内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 20:1‐18

20  さて,祭司で,エホバ主任事務+あった,イメル+パシュフルは,エレミヤこれら言葉預言するずっ聴いた。  それから,パシュフル預言エレミヤ打ち+,エホバある,“ベニヤミン門”の足かせつない+  しかし翌日なって,パシュフルエレミヤ足かせから解い+,今度エレミヤこう言った。 「エホバあなた+を,パシュフル*なく,“周囲怖れ*+”と呼ばた。  エホバこのよう言わからある,『いまわたしあなたを,あなた自身あなた愛するすべて*怖れする。彼らあなたいるうち+,必ずそのたちよっ倒れるあろ+。わたしユダすべて[の者]をバビロン渡し,彼それら実際流刑処しバビロン移し,剣討ち倒すあろ+  そして,わたしこの都市すべて蓄えられものと,そのすべて産物と,そのすべて貴重もの与える。ユダたちすべて財宝その渡す+。そして彼ら必ずこれ強奪し,これ取り,これバビロン*持っ行く+  そして,パシュフルよ,あなたあなた住むすべてついは,あなた方捕らわれなっ行く+。あなたバビロン行き,そこでに,そこであなたは,自分愛するすべて葬られる+。あなた偽りうち彼ら預言からある+』」。  エホバよ,あなたわたしだましで,わたしだまさました。あなたわたし対しご自分用いで,あなた打ち勝ちまし+。わたし一日じゅう笑い物なりました。皆わたしあざ笑っます+  わたし語るに,叫ぶからです。暴虐奪略わたし呼ばわります+。エホバ言葉わたしとっ一日じゅう,そしりあざけりもとなっからです+  それわたし言いました,「わたしこのこと語り告げないことよう。もうそのみ名よっまい」と+。ですが,それわたしあって,わたし閉じ込められ燃えるようなりました。わたし抑える疲れ,[それ耐えることが]*できませでし+ 10  わたし多く悪い報告聞いからです+。周囲怖れ*ありました。「告げ知らせよ。我々つい告げ知らせることできるよう+」。わたしに「平安!」とあいさつする死すべき人間*すべて ― 彼らわたしびっこ引くようなる[のいつかと]うかがっます+。「恐らくだまされるだろ+。そうなれば,我々打ち勝って,彼復しゅうできるだろう」。 11  しかし,エホバわたしくださり+,力ある恐るべきようなっくださいまし+。それゆえ,わたし迫害いるたちつまずき,打ち勝つことありませ+。彼ら必ず大いにかきます。彼ら栄えないからです。[彼らの]定めなく続く恥辱は,忘れられることない[恥辱]となるでしょ+ 12  しかし,万軍エホバよ,あなたなる調べおらます+。あなた*おらます+。わたし彼ら対するあなた復しゅう見ることできますよう+。わたしあなたわたし訴訟打ち明けからです+ 13  あなた方エホバ向かっ歌え! エホバ賛美せよ! []は貧しい行なうたちから救い出しくださっからある+ 14  わたし生まのろわれよ! わたしわたし産ん祝福れる+ 15  わたし良い知らせもたらし,「あなた息子生まました,男です!」と言っ*のろわれよ。その確か歓ばせ+ 16  そしてその必ず,エホバ覆し少し悔やまなかっ都市ようなる+。そして叫びを,真昼警報必ず聞くある+ 17  彼なぜわたし胎[にに]殺ししまわなかっか。そうすれば,わたしわたしとっわたし埋葬なり,その定めない至るまでみごもっ+ 18  わたしどうしてそのから+,骨折り悲嘆見ることなり+,わたしただうち終わり迎えなけれならない+

脚注

「パシュフル」。ユダヤアラム派生すると,このは「周り残るもの」(ヘ語,パーシュ,「残る」と,セホール,「周り」)という意味ある。
「“周囲怖れ”」。または,「マゴルミッサビブ」。ヘ語,マーゴール ミッサーヴィーヴ。
または,「あなたすべて友」。
「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,タル,シリ訳,「バベル」。
「それ耐えることが」,七十訳,ウル訳一致て。
「周囲怖れ」。ヘ語,マーゴール ミッサーヴィーヴ。3,「怖れ」の脚注比較。
「わたしに『平安!』とあいさつする死すべき人間」。字義,「わたし平安死すべき人間[ヘ語,エノーシュ]」。
11:20脚注参照。
」。ヘ語,ハーイーシュ