内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

エゼキエル 39:1‐29

39  「そして,人​の​子​よ,あなた​に​つい​て​で​ある​が,ゴグ​に​向かっ​て​預言​せよ+。あなた​は​言わ​なけれ​ば​なら​ない,『なる​主​エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。「メシェク​+と​トバル​+の​長​の​頭​*で​ある​ゴグ​よ,いま​わたし​は​あなた​を​攻める。  そして​わたし​は​あなた​を​引き戻し,あなた​を​導い​て+,北​の​最果て​から​上っ​て​来させ+,イスラエル​の​山々​の​上​に​連れ​て​来る。  そして​わたし​は​あなた​の​左手​から​弓​を​打ち落とし,あなた​の​右手​から​矢​を​落とさ​せる。  あなた​は​イスラエル​の​山々​で​倒れる+。あなた​と​あなた​の​すべて​の​隊,および​あなた​と​共​に​いる​もろもろ​の​民​は。わたし​は​あなた​を​猛きん​に,あらゆる​翼​の​鳥,そして​野​の​野獣​に​食物​と​し​て​与える+」』。  「『あなた​は​野​の​表​に​倒れる​で​あろ​う+。わたし​自身​が​語っ​た​から​で​ある』と,なる​主​エホバ​は​お告げ​に​なる。  「『そして,わたし​は​マゴグ​*と,島々​に​安らか​に​住ん​で​いる​者​たち​+と​に​火​を​送る+。そして​人々​は​わたし​が​エホバ​で​ある​こと​を​知ら​なけれ​ば​なら​なく​なる。  また,わたし​は​わたし​の​聖​なる​名​を​わたし​の​民​イスラエル​の​中​で​知らせ,もはや​わたし​の​聖​なる​名​を​汚さ​せ​ない+。そして​諸​国民​は,わたし​が​イスラエル​の​なる​者+,エホバ​で​ある​こと​*を​知ら​なけれ​ば​なら​なく​なる+』。  「『見よ,それ​は​必ず​来る。必ず​生じる+』と,なる​主​エホバ​は​お告げ​に​なる。『これ​が​わたし​の​語っ​た​日​で​ある+  そして​イスラエル​の​諸​都市​の​住民​は​必ず​出​て​行き,武具​や​丸盾​や​大盾​を​燃やし​て​火​を​たく​で​あろ​う。―弓​や​矢,手持ち​棒​や​小槍​を[燃やし​て]。彼ら​は​それら​で​七​年​の​間​必ず​火​を​つける+ 10  そして,彼ら​は​野​から​木切れ​を​運ぶ​こと​も,森林​から​たきぎ​を​集める​こと​も​し​ない。彼ら​は​武具​で​火​を​つける​から​で​ある』。 「『そして​彼ら​は,彼ら​の​もの​を​分捕っ​て​い​た​者​たち​の​もの​を​必ず​分捕り+,彼ら​の​もの​を​強奪​し​て​い​た​者​たち​の​もの​を​強奪​する​で​あろ​う』と,なる​主​エホバ​は​お告げ​に​なる。 11  「『そして,その​日​に​は​必ず,わたし​は​ゴグ​+の​ため​に​そこ​に​場所​を*,イスラエル​の​中​に​埋葬​地​を,海​の​東​を​通っ​て​行く​者​たち​の​谷​を​与える。そして​それ​*は​通っ​て​行く​者​たち​を​せき止める​で​あろ​う。そして​彼ら​は​そこ​に​必ず​ゴグ​と​その​すべて​の​群衆​を​埋め,必ず[それ​を]“ゴグ​の​群衆​の​谷*+”と​呼ぶ​で​あろ​う。 