内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エゼキエル 42:1‐20

42  そして,やがて向いいるから,外中庭*+わたし連れ+。次いは,隔てられ場所*+,北建物*ある食堂+[群]に連れた。  長さキュビト入口あり,幅五十キュビトあった。  奥中庭属する二十[キュビト+]の中庭属する舗装+は,回廊+回廊相対し三[階]となった。  また,食堂は,内側向かっキュビト通路あり+,一キュビト*あった。その入口向いた。  また,食堂ついは,[その]建物関しいうと,一番ものは,回廊そこから[場所を]取っで,一番ものよりも,また中間ものより短かった。  それらなっおり+,中庭ようなかっからある。それゆえに,一番ものよりも,また中間ものよりも,[一番ものの]床からより多く場所取らある。  また,外側ある石壁は,[もう一方の]食堂中庭食堂すぐそばあった。その長さ五十キュビトあった。  外中庭食堂長さ五十キュビトあっからある。そして,見よ,神殿それキュビトあった。  また,外中庭からそれら食堂入っ行くとき,そのから入り道あった。 10  隔てられ場所+建物前,東中庭石壁食堂あっ+ 11  また,それら食堂の[場合]と同じようあり+,それら長さそれ同じ[であり],それらそれ同じあった。また,その出口みな[同様]で,その様式同様,その入口同様あった。 12  そこ入っ行くとき,東対応する石壁道,そのある入口は,南食堂入口同じあっ+ 13  次いで,彼わたし言った,「隔てられ場所ある食堂[と]南食堂+,それらなる食堂*あって,エホバ近づく+祭司たちそこで最もなる食べるある+。彼らそこ最もなる物,穀物捧げ物,罪捧げ物,罪科捧げ物置く。その場所なる[所]だからある+ 14  彼らが,すなわち祭司入っなら,聖なる場所から*中庭行かに,通常仕えるさい着る衣服そこ置く+。それらなるものからある。彼らほかまとい+,そしてかかわるもの近づかなけれならない」。 15  そして,彼測ること終え,正面向いいる+よりわたし連れ出し,その周囲測った。 16  彼測りざお東側*測った。それ測りざお周囲五百さお*あっ+ 17  彼北側測った。葦測りざお周囲五百さお*あった。 18  南側測った。葦測りざお五百さお*あった。 19  彼西側*回っ行った。彼測りざお五百さお測った。 20  四方*ためこれ測った。その周囲あっ+。長さ五百[さお],幅五百[さお]*+,聖なるもの*なるもの区分するためものあっ+

脚注

「外中庭」,マソ本,タル,七十訳,シリ訳,ウル訳; 七十訳バグスター,「奥中庭」。
隔てられ場所」。ヘ語,ハッギズラー
建物」。ヘ語,ハッビンヤーン
「一キュビト道」,マソ本,タル,ウル訳; 七十訳,シリ訳,「長さキュビト」。40:5,「手幅」の脚注参照。
または,「聖なる食堂」,七十訳一致て。
なる場所なる)から」。ヘ語,メーハッコーデシュ; ギ語,ハギウー
「側」。字義,「風」。ヘ語,ルーアハ; ラ語,ウェントゥム。
「さお」,マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳省いいる。40:5参照。
「さお」,マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「キュビト」。
「さお」,マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳省いいる。
「西側」。字義,「海風」。すなわち,西地中海の。
「側」。字義,「風」。
「キュビト」,七十訳。
「聖なるもの」。または,「なる」。ヘ語,ハッコーデシュ; ラ語,サンクトゥアーリウム