内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 12:1‐17

12  エホバよ,わたしあなたし立てするとき,事実,裁きことついあなた話すとき,あなたかなっおらます+。邪悪たち成功収めどうしてです+。不実こといるたち皆,屈託ないあるは[どうしてですか]。  あなた植え,彼らまた,根づきました。彼らずっ進ん行きます。彼らまた,実産み出しました。あなた彼らあっ近くおらますが,彼ら*から遠く離れます+  そして,エホバよ,あなたご自わたしよくご存じです+。あなたわたしご覧なり,あなたあるわたしお調べなりまし+。彼らほふられるためよう選び出し+,殺すため彼ら取り分けください*  いつまでこの枯れままよいでしょ+。[いつまで]すべて草木干からびでしょ+。そこ住むたちゆえに,獣飛ぶ生き物一掃まし+。「彼わたしたち将来ない」と,彼ら言っからです。  あなた走っに,彼らあなた疲れ果てさせるあれば,どうして競走できるだろ+。また,あなた平和自信ある*+。では,ヨルダン沿い誇り高い[やぶ+]のどうするか。  あなたあなたたち,彼らさえあなた不実仕方扱っ+。彼らさえあなた後ろ大声呼ばわった。彼らあなた良いこと話すいうだけ彼ら信じならない+  「わたしは,わたし捨て+,わたし相続捨て去っ+。わたし愛するそのたなごころ渡し+  わたしとって,わたし森林ライオンようなった。彼女このわたし向かっ上げた。それゆえに,わたし彼女憎ん+  わたしとって,わたし+まだら猛きんようだ。猛きんその取り巻いいる+。野すべて野獣よ,来て,集まれ。[それらを]連れ食べさせよ+ 10  多羊飼い+わたしぶどう滅ぼし+,わたし受け分踏みつけ+。彼らわたし望ましい+受け分荒れ果て荒野変えしまった。 11  人それ荒れ果て+。それ衰え*。それわたしとっ荒廃いる+。その全土荒廃られた。[それを]心留め*だれないからある+ 12  荒すべて踏みならさ奪略たちやった。エホバ属するが,地この果てからかの果て至るまでむさぼり食っいるからある+。どのなる平和ない。 13  彼小麦まいが,刈り取っものは,いばらある+。彼ら病気なるほど働いが,何ならない+。そしてエホバ燃える怒りために,彼らあなた方産物必ず恥じるあろ*」。 14  エホバわたし隣人*+すべて対しこのよう言わた。彼らは,わたしわたしすなわちイスラエル所有相続触れいるたち+ある。「いまわたし彼らその土地から根こぎする+。わたしユダ彼らから根こぎするあろ+ 15  そして根こぎ後,わたし必ず彼ら再び憐れみ+,彼ら各々その世襲所有地,各々その連れ戻すあろ+」。 16  「そしてもしが,わたしバアルよっ誓うこと教えよう+,わたしよって『エホバ生きおられる!』と誓い+,わたし必ず学ぶなら,彼らまたわたし築き上げられることなる+ 17  しかしもし従わないなら,わたしまた,その国民根こぎし,[これを]根こぎ滅ぼす+」と,エホバお告げなる。

脚注

11:20脚注参照。
または,「彼ら神聖ものください」。
または,「あなたは……自信ある(信頼いる)」。七十訳シナ写,バチ写,「あなたは……自信ない」。
または,「それ服した」。
「者」。ヘ語,イーシュ。
「彼らは……必ず恥じるあろう」。または,「恥じよ」,命令形,複数。
「隣人」。近隣国民または民族こと思われる。