内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エゼキエル 13:1‐23

13  また,エホバ引き続きわたし臨ん言った,  「人よ,預言いるイスラエル預言たち関し預言せよ+。あなたは,自分まま預言するたち言わなけれならない+,『エホバ言葉聞け+  なるエホバこのよう言わた。「何なかっに,自分*したがって歩んいる+愚鈍+預言たち災い+  イスラエルよ,あなたたちは,荒れ廃れいるきつねようなっしまっ+  あなた方は,エホバ+戦い*立つため,決して割れ目上っ行くこと+,イスラエルため石壁築くことない+」。  「彼真実こと偽り占い+。彼らは,エホバ遣わさなかっに,『エホバお告げは』と言っいるたちある。そして言葉実現する待っ+  わたし話さなかっに,あなた方は『エホバお告げは』と言うが,あなた方真実幻,あなた方述べ偽り占いない+」』。  「『それゆえ,なるエホバこのよう言わた。「『あなた方真実語り,偽りで,それゆえに,いまわたしあなた方敵対する+』と,なるエホバお告げなる」。  またわたしは,不真実見,偽り占っいる預言たち敵対するものなっ+。彼らわたし親しい+集いいつづけることなく,イスラエル登録簿*記載れること+,イスラエル土地来ることない+。そしてあなた方*わたしなるエホバあること知らなけれならなくなる+ 10  それは,彼が,平安ないに,「平安だ!」と言っ+わたし迷わせため,実そのためある。また,仕切り建ているいるが,無駄+しっくい塗るたちいる+』。 11  「水しっくい塗るたちに,それ落ちる言え。みなぎりあふれる大雨必ず生じ,雹よ,お前たち降っ来る*。また,風あらし突風*割れ目生じさせる+ 12  そして,見よ,その必ず倒れる。『あなた方塗っ塗料*どこある+』と,あなた方言われるないか。 13  「それゆえ,なるエホバこのよう言わた。『わたしまた,わたし激しい怒りうちあらし突風吹き起こさせ,わたし怒りうちに,みなぎりあふれる大雨生じ,激しい怒りうち絶滅ため臨む+ 14  そしてわたしは,あなた方しっくい塗っ打ち壊し,それ触れさせる。その必ずあらわされる+。また,彼女*必ず倒れ,あなた方その必ず終わり迎える。そしてあなた方わたしエホバあること知らなけれならなくなる+』。 15  「『そしてわたしは,壁と,それしっくい塗るたち対するわたし激しい怒り終わり至らせ,そしてあなた方言うあろう,「壁もうない。それしっくい塗るたちもうない+ 16  [すなわち]エルサレムかっ預言し,平安ないに,彼女ため平安いるイスラエル預言たち+は」』と,なるエホバお告げなる+ 17  「そして,人よ,あなたは,女預言+自分まま行動いる+あなたたち向け+,彼ら向かっ預言せよ。 18  そしてあなたなけれならない,『なるエホバこのよう言わた。「すべてひじ*ひも縫い合わせ,あらゆる大きさベール作っ*狩り立てるたち災い+! あなた方追い詰めるは,わたし属するものか。あなた方生き長らえさせるは,あなた方属するか。 19  そして,あなた方握り大麦ために,わずかばかりパンために,わたし対しわたし汚そする+。わたし民,すなわち偽り聞くたち対するあなた方偽りよって,死ぬべきない死な+,生きるべきない生き長らえさせるため+」』。 20  「それゆえ,なるエホバこのよう言わた。『いまわたしは,あなた方が,魂あたかも飛ぶあるよう*追い詰める用いるそのひも敵対し,あなた方からそれらはぎ取り,あなた方まるで飛ぶあるよう追い詰めいる魂,その*放たせる*+ 21  また,わたしあなた方ベールはぎ取り,あなた方からわたし救い出す。彼らもはや狩り捕らえられものようあなた方あることない。そしてあなた方わたしエホバあること知らなけれならなくなる+ 22  わたしなる痛み覚えさせなかっに,[あなた方は]その偽り+落胆せ,また邪悪強く+,彼そのから立ち返っ生き長らえることないようする+ 23  それゆえ,女あなた方真実つづけることなく+,占い+する+こともはやない+。わたしあなた方からわたし救い出し+,あなた方わたしエホバあること知らなけれならなくなる+』」。

脚注

「自分」。ヘ語,ルーハーム; ラ語,スピーリトゥム; ギ語,カルディアス,「心」。
または,「戦争」。
「登録簿」。字義,「書き物」。
「あなた方」,マソ本,タル,シリ訳,ウル訳; 七十訳,「彼ら」。
「雹よ,お前たち降っ来る」,マソ本; 七十訳,「わたし彼ら結合投石送り,それら倒れる」; ウル訳,「わたし突進する非常大きなから送る」。
「の突風」。ヘ語,ウェルーアハ; ギ語,プネウマ; ラ語,ウェントゥム,「風」。
または,「しっくい」。
または,「それ」,女性単数形; 「壁」(男性)を指しいるない。都市指すあろう。
字義,「手関節」。
「魂」。ヘ語,ネファーショート,女性複数形; ギ語,プシュカス; ラ語,アニマース。
または,「あたかもはえあるように」。
「魂」。ヘ語,ネファーシーム。ネフェシュ(女性)の男性複数形。マソ本来るただ一つ箇所; したがって,「自由たち」という意味ホフシーム読むべきしれない。
字義,「送り出す」。