アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

エゼキエル 2:1-10

2  それで,この方はわたしに言われた,「人の子*+,あなたの足で立ち上がれ。わたしがあなたと話すためである+」。  そしてその方がわたしに話されると,霊が直ちにわたしの内に入るようになり+,それ*はついにわたしを足で立ち上がらせ,わたしはわたしに語る[の言われること]を聞くようになった+  そして,その方は続けて言われた,「人の子よ,わたしはあなたをイスラエルの子らのもとに,わたしに反逆した反逆の国々の民+のもとに遣わす+。彼らもその父祖たちも,まさにこの日に至るまでわたしに対して違犯をおかしてきた+  そして,顔が不遜で+,心の固い子ら+―わたしは彼らのもとにあなたを遣わすのである。あなたは彼らに言わなければならない,『主権者なる主エホバ*はこのように言われた』と。  そして彼らについていえば,彼らが聞こうが+聞くまいが+―彼らは反逆の家であるので+―彼らは預言者が自分たちの中にいたことをも必ず知るようになる+  「そして,人の子よ,あなたは彼らを恐れてはならない+。また彼らの言葉を恐れてはならない。かたくなな者たち+と,あなたを刺す物+とがあり,あなたはさそり+の間に住んでいるからである。彼らの言葉を恐れてはならない+。また,彼らの顔を見て恐怖の念を抱いてはならない+。彼らは反逆の家だからである+  そして彼らが聞こうが聞くまいが,あなたはわたしの言葉を彼らに話さなければならない。彼らは反逆の者だからである+  「そして,人の子よ,あなたはわたしがあなたに話すことを聞け。反逆の家のように反逆する者となってはならない+。口を開き,わたしがあなたに与えるものを食べよ+」。  それで,わたしが見はじめると,見よ,手がわたしに向かって突き出された+。すると,見よ,その中に一つの書の巻き物があった+ 10  そして,その方はわたしの前で徐々にそれを広げてゆかれたが,それは表も裏も書き込まれていた+。それには哀歌と,うめきと,どうこくが書かれていた+

脚注

「人の子」。ヘ語,ベン・アーダーム; これはエゼキエルに93回出て来る表現の最初の例。ギ語,ヒュイエ アントロープー; ラ語,フィーリー ホミニス。
「それ」,女性形。「霊」(女性)を指している。
「主権者なる主エホバ」。ヘ語,アドーナーイ エホーウィ。卓越を表わす複数形のアドーナーイを伴う。そのため,「主権者なる主エホバ」と訳される; タル,「エホバ神」; シリ訳,「主の主」; ラ語,ドミヌス デウス; ルター訳(ドイツ語,1912年版),der Herr HErr,「主なるエホバ)」。この表現が最初に出て来るのは創 15:2で,エゼキエルには217回出ている。付録1ホ参照。