12  そして,イスラエル​の​家​の​者​たち​は​その​地​を​清める​ため​に,七​か月​の​間,彼ら​を​埋め​なけれ​ば​なら​ない​で​あろ​う+ 13  そして​その​地​の​すべて​の​民​は​埋める​こと​を​し​なけれ​ば​なら​なく​なり,わたし​が​自ら​に​栄光​を​付する​日​に,それ​は​彼ら​に​とっ​て​必ず​名​の​いわれ​と​なる+』と,なる​主​エホバ​は​お告げ​に​なる。 14  「『また,彼ら​が​取り分け​て,絶え​ず[雇用​する]者​たち​*が​おり,それら​の​者​は​その​地​を​通っ​て​行き,通っ​て​行く​者​たち​と​共​に*,地​の​表​に​残さ​れ​た​まま​に​なっ​て​いる​者​たち​を​埋め​て,これ​を​清める。彼ら​は​七​か月​の​終わり​に​至る​まで​捜し​つづける。 15  そして,通っ​て​行く​者​たち​は​必ず​その​地​を​通っ​て​行き,人​*の​骨​を​実際​に​見る​こと​が​ある​なら,その​そば​に​標識​を​建て,ついに​は​埋める​こと​を​する​者​たち​が​それ​を“ゴグ​の​群衆​の​谷*”に​埋める​で​あろ​う+ 16  そして,[その]都市​の​名​は​また,ハモナ​*で​ある。こう​し​て​彼ら​は​その​地​を​清め​なけれ​ば​なら​ない+』。 17  「そして,人​の​子​よ,あなた​に​つい​て​は,なる​主​エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。『あらゆる​翼​の​鳥​と​野​の​すべて​の​野獣​に​向かっ​て​言え+,「集まっ​て​来い。わたし​が​お前​たち​の​ため​に​犠牲​に​し​よう​と​し​て​いる​わたし​の​犠牲​の​周り​に,イスラエル​の​山々​に​おける​大いなる​犠牲[の​周り​に]集まれ+。そして​お前​たち​は​必ず​肉​を​食べ,血​を​飲む+ 18  お前​たち​は​力​ある​者​たち​の​肉​を​食べ+,地​の​長​たち​の​血​を​飲む。雄羊,若い​雄​の​羊+,それ​に​雄やぎ,若い​雄牛+,バシャン​の​肥え​た​もの,その​すべて​を+ 19  そして​お前​たち​は,わたし​が​お前​たち​の​ため​に​犠牲​に​する​わたし​の​犠牲​から,必ず​飽きる​ほど​脂肪​を​食べ+,酔う​ほど​血​を​飲む​で​あろ​う」』。 20  「『また,お前​たち​は​わたし​の​食卓​で,馬​や​兵車​の​御者*,力​ある​者​や​あらゆる​戦士​*に​よっ​て​満ち足りる』と,なる​主​エホバ​は​お告げ​に​なる+ 21  「『そして,わたし​は​諸​国民​の​中​に​わたし​の​栄光​を​置く。すべて​の​国々​の​民​は​わたし​の​執行​し​た​裁き​と,わたし​が​彼ら​の​中​に​置い​た​手​+と​を​必ず​見る​で​あろ​う+ 22  また,イスラエル​の​家​の​者​たち​は,その​日​から​後,わたし​が​彼ら​の​​エホバ​で​ある​こと​を​知ら​なけれ​ば​なら​なく​なる+ 23  そして​諸​国民​は,彼ら​が,すなわち​イスラエル​の​家​が​その​とが​の​ゆえに​流刑​の​身​と​なっ​た​こと​を​知ら​なけれ​ば​なら​なく​なる+。それ​は,彼ら​が​わたし​に​対し​て​不​忠実​に​振る舞っ​た​ため​で​あり,それゆえに​わたし​は​彼ら​から​顔​を​覆い隠し+,彼ら​を​その​敵対​者​たち​の​手​に​渡し​た。