内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

エゼキエル 19:1-14

19  「そしてあなたは,イスラエルの長たちに関して+哀歌を唱えよ+  あなたは言わなければならない,『あなたの母は何だったのか。ライオン*+の中の雌ライオンであった。それはたてがみのある若いライオンの中に伏した。彼女はその子らを育てた。  「『そして,彼女はやがてその子らの一頭を育て上げた+。それはたてがみのある若いライオンとなり,獲物を引き裂くことを学ぶようになった+。それは地の人*をもむさぼり食った。  そして,国々の民は絶えず[そのライオン]について聞くのであった。それは彼らの坑に捕らえられ,彼らはそれを鉤*にかけてエジプトの地に連れて行った+  「『彼女は自分が待っていた[のに],望みが滅びうせたのを見て,今度はその子らのうちの別の一頭を取った+。彼女はこれをたてがみのある若いライオンとして送り出した。  そして,それはライオンの中を歩き回るようになった。それはたてがみのある若いライオンとなった。そしてやがて獲物を引き裂くことを学んだ+。それは地の人をもむさぼり食った+  そしてその住まいの塔*を知るようになり,その諸都市をも荒れ廃れさせた+。そのために,その地は荒廃させられ,彼は[その地]を自分のほえ声で満たした+  そして,周囲にいる管轄地域からの国々の民は彼を攻める*ようになり+,その上に彼らの網を広げた+。それは彼らの坑に捕らえられた+  ついに彼らはそれを鉤*にかけておりに入れ,バビロン*の王のもとに連れて行った+。彼らはこれを狩猟の網によって連れて行った。その声がイスラエルの山々+の上でもはや聞かれることのないようにするためであった。 10  「『あなたの母+は,水のほとりに植えられたあなたの血の中の*ぶどうの木のようであった+。それは豊かな水のために実を結ぶ者となり,枝で満ちた+ 11  そして,それは彼女のために強い杖,支配者の笏となるべきものとなった+。また,その高さは枝の中にあって高くなり,それはその高さとその豊かな葉とのゆえに見えるようになった+ 12  しかし,彼女はついに憤怒のうちに根こぎにされた+。それは地に投げつけられ,東風が起こってその実を干からびさせた+。その強い杖はもぎ取られて乾いた+。火がそれをむさぼり食ったのである+ 13  そして今や,彼女は荒野に+,水のない乾いた地に植えられている+ 14  そして,火が[その]杖から出た+。それは彼女の若枝を,その実をむさぼり食い,彼女のうちには強い杖,支配のための笏はなくなった+ 「『これは哀歌であり,そして哀歌となる+』」。

脚注

「ライオン」。ヘ語,アラーヨート。アフリカライオン。
「地の人」。ヘ語,アーダーム。
または,「いばら」; 綱に付けて引いて行くため,動物やとりこのほほや鼻に突き通した。
「住まいの塔; 宮殿」,字母を一つ置き換えることによる; マソ本,「窓」。
「彼に向かって陣営を張る」と読むのかもしれない。マソ本をわずかに変えることによる。
19章4節の脚注参照。
「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,タル,シリ訳,「バベル」。
「あなたの血の中の」,マソ本,シリ訳,ウル訳; 二つのヘブライ語写本,「あなたのぶどう園の」; タル,「(ぶどうの木に)似ていた」。