アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

エゼキエル 10:1-22

10  そして,わたしが引き続き見ていると,見よ,ケルブたちの頭上にあった大空+の上に,何かサファイアの石のようなもの+,見たところ王座+のようなものが彼らの上方に現われた。  そして,その方は亜麻布をまとった人+にさらに言われた。こう言われた。「車輪の間+,ケルブ*の下に入り,ケルブの間から炭火+を取って両の手のくぼみに満たし,[それを]都の上にまき散らせ+」。それで,彼はわたしの目の前で入って行った。  そして,その人*が入ったとき,ケルブたちは家の右側に立っており,雲が奥の中庭を満たしていた+  そして,エホバの栄光+がケルブたちから昇って家の敷居に移り,家はやがて雲で満たされるようになり+,中庭もエホバの栄光の輝きで満ちた。  すると,ケルブたちの翼の音+が外庭にまで聞こえ渡った。それは全能の神*が語られるときの音+のようであった。  そして,その方が亜麻布をまとった人に命じて,「車輪の間から,ケルブの間から火を取れ」と言われたとき,彼は入って行って輪の傍らに立った。  それから,[ひとりの]ケルブは手をケルブたちの間から,ケルブたち+の間にあった火+に突き出し,[それを]運んで,亜麻布をまとった者+の両の手のくぼみに置いた。次いで,その者は[それを]取って,出て行った。  そして,ケルブたちには地の人*の手の形をしたものがあり,それはその翼の下に見えた+  そして,わたしが引き続き見ていると,見よ,ケルブの傍らに四つの輪が,一つのケルブの傍らに一つの輪,もう一つのケルブの傍らに一つの輪があり+,その輪は見たところ貴かんらん石のきらめきのようであった。 10  そしてその外見はというと,それら四つのものの姿は一つであり,輪の中に*輪があるときのようであった+ 11  それらは行くとき,四つの側*に行くのであった。それらは行くとき,方向を変えることはなかった。頭の向かう所へ,そのあとについて行くのであった。それらは行くとき,方向を変えることはなかった+ 12  そして,そのすべての体と背と手と翼と輪には,周囲に目がいっぱいついていた+。それら四つのものには輪があった。 13  その輪については,それに向かって,わたしの聞こえる所で,「車輪よ!」と呼びかけられた。 14  そして,[各々の]者には四つの顔があった+。第一の顔はケルブの顔,第二の顔は地の人*の顔+,第三の顔はライオンの顔,第四の顔は鷲+の顔であった。 15  そして,ケルブたちは昇って行くのであった+―それはわたしがケバル川で見たのと[同じ]生き物であった+ 16  そしてケルブたちが行くとき,輪はそのそばを行き+,ケルブが翼を上げて地上に高く上るとき,輪もそのそばから方向を変えることはなかった+ 17  これが立ち止まると,それも立ち止まり,これが昇ると+,それもこれと共に昇るのであった。生き物*の霊がその中にあったからである+ 18  そして,エホバの栄光+は家の敷居の上から出て行き,ケルブたちの上で立ち止まった+ 19  次いで,ケルブたちはその翼を上げて,わたしの目の前で地から昇って行った+。彼らが出て行くとき,輪もまた彼らのすぐそばにあった。彼らはエホバの家の門の東側の入口に立ちはじめた。イスラエルのの栄光は上方から,彼らの上にあった。 20  これは,わたしがケバル川+で,イスラエルの*の下に見た生き物+であったので,わたしは彼らがケルブであることを知ったのである。 21  その四つのものについては,[各々]に四つの顔+があり,[各々]に四つの翼があり,地の人*の手のようなものが彼らの翼の下にあった。 22  またその顔の有様については,その外見はわたしがケバル川のほとりで見た顔,まさにそれと同じものであった+。彼らは各々まっすぐに前進するのであった+

脚注

「ケルブたち」,七十訳,ウル訳9:3,「ケルブたち」の脚注参照。
「その」。ヘ語,ハーイーシュ
「全能の神」。ヘ語,エール・シャッダイ; ギ語,テウー サッダイ; ラ語,デイー オムニポテンティス。
「地の人」。ヘ語,アーダーム。
1:16の脚注参照。
または,「四つの方向」。
「地の人」。ヘ語,アーダーム。
生き物」。ヘ語,ハハイヤー; 七十訳,ウル訳,「命」。
「イスラエルの神」。ヘ語,エローヘー・イスラーエール。
「地の人」。ヘ語,アーダーム。