内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エゼキエル 33:1‐33

33  また,エホバ言葉引き続きわたし臨ん言った,  「人よ,あなた語れ+。あなた彼ら言わなけれならない, 「『ある関して,もしわたしそこもたらし+,その*こぞってひとり実際取り*,これ自分たち見張り*立て+  そのその来る本当見,角笛*吹き鳴らし警告+  聞く角笛実際聞き,それ警告全く受け入れ+,剣その奪い去るなら,彼自身帰する+  角笛聞いが,警告受け入れなかっある。彼自身帰する。だが,彼自ら警告受け入れなら,彼*逃れことあろ+  「『さて,見張り関しあるが,剣来るも,実際角笛吹き鳴らさ+,それ少し警告受けず,剣彼らから奪い去るなら,それそれ自身とがため必ず奪い去られる+。しかし,わたしその返済その見張り*求める+』。  「さて,人よ,あなた関しあるが,わたしあなたイスラエル対する見張り+。あなた必ずわたしから言葉聞き,わたしから警告彼ら与えなけれならない+  わたし邪悪に,『邪悪よ,あなた必ず死ぬ+!』と言うに,あなたその邪悪実際警告て,そのから[離れる]ようはっきり言わないなら+,その邪悪自分とがうち死ぬことなる+。しかし,わたしその返済あなた求める。  しかしあなた関しは,あなた邪悪そのから立ち返るようそれつい実際警告に,その実際自分から立ち返らないなら,彼自分とがうち死ぬあっ+,あなた自身必ず自分*救い出すあろ+ 10  「さて,人よ,あなたは,イスラエル言え,『あなた方こう言った。「わたしたち反抗わたしたちあり,わたしたちその朽ち果て行くだから+,どうしてわたしたち生きつづけるだろか」と+』。 11  彼ら言え,『「わたし生きいる」と,主権なるエホバお告げなる,「わたしは,邪悪なく,邪悪そのから立ち返っ+,実際生きつづける+こと喜ぶ+。立ち返れ。あなた方から立ち返れ+。なぜなら,イスラエルよ,どうしてあなた方死んあろ+」』。 12  「そして,人よ,あなたは,あなた言え,『義なるいえども,それその反抗これ救い出すことない+。しかし邪悪邪悪関しは,そのその邪悪から立ち返るは,彼それよっつまずかされることない+。また,義持っいるあっも,それ犯すは,[その義]のゆえに生きつづけるいうことない+ 13  わたしなるに,「あなた必ず生きつづける」と言うに,彼自分実際依り頼ん不正行なうなら+,彼なる行為どれ思い出されることなく,その行なっ不正ために ― そのため死ぬあろ+ 14  「『また,わたし邪悪に,「あなた必ず死ぬ」と言う+,彼実際自分から立ち返っ+公正行ない+ 15  [そして]その邪悪質物返し+,奪い取っ+返還し,不正行なわ法令よっ実際歩むなら+,彼必ず生きつづけるあろ+。彼死なない。 16  彼犯しどれ対し思い出されることない+。公正行なっある。彼必ず生きつづけるあろ+』。 17  「そして,あなたは,『エホバ*正しく調整ない』と言っ+。しかし彼らついは,正しく調整ない彼らある。 18  「義なるその離れて,実際不正行なうなら,彼必ずそのため死ぬ+ 19  また,邪悪その邪悪から立ち返って,公正実際行なうなら,それため生きつづけるあろ+ 20  「また,あなた方は,『エホバ*正しく調整ない』と言っ+。イスラエルよ,わたしあなた方各々そのしたがって裁くあろ+」。 21  ついに,わたしたち流刑十二目,第十[の月],そのなって,エルサレムから逃れわたしところ+,「都打ち倒さました!」と言っ+ 22  さて,その逃れ来る夕方,エホバみ手わたしあっ+,[そのが]朝わたしところ来る以前に,[]はわたし開きはじめられで,わたし開かれ,わたしもはやきけないなくなっ+ 23  そして,エホバ言葉わたし臨ん言いはじめた, 24  「人よ,これら荒れ廃れ場所住民+イスラエル土地関して,『アブラハムたっだっに,この所有するようなっ+。だが,わたしたち大勢いる。このわたしたち所有するもの与えられだ』と言っいる+ 25  「それゆえ,彼ら言え,『主権なるエホバこのよう言わた。「あなた方*食べつづけ+,あなた方糞像上げつづけ+,絶え注ぎ出す+。それなのに,あなた方この所有よいだろ+ 26  あなた方自分頼っ*+。あなた方*忌むべきこと行ない+,各々その汚し+。それなのに,あなた方この所有よいだろ+」』。 27  「あなた彼らこのよう言うべきある。『主権なるエホバこのよう言わた。「わたし生きいる。荒れ廃れ場所いるたちまさしくよっ倒れる+。野いるわたし必ず野獣食物与える+。強固場所洞くついるたち+疫病よっ死ぬあろう。 28  そして,わたし実際その荒れ果て+,まさしく荒廃するあろう。その強さ誇り必ず絶やさ+,イスラエル山々必ず荒廃させられ+,[そこを]通るだれない。 29  そして,彼ら行なっそのすべて忌むべきことため+,わたしその荒れ果て所,まさしく荒廃するとき,彼らわたしエホバあること知らなけれならなくなる+」』。 30  「そして,人よ,あなたついあるが,あなた城壁傍ら入口あなたつい互い話しいる+。一もうに,各々その兄弟話し言った,『どうか,来欲しい。エホバから出る言葉どんなもの聞きなさい+』。 31  こうて,彼ら入っ来るときように,あなたもと入って,わたしあなた座るあろ+。彼ら確かあなた言葉聞くが,これ行なわないあろ+。彼らみだら欲望言い表わし,その不当利得慕っ行くからある+ 32  そして,見よ,あなた彼らとっ官能ようあり,声きれいで,上手弦楽器奏でるよう+。そして彼ら確かあなた言葉聞くが,これ行なうだれない+ 33  そしてそれ実現するとき ― 見よ,それ必ず実現する+ ― 彼らまた,自分たち預言こと知らなけれならなくなる+」。

脚注

「その」。ヘ語,アムハーアーレツ。後侮べつ表現用いられた。ヨハ 7:47‐49比較。
または,「その人[ヘ語,イーシュ]を,そのからひとり実際取り」。
または,「自分たち見張りて」。ヘ語,ラーヘム レツォーフェ
または,「ショファル」。
または,「彼」。ヘ語,ナフショー; ギ語,プシュケーン; ラ語,アニマム。付録4イ参照。
または,「見張り番」。
または,「自分」。ヘ語,ナフシェカー。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
17脚注参照。
字義,「血で」。
「に頼った」。字義,「の立った」。
「あなた方」,男性複数形,タル,シリ訳,および18ヘブライ写本; マソ本,「あなた方」,女性複数形。