内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エゼキエル 48:1‐35

48  「そして,これ部族ある。北果てから,ヘトロン+経てハマト入るところ+側,ハツァルエナン+,北方ダマスカス境界,ハマト至る。それ必ず境[と]西側あり,ダン+,一つ[の分]。  また,ダン境界接して,東から西まで,アシェル+,一つ。  また,アシェル境界接して,東からその西至るまで,ナフタリ+,一つ。  また,ナフタリ境界接して,東から西まで,マナセ+,一つ。  また,マナセ境界接して,東から西まで,エフライム+,一つ。  また,エフライム境界接して,東から西至るまで,ルベン+,一つ。  また,ルベン境界接して,東から西まで,ユダ+,一つ。  また,ユダ境界接して,東から西まで,あなた方寄進べき寄進あり,幅二万五千[キュビト+],長さから西まで一つ同じある。そしてなる*必ずそのある+  「あなた方エホバ寄進べき寄進は,長さ二万五千[キュビト],幅一万ある。 10  そしてこれら関し,祭司ためなる寄進なくならない+。北二万五千[キュビト],西一万,東一万,南長さ二万五千ある。そしてエホバなる*必ずそのある+ 11  それは,祭司,すなわちザドク+から神聖されいるたちためものある。彼らわたし対する務め行なったちあり,イスラエルさまよい出ときに,レビたちさまよい出よう+さまよい出なかったちある。 12  そして彼ら必ずレビ境界接して,その寄進うちから寄進極めてなるもの持つことなる+ 13  「そして,レビ祭司領地すぐ長さ二万五千[キュビト],幅一万持つべきある+。全体長さ二万五千,幅一万ある+ 14  そして彼らそのどの[部分]を売るべきない。また,交換ならない。また,その最良部分が[人手に]渡るようことあっならない。それエホバとっなるものからある+ 15  「その二万五千沿っ残っいる五千[キュビト]についいえば,それなるものあり,都市ため+,住みかため,牧草ためものある。そして都市必ずそのあることなる+ 16  そしてこれが[都市の]*寸法ある。北四千五百[キュビト],南四千五百,東四千五百,西四千五百。 17  そして都市必ず牧草持つことなる+。北二百五十[キュビト],南二百五十,東二百五十,西二百五十。 18  「そして,残っいるもの長さは,聖なる寄進全く同じある+。東一万[キュビト],西一万。それ必ずなる寄進全く同じある。その産物必ず都市仕えいるたちパンためなる+ 19  そして,イスラエル部族うちから都市仕えいるたちそれ耕作する+ 20  「寄進全体は[長さ]二万五千[キュビト],[幅]二万五千。あなた方正方部分都市所有なる寄進寄進べきある。 21  「そして,残っもの+属する。聖なる寄進都市所有こちらあちら+,すなわち寄進物[の]二万五千[キュビト]に沿っ境界まで。西側二万五千[キュビト]に沿っ西境界まで+。それぞれ全く同じく,[それは]長ためもの[となる]。そして,聖なる寄進*なる*必ずそのある。 22  「また,レビ所有都市所有ついいえば,それ属するものあるべきある。ユダ境界+ベニヤミン境界間,それ属するものなるべきある。 23  「そして残り部族ついいえば,東から西まで,ベニヤミン+,一つ[の分]。 24  また,ベニヤミン境界接して,東から西まで,シメオン+,一つ。 25  また,シメオン接して,東から西まで,イッサカル+,一つ。 26  また,イッサカル境界接して,東から西まで,ゼブルン+,一つ。 27  また,ゼブルン境界接して,東から西まで,ガド+,一つ。 28  また,ガド境界接して,南*へ,南向かう*。境界タマル+からメリバトカデシュ+,奔流+,“大海+”に至る。 29  「これイスラエル部族相続ためあなた方が[くじよって]割り当てる土地あり+,これら彼らある+」と,主権なるエホバお告げなる。 30  「そして,これら都市出口ある。北は,[その]寸法四千五百[キュビト]である+ 31  「そして,都市イスラエル部族したがって,北三つある。ルベン門,一つ,ユダ門,一つ,レビ門,一つ。 32  「また,東四千五百[キュビト]あり,三つある。すなわちヨセフ門,一つ,ベニヤミン門,一つ,ダン門,一つ。 33  「また,南は,寸法つい四千五百[キュビト]で,三つある。シメオン門,一つ,イッサカル門,一つ,ゼブルン門,一つ。 34  「西四千五百[キュビト]あり,そこ三つある。ガド門,一つ,アシェル門,一つ,ナフタリ門,一つ。 35  「周り一万八千[キュビトあり],都市は[その]日から後,“エホバ自らそこおられる*”となる+」。

脚注

なる」。ヘ語,ハンミクダーシュ; ギ語,ト ハギオン; ラ語,サンクトゥアーリウム
「エホバなる所」。ヘ語,ミクダシュエフワー; ラ語,サンクトゥアーリウム ドミニー; 七十訳,「聖なるもの山」。
字義,「それの」,女性形。「都市」(女性)を指す。
」,マソ本(ヘ語,ハッバイト),タル,七十訳,シリ訳; ラ語,テンプリー
「と……のなる」。ヘ語,ウーミクダシュ; ギ語,ハギアスマ; ラ語,サンクトゥアーリウム
「南」。ヘ語,ネゲヴ。
「南向かう」。ヘ語,テーマーナー。
「“エホバ自らそこおられる”」。または,「エホバシャンマ」。ヘ語,エフワー シャーンマー; 七十訳アレ写,ウル訳,「エホバそこに[おられる]」。