内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エゼキエル 44:1‐31

44  次いは,聖なる*門,すなわち面しいる外側の[門+]のからわたし連れ戻した。それ閉じられ+  それからエホバわたし言わた,「このついあるが,これ閉じられままなる。これ開かれることなく,単なる人間*ここから入っ来ることない。エホバが,イスラエル*+ここから入っられからある。それ必ず閉じられままなる。  しかし+は ― 彼そこ座る。エホバパン食べるためある+。門玄関から入り,そのから行く+」。  そして今度は,彼からわたし連れた。それは,わたし見るためあっが,見よ,エホバ栄光エホバ満たし+。それで,わたしひれ伏し+  すると,エホバわたし言わた,「人よ,心留め+,目見,エホバすべて法令そのすべて律法て,わたしあなた話しいるすべてこと聞け。あなた入り道を,聖なるすべて出口留めなけれならない。  また,あなた反逆*+に,すなわちイスラエル言わなけれならない,『主権なるエホバこのよう言わた。「イスラエルよ,そのあらゆる忌むべきことゆえに,あなた方こともう沢山+  あなた方は,心割礼受けない異国たち*連れ+,わたしなる来させ,これを,実わたし汚させる。あなた方は,わたしパン+を,脂肪++ささげるが,彼らあなた方あらゆる忌むべきことためわたし契約破りつづける+  あなた方わたしなるもの務め行なわなかっ+。また,あなた方代わりに,わたしなるわたし務め行なうて[ほかたちを]置こなかっ+」』。  「『主権なるエホバこのよう言わた。「心割礼受けない異国*,すなわちイスラエルいる異国は,だれわたしなる入っならない+」』。 10  「『しかし,わたしからさまよい出イスラエルその糞像慕っさまよっときに,わたしから遠く離れ行っレビたち+,彼らまた自分とが負わなけれならない+ 11  そして彼らわたしなるで,必ず監督する地位就く奉仕*奉仕なる+。彼らため焼燔捧げ物犠牲ほふり+,彼らが[民]に仕えるためその立つある+ 12  彼らその糞像で[民]に仕えつづけ+,イスラエルとっつまずきもとなっとが犯さ+,それゆえに,わたし彼ら向かっ上げある+』と,主権なるエホバお告げなる,『彼ら必ずそのとが負わなけれならない。 13  そして,彼らわたし対し祭司勤め行なうためわたし近づいたり,わたしなるもの,最もなるもの近づいたりすることない+。彼ら自分辱め自分行なっその忌むべきこと負わなけれならない+ 14  そしてわたし必ず彼らを,すべて奉仕や,そこで行なわれるべきすべてこと関して,その務め行なうするあろ+』。 15  「『そして,イスラエルわたしからさまよい出ときに,わたしなる務め行なっ+,ザドク+ら,レビ祭司たち+ついは,彼らわたし仕えるためわたし近づく。そしてわたし脂肪++ささげるために,必ずわたし立つ+』と,主権なるエホバお告げなる。 16  『彼らわたしなる入るたちあり+,彼らわたし仕えるために,わたし食卓近づくある+。彼ら必ずわたし務め行なう+ 17  「『そして,奥中庭入るときは,彼ら亜麻着けるべきあり,奥中庭内側仕えるときは,毛織物着けならない+ 18  頭亜麻頭飾りつけ+,腰亜麻股引きはくべきある+。汗[の出るもの]をまとっならない。 19  そして中庭,[すなわち]外中庭へ,民ところ行くときは,彼ら奉仕するさいつけ脱ぐべきある+。それなる食堂+置き,ほか着けなけれならない。その神聖することないためある+ 20  また,彼らそっならない+。髪長く垂らしままならない。必ず頭[の髪]を刈るべきある+ 21  そして祭司は,奥中庭入るとき,だれぶどう飲んならない+ 22  また,やもめや,離婚自分ためめとっならない+。ただ,イスラエル子孫処女+,あるいは祭司やもめなっやもめあれば,[これを]めとっい』。 23  「『そして,彼らわたしなるものなるもの違い教え諭すべきある。汚れもの清いもの違いこれ知らせるべきある+ 24  そして訴訟さいは,彼ら立っ裁くべきあり+,またわたし司法定めよっそれ裁かなけれならない+。そして,わたしすべて祭り時節+関するわたし律法法令守り,わたし安息神聖べきある+ 25  また,彼人間*死ん*もと入っ行っ汚れなっならない。ただ,父,母,息子,娘,兄弟,夫もの*なっない姉妹ためは,自分汚しよい+ 26  そしてその浄め後,彼ため数えなけれならない+ 27  そして,聖なる場所*,奥中庭入って,聖なる場所仕えるに,彼自分捧げ物ささげなけれならない+』と,主権なるエホバお告げなる。 28  「『そして,それ必ず相続彼らものなる*。わたし彼ら相続ある+。また,あなた方イスラエル彼ら所有与えならない。わたし彼ら所有ある。 29  穀物捧げ物,罪捧げ物,罪科捧げ物 ― 彼らこれ食べる+。また,イスラエル奉納すべて物 ― それ彼らものなる+ 30  また,すべてものあらゆる熟し初物最初ものと,あなた方あらゆる寄進うちすべてものすべて寄進物 ― それ祭司たちものなる+。あなた方粗びき初物祭司与えるべきある+。それは,祝福あなた*とどまるためある+ 31  祭司は,飛ぶ生き物で[既に]死んもの,また引き裂か生き物食べならない+』。

脚注

なる」。ヘ語,ハンミクダーシュ; ギ語,ハギオーン; ラ語,サンクトゥアーリイー
人間」。ヘ語,ウェイーシュ
「の神」。ヘ語,エローヘー。
「反逆」,マソ本; タル,「反逆民」; 七十訳,「反逆家」。
字義,「異(国)のら」。
7脚注比較。
「奉仕者」。または,「従者」(複)。ヘ語,メシャーレティーム; ラ語,ミニストリー。
または,「地人」。ヘ語,アーダーム; ギ語,アントロープー; ラ語,ホミネム。
「死ん者」。ヘ語,メート; ギ語,プシュケーン,「魂」。
ものに」。字義,「対して」。ヘ語,レイーシュ
なる場所」。ヘ語,ハッコーデシュ; ラ語,サンクトゥアーリウム
「しかし,彼らため相続ないあろう」,ウル訳
「あなたに」,マソ本,タル,ウル訳; 七十訳,シリ訳,「あなた方に」。