内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 18:1‐23

18  エホバからエレミヤ*言葉言った,  「立て,あなた陶器下っ行かなけれならない+。わたしそこで,あなたわたし言葉聞かせるあろう」。  それで,わたし下っ行った。陶器ろくろ仕事いるところあった。  そして,陶粘土作っよっ損なわた。それ陶器*戻って,自分作る正しい見える通りそれ作っいっ+  そして,エホバ引き続きわたしあっ言った,  「『イスラエルよ,わたしこの陶器ようあなた方行なうことできないだろか』と,エホバお告げなる。『見よ,イスラエルよ,あなた方陶器ある粘土ようわたしある+  わたしある民,ある王国向かって,[これを]根こぎし,[これを]引き倒し,[これを]滅ぼす語っ+  そのわたし責めそのから実際立ち返るときいつ+,わたしこれ下そ考え災い悔やむ+  しかし,わたしひとつ民,ひとつ王国関して,[これを]築き上げ,[これを]植える語っ+ 10  それわたし従わに,わたし悪いこと行なうときいつ+,わたしそれとっ良いことすると[自分自身に]言っその良いこと悔やむ』。 11  「そして,どうかユダたちエルサレム住民言うように,『エホバこのよう言わた。「わたしあなた方対し災い形造り,あなた方対しある考え抱いいる+。どうか,各々自分悪いから立ち返り,あなた方その行ない良いものするよう+」』」。 12  けれども,彼言った,「望みありませ+! わたしたち自分考え従っ歩みます。わたしたち各々自分悪い強情まま行なうです+」と。 13  それゆえ,エホバこのようた。「どうか,あなた方自身,諸国民尋ねみるように。だれこのようこと聞いあろか。イスラエル処女しきり行なっ恐るべきことある+ 14  レバノン原野から去っ行くだろか。また,冷たくて,滴っいるよそ干上がるだろか。 15  わたしわたし忘れから+。というのは,彼ら価値ないもの+犠牲立ち上らせる。人々その道,昔道筋+おいつまずか+,通り道,[土の]盛り上げられない歩かせる。 16  それは,その驚き+,定めない至るまで口笛吹くいわれするためある+。そこ通っ行くひとり残らず驚い見つめ,頭振るあろ+ 17  わたしよるよう彼ら散らすあろ+。その災難に,わたしなく+,背彼ら向ける」。 18  そして,彼言いはじめた,「みんな,行こう。エレミヤ対し考え考え出そ+。律法祭司から+,計り事賢者から,言葉預言から滅びうせることないから+。行って,舌打と+。彼言葉いっさい注意払わないことよう」。 19  エホバよ,どうかわたし払い,わたし反対するたち*聴いください+ 20  善対し報われるべきでしょ+。彼らわたしため掘り抜いからです+。わたしあなたみ前立って,彼らついさえ良いこと語り,彼らからあなた激しい怒り引き戻そいること覚えください+ 21  それゆえ,彼飢きん渡し+,彼ら*引き渡しください+。彼ら子供奪わなり,やもめなりますよう+。そして,そのたち災厄よっ殺さなり,その若者たち戦闘おい討ち倒さと[なり]ますよう+ 22  あなた然,彼ら略奪群れ来させるとき,彼らから叫び聞かますよう+。彼らわたし捕らえるため掘り抜き,わたし足[を捕らえる]ためわな隠しからです+ 23  しかし,エホバよ,あなたは,わたし陥れようする彼らすべて計り事よくご存じです+。彼らとが覆わないください*。あなたから彼らそのぬぐい去らないください。彼らあなたつまずくならせください+。あなた怒りに,彼ら敵対行動ください+

脚注

1:1,「エレミヤ」の脚注参照。
字義,「形造る者」; または,「形造っいる者」。11参照。
または,「わたし闘うたち」。七十訳,「わたし抗弁」; シリ訳,「わたし対する虐げ」。
「力」。字義,「手」(複)。
または,「ため贖罪行なわないください」。ヘ語,アルカッペール アル