内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 14:1‐22

14  [これは]干ばつ+こと関し,エホバ言葉エレミヤ*臨んこと[である]。  ユダ服し+,その衰え+。それら気落ち倒れ+,エルサレム叫びさえ上がっ+  そして彼ら威光あるたちも,水求め自分たち取る足りない*たち遣わし+。彼らた。彼ら見いだせなかっ+。彼ら携え帰っ行った。彼らかき+,失望し,そして覆っ+  その降雨生じなかっため打ち砕か+,[その土]のゆえに農夫恥じた。彼ら覆っ+  野雌鹿さえ,子産んが,[それを]捨てゆく*。柔らかいなかっからある。  そして,しまうま+立ち止まり,ジャッカルようかいだ。その草木ないため衰え+  たとえわたしたちとがわたしたち不利証言も,エホバよ,あなたみ名ため行動ください+。わたしたち忠実行為多くなっからです+。わたしたちあなた対しおかしです+  イスラエル望みある*+,苦難+その救い主+,なぜあなたこの外人居留ようなられるですか。[なぜ]一夜過ごすため立ち寄っ旅人よう+[なられるですか]。  なぜ驚がく襲わよう*,救うことできないあるよう*なられるです+。それでも,エホバよ,あなたご自身わたしたちおら+,わたしたちは,あなたみ名もっとなえられです+。わたしたち見捨てないください。 10  エホバこの関しこのよう言わた。「このように,彼らさまようこと愛し+,自分とどめなかっ+。それで,エホバ彼ら喜ばなかっ+。今や彼らとが思い出し,その注意向けられるあろ+」。 11  そして,エホバさらにわたし言わた,「このため良いこと祈り求めならない+ 12  彼ら断食するとき,わたしその嘆願叫び聴いない+。彼ら焼燔捧げ物穀物捧げ物するとき,わたしそれ喜んない+。わたし飢きん疫病よっ彼ら終わり至らせるからある+」。 13  そこでわたし言った,「ああ,主権なるエホバよ! 預言たちは,『あなた方ない。あなた方飢きん起こらない。かえって,わたし平安*このあなた方与えるあろう』と彼ら言っいるです+」。 14  すると,エホバさらにわたし言わた,「預言たちわたしよっ預言いること偽りある+。わたし彼ら遣わしことも,彼ら命じことも,彼ら語っことない+。彼ら偽りと,占いと,無価値もの+と,そのたばかりあなた方預言語っいるある+ 15  それゆえ,わたしよっ預言し,わたし遣わしなかっに,この飢きん起こらない言っいる預言たち関して,エホバこのよう言わた。『それら預言飢きんよっ終わり至る+ 16  そして彼ら預言与えいるそのは,飢きんためエルサレムちまた投げ出されるなり,彼らを ― 彼ら,その息子たちを ― 葬るだれない+。そして,わたし彼らその災い注ぎ出す+』。 17  「そして,あなた彼らこの言葉語らなけれならない。『わたしこぼれて,とどまることないよう+。わたし処女なるは,大いなる崩壊よって,非常重い打ち傷よっ+砕かからある+ 18  もしわたし実際行くと,見よ,剣よっ打ち殺さたちいる+! そして,もしわたし実際都市入っ行くと,見よ,飢きんよる悪疫またある+! 預言祭司自分たち知らなかっ巡っ行っからある+』」。 19  あなたユダ完全退けられです+。あなたシオン憎悪です+。あなたわたしたち打って,わたしたちためいやしないどうしてです+。平安待ち望んに,何良いことは[来ませでした]。いやしを[待ち望んに],何と,ご覧ください,恐怖が[来まし+]! 20  エホバよ,わたしたち自分たち邪悪さ,わたしたち父祖たちとが確か認めます+。わたしたちあなた対しおかしからです+ 21  あなたみ名ため+,[わたしたちを]軽べつないください。あなた栄光王座+軽んじないください。覚えください。わたしたち契約破らないください+ 22  諸国民むなしい偶像+に,雨降らせることできるいるでしょか。また,天自ら豊潤与えることできるでしょ+。わたしたちエホバよ,あなたこそ,そのありませ+。ですから,わたしたちあなた待ち望むです。あなたこれらすべてこと行なわからです+

脚注

1:1,「エレミヤ」の脚注参照。
または,「小さい; 若い」。従者,僕ような。
ヘブライこれ動詞不定詞独立形。
七十訳および13ヘブライ写本は,「エホバ」を付け加えいる。
ように」。ヘ語,ケイーシュ
あるように」。ヘ語,ケギッボール
または,「真実平安」。