内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エゼキエル 21:1‐32

21 * また,エホバ引き続きわたし臨ん言った,  「人よ,あなたエルサレム向け,聖なる場所向かっ+[言葉を]滴らせ+,イスラエル土地対し預言せよ+  そしてあなたイスラエル言わなけれならない,『エホバこのよう言わた。「いまわたしあなた攻め+,わたしさやから抜き放ち+,義なる邪悪あなたから断ち滅ぼす+  それは,わたしあなたからなる邪悪実際断ち滅ぼすためあり,それゆえ,わたしそのさやからて,南からすべてなるもの攻める+  そしてすべてなるものは,わたしが,エホバが,わたしさやから抜き放っこと知らなけれならなくなる+。もはやそれ戻らない+」』。  「そして,人よ,あなたは,腰震わせ*+溜め息つけ。あなた苦しみ抱い彼ら溜め息つくべきある+  そしてが,『あなたゆえに溜め息ついいる+』とあなた言うなら,あなたは,『知らせ[を聞いた]ため+』と言わなけれならない。それ必ず来るからある+。すべて必ず溶け+,すべて必ず垂れ下がり,すべて必ず打ちひしがれ,すべてひざから滴る*+。『見よ,それ必ず+,起こるあろう』と,なるエホバお告げなる」。  また,エホバ引き続きわたし臨ん言った,  「人よ,預言せよ。あなた言わなけれならない,『エホバ*このよう言わた。「言え,『剣だ,剣+! それ研が+。また,磨かた。 10  それりく遂げるため研がた。それきらめき*得るため磨か+』」』」。 「それとも,わたしたち歓喜よう+」。 「『それすべて+[にする]ように,わたし++退けるだろか。 11  「『そして,人磨かせるためそれ渡す。[それを]手振るうためある。それは ― 剣研がれ,それは ― それ磨かた。殺すそれ渡すためある+ 12  「『人よ,叫んで,泣きわめけ+。それわたし攻めることなっからある+。それイスラエルすべて攻める+。剣投げ与えられるたちわたしもといることなっ+。それゆえ,股を[平手で]打て+ 13  絶遂げられからある+。それまた,笏退けも,[それが]何いう+。これ*存続ない+』と,なるエホバお告げなる。 14  「そして,人よ,あなたは ― 預言せよ。たなごころたなごころ打ち合わせ+。そして,『剣だ!』と,三繰り返すべきある+。それ打ち殺されるたちある。それは,打ち殺される,大いなるあり,彼ら取り巻いいる+ 15  心溶かすため+,打ち倒されるそのすべて増やすため+,わたしよっ殺りく行なう。ああ,それきらめき*ためものされ,殺りくため磨か+ 16  鋭こと示せ*+。右行け! 立場定めよ。左行け! どこあれ,お前向くへ! 17  そしてわたしまた,一方たなごころ他方たなごころ打ち合わせ+,わたし激しい怒り+休ませるあろ+。わたしが,エホバ語っある」。 18  また,エホバ引き続きわたし臨ん言った, 19  「そして,人よ,あなたは,バビロン*入っ来る二つ自分ため設けよ+。一つからその両方出るようし,指[じるし]を切り取るべきある*+。都至るそれ切り取るべきある。 20  一を,剣アンモンラバ+向かっ入っ来るよう設け,[一つを]ユダに,防備施さエルサレム向け+ 21  バビロンその分かれ道*,二つ立ち止まっからある。占い+するためある。彼振った。テラフィム*+よっ伺い立てた。肝調べた。 22  彼右手占いエルサレムた。破城づち据え+,打ち殺すため*開き,警報上げ+,門向かっ破城づち据え,攻囲塁壁盛り上げ,攻囲築け+,と。 23  そして,それとって,彼ら真実ない占いようなっ+ ― それら誓い立てさせられ彼ら[にとっ+]。彼とが思い出す+。[彼らが]捕らえられるためある+ 24  「それゆえ,なるエホバこのよう言わた。『あなた方は,自分たち違犯あらわされることよっ自分たちとが思い出させるよういるで,それあなた方あなた方すべて行ないしたがってられるようなるためあるが,あなた方思い出される+,あなた方まさによっ捕らえられる+』。 25  「そして,致負っイスラエル邪悪++,その終わりとがあなたつい+ 26  なるエホバこのよう言わた。『ターバン取り除き,冠取り外せ+。これ*同じ*なくなるあろ+。低いもの高く+,高い低くせよ+ 27  わたしそれ*滅,破滅,破滅*する+。これ*ついまた,それ法的権利持つ来るまで,決して[だれものも]ならない+。わたしそのに[これ*]必ず与える+』。 28  「そして,人よ,あなた預言せよ。あなた言わなけれならない,『なるエホバは,アンモン彼らからそしり関しこのよう言わた』。そして,あなた言わなけれならない,『剣,剣,[それは]殺りくため抜かれ,むさぼり食うようなるため*,きらめくよう磨か+ 29  [彼が]あなた*ため実在ないもの見,あなたため偽り占っいるからある+。つまり,打ち殺さたち,すなわちその終わりとが邪悪たちあなた置くためある+ 30  [それを]さやせ。あなた創造場所,あなた出身+わたしあなた裁くあろう。 31  そしてわたしあなた注ぎ出す。わたし憤怒もって,わたしあなた吹きつけ+,道理わきまえないたち,滅ぼすこと巧みたちあなた渡す+ 32  あなたため燃料なる+。あなたそのあることなる。あなた思い出されることない。わたしが,エホバ語っからある+』」。

脚注

タル,シリ訳,ウル訳ここから21始まっいる。
字義,「腰崩壊に」。
すなわち,恐れあまり尿漏らすことより。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
字義,「稲妻」。ヘ語,バーロク。
字義,「それ」,男性形。「剣」(女性)でなく,「笏」(男性)を指しいる。
10脚注参照。
「鋭いこと示せ」,女性形。「剣」に語りかけられいる。
「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,タル,シリ訳,「バベル」。
「切り取るべきある」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
「その分かれ道」。字義,「その母」。
「テラフィム」,マソ本; 七十訳,「彫刻像」; ウル訳,「偶像」。
または,「ときために」,字母入れ替えより。
「これ」。ヘ語,ゾート,女性形。
「同じ」。字義,「これ」,女性形。
「それ」,女性形。
または,「ゆがみ(ねじ曲げること)」。
「これ」。ヘ語,ゾート,女性形。
すなわち,正当を。
「むさぼり食うようなるため」。または,「絶滅ため」。
「あなた」,女性単数形。アンモンラバ指すもの思われる。