アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

エレミヤ 19:1-15

19  エホバはこのように言われた。「行って*,あなたは陶器師+の土器の瓶を手に入れ,民の年長者の何人かと,祭司の年長者の何人かを[連れて来]なければならない。  そして“陶片の門*”の入口にある,ヒンノムの子の谷*+に出て行かなければならない。そして,わたしがあなたに話す言葉をそこでふれ告げなければならない+  そしてあなたは言わなければならない,『ユダの王たちとエルサレムの住民よ,あなた方はエホバの言葉を聞け+。イスラエルの*,万軍のエホバ+はこのように言われた。 「『「いまわたしはこの場所に災いをもたらす。だれでも[その災い]について聞くなら,耳が鳴るであろう+  彼らがわたしを捨て+,この場所を見分けのつかないところとし+,そこで自分たちも,その父祖たちも,ユダの王たちも知らなかったほかの神々に*犠牲の煙を立ち上らせたためである+。彼らはこの場所を罪のない者たちの血で満たした+  そして,自分たちの子らをバアルへの全焼燔の捧げ物として火で焼くために+,バアルの高き所を築いた。これは,わたしが命じたことも語ったこともなく+,わたしの心に上ったこともなかったことである+」』。  「『「それゆえ,見よ,日がやって来る」と,エホバはお告げになる,「そのときには,この場所はもはやトフェト+またはヒンノムの子の谷+とではなく,殺しの谷と呼ばれる。  そして,わたしはこの場所でユダとエルサレムの計り事を無効にし+,彼らをその敵の前で剣によって,また,彼らの魂を求める者たちの手によって倒す+。そして彼らの死体を天の飛ぶ生き物や地の獣に食物として与える+  そして,わたしはこの都市を驚きの的,口笛の吹かれるものとする+。そこを通って行く者はひとり残らず驚いて見つめ,そのすべての災厄のために口笛を吹くであろう+  そして,わたしは彼らにその息子の肉や娘の肉を食べさせる。彼らは各々その仲間の者の肉を食べるであろう。彼らの敵たちと,彼らの魂を求める者たちとが,彼らを囲み込むその囲みの厳重さと圧迫とのためである+」』。 10  「そして,あなたはあなたと共に行く者たちの目の前でその瓶を砕かなければならない。 11  そして彼らに言わなければならない,『万軍のエホバはこのように言われた。「だれかが陶器師の器を砕くと,それはもはや修理することができなくなる+。それと同じように,わたしもこの民とこの都市を砕くであろう。彼らはトフェト+で葬り,ついにはもはや葬る場所がなくなるであろう*+」』。 12  「『わたしはこの場所に対してそのようにする』と,エホバはお告げになる,『そしてその住民に対しても。すなわち,この都市をトフェトのようにする+ 13  そして,エルサレムの家々とユダの王たちの家々は必ずトフェトの場所のようになり+,汚れたものとなる。すなわち,その屋根の上で彼らが天の全軍に犠牲の煙を立ち上らせ+,ほかの神々に*飲み物の捧げ物が注ぎ出されたすべての家は+』」。 14  それからエレミヤは,エホバが自分を遣わして預言をさせたトフェト+からやって来て,エホバの家の中庭に立ち,民のすべてに言いはじめた+ 15  「イスラエルの*,万軍のエホバはこのように言われた。『いまわたしはこの都市とそのすべての都市に,わたしがそれに向かって語ったすべての災いをもたらす。彼らがそのうなじを固くし,わたしの言葉に従おうとしなかったからである+』」。

脚注

2:2,「行って」の脚注参照。
「“陶片の門”」。この門はヒンノムの谷の最も東寄りの地区に通じているので,“灰の山の門”すなわち“糞の門”と同一のようである。「旧約聖書におけるエルサレム」(英文),230ページ,脚注1で,J・シモンズ博士は次のように述べている。「“陶片の門”の代わりに,“陶器師の門”と訳すことも可能である。あるいは,“土なべの門”と訳すほうが良いのかもしれない」。
「ヒンノムの子の谷」。ヘ語,ゲー ヴェン・ヒンノーム; ラ語,ウァッレム フィーリイー エンノム。付録4ハ参照。
「の神」。ヘ語,エローヘー。
神々に」。ヘ語,レーローヒーム(leʼ·lo·him′)。
字義,「トフェトで葬るであろう。そこに葬る場所がないためである」。
19章4節の脚注参照。
19章3節の脚注参照。