内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エレミヤ 1:1-19

1  ベニヤミンの地+のアナトテ+にいた祭司のひとり,ヒルキヤ*の子エレミヤ*の言葉+  ユダの王,アモン+の子ヨシヤ+の時代,その統治の十三年+に,彼にエホバの言葉が臨んだ。  そしてそれは,ユダの王,ヨシヤの子エホヤキム+の時代に,ユダの王,ヨシヤの子ゼデキヤ+*十一年の終わりに至るまで,エルサレムが第五の月+に流刑に処せられるまでずっとあった。  そして,エホバの言葉がわたしに臨んで言った,  「わたしは,あなたを腹のうちで形造っている前から+あなたを知っており+,あなたが胎を出る前からあなたを神聖なものとした+。わたしはあなたを諸国民への預言者とした」。  しかし,わたしは言った,「ああ,主権者なる主エホバよ! わたしは一体どのように話したらよいのか,それさえ分かりません+。わたしは少年*にすぎないからです+」。  すると,エホバはさらにわたしに言われた,「『わたしは少年にすぎない』と言ってはならない。かえって,あなたはわたしが遣わすすべての者たちのところへ行かなければならない。わたしがあなたに命ずることをみな話すべきである+  彼らの顔のために恐れてはならない+。『わたしはあなたと共にいて,あなたを救い出す+』からである,とエホバはお告げになる」。  そこで,エホバはみ手を突き出して,それをわたしの口に触れさせた+。それから,エホバはわたしに言われた,「さあ,わたしはわたしの言葉をあなたの口に入れた+ 10  見よ,わたしは今日,あなたを諸国の民と王国の上に任命した+。それは根こぎにし,引き倒し,滅ぼし,打ち壊すため+,建てて,植えるため+である」。 11  そして,エホバの言葉が引き続きわたしに臨んで言った,「エレミヤよ,あなたには何が見えるか」。 それでわたしは言った,「アーモンドの木*の横枝*が見えます」。 12  すると,エホバはさらにわたしに言われた,「あなたはよく見た。わたしは自分の言葉を遂行するため,それに関してずっと目覚めている*からである+」。 13  また,エホバの言葉がわたしに二度目に臨んで言った,「あなたには何が見えるか」。 それでわたしは言った,「吹きあおられている*広口の料理なべが見えます。その口*は北とは別の方を向いています」。 14  そこでエホバはわたしに言われた,「この地の全住民に向かって,北から災いが解き放たれるであろう+ 15  『いまわたしは北のもろもろの王国のすべての家族を呼び寄せる』と,エホバはお告げになるからである+。『彼らは必ず来て,各々その王座をエルサレムの門+の入口に,またその周囲のすべての城壁とユダのすべての都市に向かって据えるであろう+ 16  そして,わたしはそのすべての悪に関するわたしの裁きを彼らと共に語る+。それらの者がわたしを捨てて+,ほかの神々に*犠牲の煙を立ち上らせ+,自分の手の業に身をかがめ続けるからである+』。 17  「それで,あなたは,腰に帯を締めるべきである+。あなたは立ち上がって,わたしがあなたに命ずることをみな彼らに話さなければならない。彼らのために恐怖の念を抱くな+。わたしが彼らの前であなたに恐怖の念を抱かせることのないためである。 18  しかしわたしは,見よ,今日あなたを全地に向かって+,ユダの王たちと,その君たちと,その祭司たちと,この地の民とに対して*+,防備の施された都市,鉄の柱,銅の城壁とした+ 19  そして彼らは必ずあなたと戦うことになるが,あなたに打ち勝つことはない+。『わたしがあなたと共にいて+,あなたを救い出すからである+』と,エホバはお告げになる」。

脚注

「わたし受け分エホバ」の意。ヘ語,ヒルキーヤーフー。
「エホバは[胎を]ゆるめくださる」; または,「エホバ高めくださる」の意。ヘ語,イルメヤーフー。
ゼデキヤの」。ヘ語,レツィドキーヤーフー,「エホバ義」の意。
または,「若者」。ヘ語,ナアル。
「アーモンド木」。ヘ語,シャーケード,「目覚めいるもの」; 春最初咲く一つ。
または,「杖; 棒」。サム一 17:40,43比較。
「ずっ目覚めいる」。ヘ語,ショーケード。11シャーケード対応。
「吹きあおらいる」,その関して。または,「燃え立たさた」,この表現示唆する。
「口」,訂正よる; マソ本,「顔」。ゼカ 5:8比較。
神々に」。ヘ語,レーローヒーム(leʼ·lo·him')。
「このて」。ヘ語,ウーレアム ハーアーレツ。後侮べつ意味用いられた。ヨハ 7:47‐49比較。