのからわたし言葉盗み取っいるたちある+」。 31  「いまわたしたち責める」と,エホバお告げなる,「[彼ら]は,自分用いて『お告げ!』と述べ立てる*たちある+」。 32  「いまわたし預言たち責める」と,エホバお告げなる,「[彼ら]は,人々語り,その偽り+誇り+ゆえにわたしさまよわせるたちある」。 「しかしわたしは,彼ら遣わしず,彼ら命じなかった。それゆえ,彼らこの決してもたらさない+」と,エホバお告げなる。 33  「そして,この,または預言者,または祭司が,『エホバ重荷*+』と言っあなた尋ねるとき,あなた彼ら言わなけれならない,『「あなた方それある ― ああ,何いう重荷あろ*+! そして,わたし必ずあなた方見捨てるあろ+」と,エホバお告げなる』。 34  預者,または祭司,またはで,『エホバ重荷!』と言うは,わたしその*その注意向けるあろ+ 35  あなた方各々その仲間に,各々その兄弟このよう言いつづける。『エホバお答えなっか。また,エホバお話しなっ+』。 36  しかし,エホバ+あなた方もう述べならない+。各々とって,重荷その自身言葉なるからある+。あなた方は,生ける*,万軍エホバ,わたしたち言葉変えある+ 37  「あなたこのよう言うある。『エホバどんな答えあなたお与えなっか。また,エホバお話しなっ+ 38  そしてもし,「エホバ荷!」と,あなた方言いつづけるなら,それゆえに,これエホバ言わことある。「わたしあなた方に[人を]遣わして,『あなた方は,「エホバ重荷!」と言っならない』と言いつづけに,あなた方は,『この言葉まさしくエホバ重荷ある』と言うで, 39  それゆえに,ここわたしいる! そして,わたしあなた方決定放置する+。わたしあなた方を,また,わたしあなた方あなた方父祖たち与え都市を,わたしから捨て去る+ 40  そして,わたしあなた方定めない至るそしりと,定めない至る辱め置く。それ忘れられることない+」』」。

脚注

「“エホバわたしたち”」。ヘ語,エフワー ツィドケーヌー。
字義,「胤」。
ように」。ヘ語,ケイーシュ
強健ように」。ヘ語,ウーケゲヴェル
「姦淫する者」。ラ語,アドゥルテリース。
または,「誓い固めのろい」。ヘ語,アーラー。
または,「見苦しさ」。
「神」。ヘ語,ハエローヘー。ここ用いられいる「ハ」は質問提起する疑問小詞。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「『エホバ言われる』と言う」,ウル訳; シリ訳,「『エホバご自身このよう言わた』と言っいる」。
「重荷か」。または,「宣告か」。ヘ語,ママッサー
「あなた方それある ― ああ,何いう重荷あろか!」 ヘブライ原文アッテム ママッサー読むことより; 七十訳,ウル訳,「あなた方重荷ある」; マソ本(ヘ語),エトマッサー!「『重荷か!』と言うその表現」。民質問対して,エレミヤしゃれ(語ろ合わせ)を用い答えるよう動かさた。
「その」。ヘ語,ハーイーシュ ハフー。
「生ける」。ヘ語,エローヒーム ハイイーム,両方複数形。