そして​彼ら​は​みな​剣​に​よっ​て​倒れ​て​いっ​た​の​で​ある+ 24  わたし​は​彼ら​の​汚れ​と​違犯​と​に​したがって​彼ら​を​取り扱い+,わたし​の​顔​を​彼ら​から​ずっ​と​覆い隠し​た』。 25  「それゆえ,なる​主​エホバ​は​この​よう​に​言わ​れ​た。『今​こそ​わたし​は​ヤコブ​の​捕らわれ​人​たち​を​連れ戻し+,イスラエル​の​家​を​実際​に​憐れむ+。そして​わたし​は​わたし​の​聖​なる​名​の​ため​に​全き​専心​を​示す+ 26  そして​彼ら​は,だれ​に​も​おののかさ​れる​こと​なく​+安らか​に​その​土地​に​住む​とき+,自分​たち​の​辱め​+と,わたし​に​対し​て​示し​た​その​すべて​の​不​忠実​さ​を​負う​で​あろ​う+ 27  わたし​が​もろもろ​の​民​の​中​から​彼ら​を​連れ戻し,その​敵​たち​の​地​から​彼ら​を​集める​とき+,わたし​は​また,多く​の​国々​の​民​の​目​の​前,彼ら​の​中​で​自ら​を​神聖​な​もの​と​する*+』。 28  「『そして,わたし​が​彼ら​を​流刑​に​処し​て​諸​国民​の​もと​に​追いやり,実際​に​彼ら​を​その​土地​に​集め寄せ,もはや​彼ら​の​うち​の​だれ​を​も​そこ​に​残さ​なく​なる​とき+,彼ら​は​わたし​が​彼ら​の​​エホバ​で​ある​こと​を​知ら​なけれ​ば​なら​なく​なる+ 29  そして,わたし​は​もはや​彼ら​から​わたし​の​顔​を​覆い隠さ​ない+。わたし​は​イスラエル​の​家​に​わたし​の​霊​を​注ぎ出す​から​で​ある+』と,なる​主​エホバ​は​お告げ​に​なる」。

脚注

「メシェク……の​長​の​頭」。または,「ロシュ,メシェク……の​長」。ウル訳,「メシェク……の​君​の​頭」; タル,「メシェク……の​頭,大いなる​者」; 七十訳,「ロシュ,メシェク……の​支配​者」; シリ訳,「メシェク……の​指導​者​また​頭」。
「マゴグ」,マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「ゴグ」。38:2,「ゴグ」の​脚注​参照。
「わたし​が​イスラエル​の​聖​なる​者,エホバ​で​ある​こと」。または,「わたしエホバ​が,イスラエル​で​聖​なる​者​で​ある​こと」。ヘ語,キー​・​アニー エフワー カードーシュ イスラーエール
「そこ​に​場所​を」。七十訳,ウル訳,「名(高名)の​場所​を」。
「それ」,女性​形。「谷」(女性)を​指し​て​いる。
または,「“ハモン​・​ゴグ​の​谷”」。
「また……者​たち」。ヘ語,ウェアンシェー。イーシュ​の​複数​形。
「通っ​て​行く​者​たち​と​共​に」,マソ本,タル; 七十訳,シリ訳​は​省い​て​いる。
「人」。ヘ語,アーダーム。
11​節,「谷」の​脚注​参照。
「群衆」の​意。ヘ語,ハモーナー。11,15​節の​ハモーン​の​女性​形。
「兵車​の​御者」。または,「騎兵」,七十訳,シリ訳,ウル訳​と​一致​さ​せ​て; マソ本,「戦車」。
「あらゆる​戦士」。字義,「戦い​の​人[ヘ語,イーシュ]すべて」。
「わたし​は​また……自ら​を​神聖​な​もの​と​する」。または,「わたし​は​また……自ら​を​神聖​な​もの​と​みなす聖​なる​者​と​し​て​扱う)」。ヘ語,ウェニクダシュティー; ギ語,ハギアステーソマイ; ラ語,サンクティフィカートゥス