内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エゼキエル 32:1‐32

32  そして,さらに,第十二年,第十二月,その一[日]に,エホバ言葉わたし臨ん言った,  「人よ,エジプトファラオ関し哀歌唱え,あなた言わなけれならない,『国々たてがみある若いライオンは,あなた沈黙られ+ 「『また,あなた巨獣ようあっ+。あなたその川々*暴れ回り,足濁らせ,その川々汚しつづけた』。  「なるエホバこのよう言わた。『わたしまた,多く会衆よっわたし+あなた広げる。彼ら*必ずあなたわたし引き網+入れる。  そして,わたしあなたその放置する。わたしあなた投げうつあろ+。そしてあなたすべて飛ぶ生き物住まわせ,全地野獣あなたよっ満ち足らせる+  また,わたしあなた山々置き,あなた残りくず*満たす+  また,山で,そのに,あなた排出を,あなた+から飲み干させる。川床あなたからもの満たされるあろう』。  「『そして,あなたれるとき,わたし覆い,その暗くする。太陽ついは,わたしもっこれ覆い,月輝かないあろ+  天すべて光体 ― わたしあなたためこれ暗くし,あなた置く』と,なるエホバお告げなる。  「『そして,わたし国民いるあなたから捕らわれ*を,あなた知らなかっ連れ行くとき+,わたし多く怒らせる。 10  そしてわたしあなたこと必ず畏敬抱か+,彼らたちも,わたし彼ら面前振り回すとき+,あなたこと戦りつ覚え身震いし,あなた没落に,彼ら各々自分ため絶えおののかなけれならなくなる+』。 11  「なるエホバこのよう言わからある。『バビロンあなた臨む+ 12  わたしあなたあるたちよっ倒す。彼ら皆,諸国民圧制たちある+。彼らエジプト誇り実際奪略し,その群衆みな必ず滅ぼし尽くされる+ 13  また,わたし傍らからそのすべて家畜滅ぼす+。地もはやこれ濁さ+,家畜ひづめさえこれ濁さない』。 14  「『そのとき,わたしその澄んものし,そのよう流れさせるあろう』と,なるエホバお告げなる。 15  「『わたしエジプト荒れ果てし,その満ちいるもの荒廃られるとき+,わたしそこ住むみな打ち倒すとき,彼らわたしエホバあること知らなけれならなくなる+ 16  「『これあり,人々必ずこれ詠唱する。諸国民たちこれ詠唱する。エジプトその群衆関しこれ詠唱する+』と,なるエホバお告げなる」。 17  そして,さらに,第十二*,その十五[日]に,エホバ言葉わたし臨ん言った, 18  「人よ,エジプト群衆こと嘆き悲しみ,これを,彼女威光ある国民たちを,坑下っ行くたち++下らせよ+ 19  「『あなただれもっと快いあるいう+。下っ行け。あなた必ず割礼受けないたち横たえられる+!』 20  「『彼打ち殺さたち倒れる+。彼女剣[に]渡さた。あなた方彼女そのすべて群衆引き連れ行け。 21  「『力ある主立ったちは,彼助けたちに,シェオルから話しかける+。彼ら必ず下っ行くあろ+。彼らは,剣よっ打ち殺さ割礼受けない必ず横たわる。 22  そこアッシリアすべて会衆いるある+。彼埋葬その周りある。彼らみな打ち殺さたち,剣よっ倒れるたちある+ 23  彼埋葬一番置かからある+。その会衆その周りある。彼らみな打ち殺され,剣よっ倒れるたちある。彼ら生ける恐怖生じさせからある。 24  「『彼周りエラム+そのすべて群衆いる。彼らみな打ち殺さ者,剣よっ倒れたちあり,割礼受け下っ行った。彼ら生ける恐怖生じさせたちある。彼ら下っ行くたち辱め負う+ 25  彼打ち殺さたち彼女ため寝床設け+,[それを]彼女すべて群衆置いた。彼女埋葬その周りある。彼らみな割礼受けおらず,剣よっ打ち殺さたちある+。彼ら恐怖生ける生じからある。彼ら下っ行くたちその辱め負う。彼*打ち殺さたち置かある。 26  「『そこメシェク+[と]トバル+すべて群衆いるある。彼女埋葬周りある。彼らみな割礼受けおらず,剣よっ刺し通さたちある。彼ら生ける恐怖生じさせからある。 27  そして,割受けないたちから倒れて,シェオル戦い武器下っ行っあるたち一緒彼ら横たわらないだろ*+。そして彼らその置き,そのとが彼らあることあろ+。力あるたち生けるおける恐怖だっからある+ 28  そしてあなた*は,割受けないたち打ち砕かれ,剣よっ打ち殺さたち横たわる。 29  「『そこエドム+が,そのたちそのすべてたちいるある。彼ら強かっが,剣打ち殺さたち置か+。彼ら割礼受けない+下るたち横たわる。 30  「『そこ君侯たちが,そのすべてが,そしてすべてシドン+いるある。彼らその力強さゆえに恐ろしい[存在]であっが,打ち殺さたちに,恥じ下っ行った。そしてよっ打ち殺さたちに,割礼受け横たわり,坑下るたち辱め負うあろ+ 31  「『これらファラオたちある。彼自分すべて群衆こと必ず慰め受けるあろ+。ファラオそのすべて軍勢よっ打ち殺されるなる』と,なるエホバお告げなる。 32  「『それは,彼生ける恐怖*生じさせ*からある+。彼割礼受けないたちに,剣よっ打ち殺さたち,すなわちファラオそのすべて群衆必ず横たえられる』と,なるエホバお告げなる」。

脚注

「その川々で」。あるいは,次よう読むしれない,「鼻鳴らしいる間」; または,「その鼻孔よって」,わずか訂正よる。
「彼ら」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 七十訳,ウル訳,「わたし」。
「残りくず」,マソ本; 七十訳,「血」; シリ訳,「うじ」; ウル訳,「腐敗血」。
「捕らわれ一団」,七十訳; マソ本,シリ訳,「崩壊[または,壊さ部分]」。
七十訳は,「第月」を付け加えいる; マソ本,タル,シリ訳,ウル訳省いいる。
または,「それ」,マソ本; タル,シリ訳,ウル訳,「彼ら」。
または,「彼ら横たわらないあろう」。
「あなた」,男性単数形。
「彼恐怖」,マソ本,七十訳,シリ訳; マソ本欄外,ウル訳,「わたし恐怖」。
「彼が……させた」。「恐怖」(字義,「彼恐怖」)のマソ本おける人称接尾辞「彼の」に一致わずか訂正よる; マソ本,七十訳,シリ訳,ウル訳,「わたしが……させた」。