内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 2:1‐37

2  また,エホバわたし臨ん+言った,  「行*,あなたエルサレム呼ばわって,言わなけれならない,『エホバこのよう言わ+。「わたしよく覚えいる。あなた*の,あなた若いある親切*+,あなた婚約+,荒野で,種まかないで,わたし従っ歩んとき+を。  イスラエルエホバとっなるもの*+,その最初収穫*+あった」』。『彼むさぼり食うだれも,自分罪科あるするあっ+。災いそれら臨むあった』と,エホバお告げなっ+」。  ヤコブ+と,イスラエルすべて家族よ,エホバ言葉聞け+  エホバこのようた。「あなた方たちわたしどんな不当こと見いだし+,わたしから遠く離れしまい+,むなしい偶像従っ歩みつづけ+,自らむなしいなっいっ+  そして言わなかった,『エホバどこおられるか。わたしたちエジプトから連れ上っ+,わたしたち荒野を,砂漠平原+を,水ない+,深い*+を,人*通らない,地*住まない歩い通らは』と。  「そして,わたしあなた方徐々果樹連れて,そのその良いもの食べさせ+。しかしあなた方入っわたし汚し,わたし相続忌むべきもの+  祭たちも『エホバどこおられるか』と言わなかっ+。また,律法扱うたちわたし知ら+,牧者たちわたし対し違犯おかし*+,預言たちまでバアルよっ預言+。そしてもたらすことできないたちしたがって歩ん+  「『それゆえ,わたしなおもあなた方争う+』と,エホバお告げなる,『また,あなた方争うあろ+』。 10  「『しかし,キッテム+沿い地帯*渡って,見るよい。ケダル+やっ特別考慮払い,このようこと起こっどう見よ+ 11  国神々+を,神ない*+取り替えことあろか。ところが,わたしわたし*栄光を,何もたらすことできないもの取り替えしまっ+ 12  天よ,あなた方このこと驚い見つめよ。戦りつ覚え*おぞ気立て』と,エホバお告げなる+ 13  『わたし行なっ二つ悪事あるからある。彼ら自分たちため水溜めを,それも,水入れおくことできない壊れ水溜め切り掘ろて,生ける+あるこのわたし捨て+』。 14  「『イスラエル*+。家生ま奴隷か。彼強奪ためものされなぜか。 15  たてがみあるライオン向かっほえたける+。それら上げ+。そしてその驚きいった。その都市放たで,住むひとりない+ 16  ノフ*+タフパネス*+あなた食らいつづけ+ 17  あなたエホバあなた歩まおら+,あなたが[]を捨てることよっ+自分自身行なうようなっは,まさにこのことなかっか。 18  それ,あなたエジプトどんな関心あっ+シホル*+飲もするか。また,アッシリアどんな関心あっ+*飲もするか。 19  あなたあなた正すべきあり+,あなた自身忠実行為あなた戒めるべきある+。では,知り,そして見るよい。あなたあなたエホバ捨てる悪く,苦々しいことあること+。そしてわたし怖れあなたに[生じなかっ+]』と,+なる,万軍エホバお告げなる。 20  「『昔わたしあなたくびき打ち砕き+,あなた縛り縄引きちぎっからある。しかしあなた言った,「わたし仕えるつもりない」と。すべて高いで,すべて生い茂っ+,あなた寝そべっ+売春からある+ 21  しかしわたしは,あなたえり抜ぶどう植え+。それすべてまことあった。それなのにどうしてあなたは,わたし対し異質ぶどう堕落た[若枝]に変わっしまっ+』。 22  「『しかし,たとえあなたアルカリも,多量灰汁自分ため使っ+,あなたとがわたしあっまさしく汚れままある+』と,なるエホバお告げなる。 23  どうしてあなたは,『わたし汚さなかっ+。バアル*従っ歩まなかっ+』と言えよう。谷+自分見よ。自分こと留意せよ。その当てどなく走り回る速足らくだ。 24  荒慣れた[雌の]しまうま+。[それは]自分渇望ため*かぐ+。その交尾時期だれこれ引き戻すことできよう。これ捜しいるだれ疲れ果てない。[そうた]月これ見いだすある。 25  あなたはだしならないようせよ。あなたのど渇かないように[せよ+]。しかしあなた言った,『望みありませ+! いえ,わたしよそ者たち+,彼ら従っ歩ん行きます+』と。 26  「見つけられとき盗人ように,イスラエルたちは,彼らは,そのたち,その祭司預言たち+かい+ 27  彼向かって『あなたわたしです』と言い+,石向かって『あなたわたし生んです』と[言っいる]。しかしわたしうなじ向けて,顔を[向け]はなかっ+。そして災いは,『どうぞ立ち上がって,わたしたち救っください!』と言うあろ+ 28  「しかし,あなたため造っその神々*どこいる+。もし彼らあなた災いあなた救うことできるなら,彼ら立ち上がれよい+。ユダよ,あなた神々あなた都市ようなっからある+ 29  「『なぜあなた方わたし争いつづける+。なぜあなた方は,あなた方だれわたし対し違犯おかし+』と,エホバお告げなる。 30  わたしあなた方打っ無駄あっ+。彼ら懲らしめ受け入れなかっ+。あなた方は,滅び生じさせるライオンように,あなた方預言たちむさぼり食っ+ 31  世よ,あなた方自分エホバ言葉見よ+ 「イスラエルとっわたしただ荒野+,あるいは全きなっしまっか。なぜこれら者,わたしは,『わたしたち歩き回りました。わたしたちもうあなたもとません』と言っ+ 32  処自分飾り物を,花嫁自分胸帯忘れることあろか。それなのにわたしは ― 彼ら知れわたし忘れ+ 33  「女よ,なぜあなた*捜し求めよう自分繕うか。それゆえ,あなた悪いこと関し自分教え+ 34  また,あなたすそ*ない貧しいたち+*血こん*+見いださた。わたし押し入る*行為それ見いだしないが,[それは]これらすべてに[ある+]。 35  「しかしあなたう,『わたしなかった。[]の怒り確かわたしから去っ+』と。 「いまわたしは,あなたが『わたしおかさなかっ+』と言うで,あなた論争始める。 36  なぜあなた変えることごくささいことよう扱う+。あなたは,アッシリア恥じるようなっ同じく+,エジプトつい恥じるあろ+ 37  そのためも,あなたのせ+行くあろう。エホバあなた確信よりどころ退けられからある。あなたそれらよっ成功することない」。

