内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エフェソス 1:1‐23

1  のご意志によって+キリスト・イエスの使徒+となったパウロから,[エフェソスに]*いる聖なる者たち,およびキリスト・イエスと結ばれた+忠実な者たち+へ:  わたしたちのなるイエス・キリストからの過分のご親切+と平和+があなた方にありますように。  わたしたちのイエス・キリストのまたがほめたたえられますように+。[]はわたしたちを,キリストとの結びつきのもとに,天の場所+において,霊のあらゆる祝福をもって祝福してくださった+からです。  それは,世の基が置かれる*前から+[キリスト]との結びつきにおいてわたしたちを選び+,わたしたちが愛のうちに+,そのみ前にあって神聖できずのない者となるように+してくださったとおりのことでした。  []はそのご意志に*かなうところにしたがい+,わたしたちをイエス・キリストを通してご自身の養子+とするよう+あらかじめ定めてくださり+,こうして,  [ご自分の]愛する者+によってわたしたちに親切に授けてくださった栄光ある過分のご親切+に対する賛美となるようにされたのです+  わたしたちはこの方により,その血+を通してなされた贖いによる釈放,そうです,[わたしたちの]罪過の許し+を,その過分のご親切の富+によって得ているのです。  []はそれを,あらゆる知恵と分別とにおいてわたしたちに満ちあふれさせてくださいました+  そのご意志の神聖な奥義+をわたしたちに知らせてくださったことにおいてです*。それは, 10  定められた時+の満了したときにおける管理*+のためにご自身のうちに意図された意向によるものであり+,すなわちそれは,すべてのもの,天にあるもの+と地にあるもの+を,キリストにおいて+再び集める*+ことです。[そうです,キリスト]において, 11  この方との結びつきにおいて,わたしたちはまた相続人+として選定されたのです。ご意志の計るところに応じてすべてのものを作用させる方+の目的のもとに,わたしたちがあらかじめ定められていたからであり, 12  それは,キリストに望みを置く点で最初の者となったわたしたち+*,その栄光+の賛美に仕えるためでした。 13  しかしあなた方も,真理の言葉+,すなわちあなた方の救いについての良いたより+を聞いた後,この方に望みを置きました。そして信じた後,やはりこの方により*,約束の聖霊をもって+証印を押されたのです+ 14  それは*わたしたちの相続財産+に関する事前の印*+であり,また,[]ご自身の*所有物+を贖いによって釈放し+,その栄光ある賛美とすることを目的としています。 15  そのゆえにわたしも,あなた方がイエスに対し,またすべての聖なる者たちについて抱く信仰について聞くにつけ+ 16  あなた方のことを感謝してやみません。わたしは自分の祈りの中で引き続きあなた方のことを述べています+ 17  わたしたちのイエス・キリストの,栄光のが,ご自身についての正確な知識+という点で知恵+と啓示*の霊をあなた方に与えてくださるようにするため, 18  [また,]あなた方の心の目+が啓発されて+,[]があなた方を召してくださったその希望+は何か,聖なる者たち+のための相続財産として[]が擁しておられる*栄光ある富+は何か, 19  そして,わたしたち信じる者に対する[]の力+の卓抜した偉大さがどんなものかを,あなた方が知るようになるためです。それは[]の強大な力の働き+によるのであり, 20  []はキリストの場合,その働きをもって彼を死人の中からよみがえらせ+,天の場所において+ご自分の右に座らせたのです+ 21  すなわち,あらゆる政府と権威と力と主権+,またとなえられるあらゆる名のはるか上にであり+,単にこの事物の体制*+だけでなく,来たるべき[体制+]においてもです。 22  []はまた,すべてのものを彼の足の下に服させ+,会衆に対して彼をすべてのものの頭とされました+ 23  その[会衆]は彼の体であり+,すべてにあってすべてのものを満たす方+の満ちるところ+です。

脚注

「エフェソスに」,シナ写c,アレ写,バチ写c,ベザ写,ウル訳,シリ訳ヘ,ペ; パピ写46,シナ写*,バチ写*省いいる。
「基置かれる」。字義,「[種を]下投げること」。ギ語,カタボレース。
または,「わたしたち選び,わたしたちそのみ前あって……とおりことでした。[神]はうちに,(5)そのご意志に」。
「くださっことおいです」。または,「くださいました」。
「管理」。字義,「家管理; 家政運営」。ギ語,オイコノミアン; ラ語,ディスペンサーティオーネム。ルカ 12:42脚注参照。
「再び集める」。GHセヤーの「新約聖書希英辞典」,第4版(1901年),39ページよると,「ご自身ため再び一緒する」。
または,「それは,あらかじめキリスト望み置いわたしたちが」。
または,「そして,この信じるようなっ後」。
「それは」,パピ写46,アレ写,バチ写; シナ写,ベザ写,ウル訳,「そのは」。
または,「事前保証金(手付け金)」。ギ語,アッラボーン; エ18,22(ヘ語),エーラーヴォーン。コリ二 1:22脚注参照。
「[神]ご自身の」。字義,「その」(冠詞)。
「啓示」。字義,「覆い外すこと; 打ち明けること」。ギ語,アポカリュプセオース。
または,「聖なるたちで[神]が受け継がれる」。
または,「事物秩序」。ギ語,アイオーニ; ラ語,サエクロー; エ17,18,22(ヘ語),バーオーラーム ハッゼ,「この事物秩序おいて」。