内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エゼキエル 46:1‐24

46  「主権なるエホバこのよう言わた。『東面しいる中庭ついある+,これ六日仕事+あいだ閉じ+,安息開かれるべきあり,新月開かれるべきある+  そして玄関から+,外から入り,門戸柱+そば立たなけれならない。祭司たち焼燔捧げ物共与犠牲ささげなけれならない。彼敷居ところかがめ+,そして行かなけれならない。しかし夕方まで閉じならない。  そしてその*安息新月に,その入口で,エホバかがめなけれならない+  「『そして,長安息エホバささげるべき焼燔捧げ物は,きずない子羊きずない雄羊べきある+  また,穀物捧げ物雄羊ためエファ+,雄子羊ためは,彼与え得る*+穀物捧げ物,油ついは,エファつきヒンある+  また,新月+は,きずない若い雄牛,すなわちと,雄子羊頭,雄羊べきある。それらきずないものなけれならない+  また,彼若い雄牛ためエファ,雄羊ためエファ穀物捧げ物ささげるべきある。雄子羊ためは,自分できるもの*,油ついは,エファつきヒンある+  「『そして,長+入っ来るとき,門玄関から入り,そのから行くべきある+  また,その祭り時節エホバ入っ来るとき+,北+から入っかがめようするは,南+から行くべきある。南から入っ来るから行くべきある。だれ自分入っから帰っならない。まっすぐ前方向かっ行く*べきからある。 10  そして彼らいるついは,彼ら入っ来るとき入り,彼ら行くとき*行くべきある+ 11  そして祭り+とき祭り時節は,穀物捧げ物若い雄牛ためエファ,雄羊ためエファ,雄子羊ため与え得るもの*べきある。油ついは,エファつきヒンある+ 12  「『また,長自発捧げ物焼燔捧げ物+,あるいは自発捧げ物共与犠牲エホバ備える場合,彼ため面しいる開けなけれならない+。彼安息するように,その焼燔捧げ物共与犠牲備えなけれならない+。そして行かなけれならない。彼行っ後,人閉じなけれならない+ 13  「『また,あなた*毎日,全焼燔捧げ物きずない子羊もの*エホバ備えるべきある+。朝ごとあなた*これ備えるべきある。 14  また,あなた*それ穀物捧げ物ごとエファを,油ついは,上等麦粉振り掛けるため三分ヒン備えるべきある+。エホバ穀物捧げ物定めなく存続する法令,常なされるものある。 15  そして常供*焼燔捧げ物て,彼らごと子羊穀物捧げ物備えなけれならない』。 16  「主権なるエホバこのよう言わた。『長その各々*その相続贈り物与える場合,それその財産なる。それ相続よる彼ら所有ある。 17  また,彼その相続うちからその**贈り物与える場合,それまた,自由*+まで必ずそのものなる。そしてそれ必ず返る。ただ相続だけが ― その関し* ― ずっ彼ら自身ものなるべきある。 18  また,長相続取っ彼らその所有から立ち退かせるようことならない+。彼自分所有うちから自分相続与えるべきある。それは,わたし各々その所有から散らされることないためある+』」。 19  そして,彼わたし入り道から+,聖なる食堂,すなわち面しいる,祭司たち属する[食堂]に導き入れ+。すると,見よ,そこ西向かっその両側後部*ひとつ場所あった。 20  そしてわたし言った,「これ祭司たち罪科捧げ物捧げ物+煮る場所+,[また]穀物捧げ物焼くある+。それは,何中庭運び出して,民神聖することないためある+」。 21  次いで,彼わたし中庭連れ出し,中庭四つ隅柱通らた。すると,見よ,中庭の[こちらの]隅柱そば中庭が,中庭の[あちらの]隅柱そば中庭あった。 22  中庭四つ隅柱ところに,長さ四十[キュビト],幅三十小さい中庭あった。隅建造ある*これら四つもの同じ寸法あった。 23  また,それら周り,それら四つ周りあり,周りその煮る場所+作らた。 24  そしてわたし言った,「これら煮ることするたちある。奉仕たちここ犠牲煮るある+」。

脚注

7:27脚注参照。
「彼与え得る」。字義,「彼供え物て」。
「自分できるもの」。字義,「その達し得る(届き得る)もの」。レビ 5:7,「なければ」の脚注参照。
「彼行く」,マソ本欄外,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳,および100以上ヘブライ写本; マソ本,「彼ら行く」。
「彼」,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳,および37ヘブライ写本; マソ本,「彼ら」。
5脚注参照。
「あなた」,マソ本,タル; 七十訳,シリ訳,ウル訳,および幾つヘブライ写本,「彼」。
字義,「雄子羊,その子」。レビ 12:6; 14:10参照。
「あなた」,マソ本,タル; 七十訳,ウル訳,「彼」。
「あなた」,マソ本,タル; 七十訳,シリ訳,ウル訳,および二つヘブライ写本,「彼」。
または,「絶えざる」。ヘ語,ターミード。ダニ 8:11脚注比較。
「各々に」。字義,「ひとりに」。ヘ語,レイーシュ
または,「その奴隷の」。ヘ語,メーアヴァーダーウ。
「のに」。ヘ語,レアハド
または,「免除; 解放」。エレ 34:8,15,17参照。
「ただその相続は」,七十訳,シリ訳。
「その両側後部に」,マソ本欄外; マソ本,「それら後部に」。
建造ある」。ヘ語,メフクツァーオート; 七十訳,シリ訳,ウル訳省いいる。マソ本このソフェリムより特殊符号付けられおり,それ偽筆あり,それゆえに省かれるべきあるされいる。付録2イ参照。