脚注

字義,「行くことあるように」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
「あなた」,女性単数形。「エルサレム」に語りかけられいる。
「愛ある親切」。または,「忠節愛」。ヘ語,ヘセド。
または,「神聖さ」。ヘ語,コーデシュ。
または,「その産物初物」。
「深い陰」。または,「死陰」。
「人」。ヘ語,イーシュ。
「地人」。ヘ語,アーダーム。
または,「わたし対し反抗し」。
または,「キッテム島々」。
ない」。ヘ語,ロー エローヒーム
「わたしの」,元ヘブライ本文; マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳,「その」。ソフェリムエホバ対する誤っ崇敬から行なっ18修正箇所一つ。付録2ロ参照。
「戦りつ覚えて」,訂正よる; マソ本,「甚だしく荒廃られよ」,動詞複数形。
または,「イスラエル奴隷か」。ヘ語,ハエヴェド イスラーエール。
「メンフィス」,七十訳,ウル訳。
「タフパヌヘス」,マソ本欄外
または,「ナイル支流」。
すなわち,ユーフラテス川。
または,「バアル像」。
「風」。ヘ語,ルーアハ。創 1:2,「力」の脚注参照。
「その(あなたの)神々」。ヘ語,エローヘイカー。エローアハ複数形。男性単数の「あなたの」を意味する「(エ)イカー」を伴い,「ユダ」に語りかけ用いられいる。
「あなた」,女性単数形。エルサレムすなわちシオン語りかけられいる。
「すそ」,マソ本,ウル訳; 七十訳,シリ訳,「手」。
「の魂」。ヘ語,ナフショート; ギ語,プシュコーン; ラ語,アニマールム。付録4イ参照。
「血こん」。七十訳,「血」(複)。字義,「血」,マソ本単数形。しかし,これ伴う「見いださた」に相当するヘブライ動詞,およびそれ続く「それを」に相当するヘブライ代名詞複数形。
または,「家宅侵入の」。