内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エフェソス 4:1‐32

4  それゆえ,あっ囚人+なっいるわたしが,あなた方懇願ます。あなた方召さ召し+ふさわしく歩み+  全へりくだっ思い+温和もち,また辛抱強さ+もっうち互い忍び+  結きずなある平和うち一致守るため真剣励みなさい+  体一つ+,霊一つ+です。それは,あなた方自分たち召さその一つ希望+うち召さ同じです。  一つ+,信仰一つ+,バプテスマ一つ+です。  すべてまた一つ+あり,すべてに,すべて通し,すべておられるです。  さて,キリスト賜物+どのよう量り出しくださっ応じて,わたしたち一人一人過分ご親切+与えられました。  それゆえにこうます*。「高い上っ時,彼とりこ連れ去った。彼人々[の]賜物*与え+」。  さて,「彼上っ+」という表現ですが,これは,彼下方領域,つまり下っこと+以外意味するでしょか。 10  下そのが,すべてはるか+上っ+あるです。それは,彼すべてもの満ち満ちもの+するためでし* 11  そしては,ある使徒+,ある預言+,ある福音宣明*+,ある牧者また教える+与えました。 12  それは,奉ため,またキリスト築き上げるため+なるたちさらに調整すること*目的あり+ 13  ついにわたしたち,信仰つい正確知識一致達し,十分成長+大人,キリスト満ち満ちさま属する高さに[達する]のです+ 14  それは,わたしたちもはやみどりごなくなり,人たばかり+誤らようたくらむ巧妙よって,波よるよう振り回さたり+,あらゆる教えあちこち運ばたりすることないためです+ 15  そうです,わたしたち語りつつ*+,愛より,すべておいて,頭+あるキリスト目ざし成長ゆきましょ+ 16  この[キリスト]をもとて,体各部すべて+は,調和よく組み合わされることより,また必要もの与えるすべて関節通し協働することより*,それぞれ部分定め機能果たすつれて,愛うち自ら築き上げること目ざし成長資するです+ 17  それゆえ,わたしあっこのこと言い,また証します。すなわち,あなた方もはや,思いむなしさまま歩む+国民同じよう歩んませ+ 18  彼精神暗闇あり+属するから疎外ます+。それ彼らうちある無知+ため,またその感覚+ためです。 19  彼いっさい道徳感覚通り越し+,貪欲+あらゆる汚れ*+行なおて,身みだら行ない+*ゆだねです。 20  しかしあなた方は,キリストそのようある学びませでし+ 21  本あなた方が,イエスうちある真理+とおりその[ことば]を聞き,彼よっ教えられあれです+ 22  [そのは,]あなた方以前生き方かない,またその欺き欲望+したがって腐敗ゆく+古い人格捨て去るべきこと+ 23  そして,あなた方思い活動せるおい*新たされ+ 24  ご意志そいつつ+忠節うち創造+新しい人格+着ける+べきことでした。 25  それゆえ,あなた方偽り捨て去っですから+,おのおの隣人対し真実語りなさい+。わたしたち肢体互いものからです+ 26  憤*,罪犯しなりませ+。あなた方怒り立っまま沈むことないようなさい+ 27  すき与えなりませ+ 28  盗もう盗んなりませ+。むしろ,骨折っ働き,自分良い行ない+,窮乏いる分け与えることできるようなさい+ 29  腐ことばあなた方から出さないようなさい+。むしろ,必要応じ,どんなことせよ築き上げる良いことばを[出して],聞くたち恵みなるようなさい+ 30  また,聖霊悲しませる*ことないようなさい+。贖いよる釈放ため+,あなた方それもっ証印押さです+ 31  すべてある苦々しさ+,怒り,憤り,わめき,ののしりことば+を,あらゆるあなた方から除き去りなさい+ 32  そして,互親切+,優しい同情示し+キリストよっ惜しみなく許しくださっように,あなた方互い惜しみなく許し合いなさい+

脚注

または,「それゆえに,それこう言います」。
または,「人々から成る賜物を」,マソ本(詩 68:18)および七十訳(詩 67:19)と一致て。字義,「人々賜物を」。
または,「すべてもの成就するためでした」。
または,「宣教者」。ギ語,エウアンゲリスタス; ラ語,エーウァンゲリスタース。
または,「聖なるたち正しく配列することを」。
または,「真実保ちつつ」。
「協働することより」。字義,「一緒行かされることより」。
ガラ 5:19,「汚れ」の脚注参照。
「みだら行ないに」。ギ語,テーイ アセルゲイアーイ。ガラ 5:19,「行ない」の脚注参照。
字義,「あなた方思いおいて」。
字義,「あなた方憤らさいよ」。
または,「憂えさせる」。