内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

エゼキエル 1:1‐28

1  さて,第​三十​年,第​四​の[月],その​月​の​五[日],わたし​が​ケバル​川​の​ほとり​で​+流刑​の​民​の​中​に​い​た​とき​+の​こと​で​ある​が,天​が​開け+,わたし​は​*の​幻​+を​見る​よう​に​なっ​た。  その​月​の​五[日],すなわち​エホヤキン​*+の​流刑​の​五​年​目[に],  カルデア​人​の​地+,ケバル​川​の​ほとり​で,エホバ​の​言葉​が​祭司​ブジ​の​子​エゼキエル​+に​特に​臨み+,その​地​で​エホバ​の​み手​が​彼​の​上​に​置か​れ​た+  そして,わたし​が​見​はじめる​と,見よ,大​暴風​*+が,大きな​雲塊​+と​震え​動く​火​+が​北​から​進ん​で​来る​ところ​で​あっ​た。その​*周囲​に​は​輝き​が​あり,その​*中,その​火​の​中​から,こはく​金​*の​よう​に​見える​もの​が​現われ​た+  また,その​中​から​四つ​の​生き物​*の​よう​な​もの​+が​現われ​た。彼ら​は​この​よう​に​映っ​た。すなわち,その​姿​は​地​の​人​*の​よう​で​あっ​た。  そして[各々]四つ​の​顔​が​あり+,彼ら​は[各々]四つ​の​翼​を​持っ​て​い​た+  また,彼ら​の​足​は​まっすぐ​な​足​で,その​足​の​裏​は​子牛​の​足​の​裏​の​よう​で​あり+,磨き上げ​た​銅​の​きらめき​に​よる​か​の​よう​に​*輝い​て​い​た+  また,彼ら​の​四方​の​翼​の​下​に​は​人​*の​手​が​あり+,その​四つ​の​もの​に​は​顔​と​翼​が​あっ​た+  彼ら​の​翼​は​互い​に​連なっ​て​い​た。彼ら​は​行く​とき,回ら​ず​に​各々​まっすぐ​に​前進​する​の​で​あっ​た+ 10  そして,その​顔​の​有様​に​つい​て​いえ​ば,その​四つ​の​もの​に​は​人​+の​顔​が​あり,右​に​は​ライオン​+の​顔​が​あり+,その​四つ​の​もの​に​は​左​に​雄牛​+の​顔​が​あり+,その​四つ​の​もの​に​は​また,鷲​の​顔​が​あっ​た+ 11  彼ら​の​顔​は​その​よう​で​あっ​た。そして,彼ら​の​翼​+は​上​に​向かっ​て​広がっ​て​い​た。各々[の​翼]二つ​は​互い​に​連なっ​て​おり,二つ​は​体​を​覆っ​て​い​た+ 12  そして,彼ら​は​各々​まっすぐ​に​前進​する​の​で​あっ​た+。どこ​へ​で​も​霊​*の​行こ​う​と​する​所​へ​行く​の​で​あっ​た+。彼ら​は​行く​とき,回ら​なかっ​た+ 13  また,その​生き物​*の​姿​は​と​いえ​ば,彼ら​の​外見​は​燃える​炭火​の​よう​で​あっ​た+。たいまつ​の​よう​に​見える​もの​+が​生き物​の​間​を​行き来​し​て​おり,その​火​は​明るく,その​火​の​中​から​稲妻​が​出​て​い​た+ 14  そして​それら​の​生き物​に​つい​て​は,稲妻​の​よう​に​出​たり​戻っ​たり​する​こと​が​あっ​た+ 15  わたし​が​それら​の​生き物​を​見​て​いる​と,何と,見よ,地​の​上​に,それら​の​生き物​の​そば​に,各々​の​四つ​の​顔​+の​傍ら​に,一つ​の​輪​が​あっ​た+ 16  その​輪+の​外見​と​作り​は,貴かんらん石​+の​きらめき​の​よう​で​あり,その​四つ​の​もの​は​一つ​の​姿​を​し​て​い​た。そして​その​外見​と​作り​は,輪​の​中​に​*輪​が​ある​とき​の​よう​で​あっ​た+ 17  それら​は​行く​とき,それぞれ​の​四つ​の​側​に​*行く​の​で​あっ​た+。行く​とき​に​別​の​方向​に​回る​こと​は​なかっ​た+ 18  また,その​外縁​に​つい​て​いえ​ば,それ​は​高く​て,恐れ​の​念​を​生じ​させる​ほど​で​あっ​た。その​外縁​は,四つ​と​も,周囲​に​目​が​いっぱい​つい​て​い​た+ 19  そして,生き物​が​行く​とき,輪​は​その​そば​を​行き,生き物​が​地​から​上げ​られる​とき​に​は,輪​も​上げ​られる​の​で​あっ​た+ 20  どこ​へ​で​も​霊​の​行こ​う​と​する​所​へ,彼ら​は​行き,霊​は​そこ​へ​行こ​う[と​する​の​で​あっ​た]。輪​も​彼ら​の​すぐ​そば​で​上げ​られる​の​で​あっ​た。その​生き物​の​霊​が​輪​の​うち​に​あっ​た​から​で​ある。 21  彼ら​が​行く​とき​に​は,それら​も​行き,彼ら​が​立ち止まる​とき​に​は,それら​も​立ち止まる​の​で​あっ​た。彼ら​が​地​から​上げ​られる​とき​に​は,輪​も​彼ら​の​すぐ​そば​で​上げ​られる​の​で​あっ​た。その​生き物​の​霊​が​輪​の​うち​に​あっ​た​から​で​ある+ 22  そして,生き物​の​頭上​に​は,畏敬​の​念​を​起こさ​せる​氷​の​きらめき​に​も​似​た​大空​+の​よう​な​もの​が​あっ​て,彼ら​の​頭上,その​上方​に​張り伸ばさ​れ​て​い​た+ 23  また,その​大空​の​下​で,彼ら​の​翼​は​互い​に​対し​て​まっすぐ​に​なっ​て​い​た。各々​二つ​の​翼​で​体​の​こちら​側​を​覆い,また​各々​二つ​の​翼​で[体​の]あちら​側​を​覆っ​て​い​た。 24  そして​彼ら​が​行く​とき,わたし​は​彼ら​の​翼​の​音​を​聞い​た。広大​な​水​の​よう​な​音+​の​音​の​よう​で​あり,それ​は​動乱​の​音+,陣営​の​音​+の​よう​で​あっ​た。彼ら​は​立ち止まる​とき​に​は,翼​を​垂れる​の​で​あっ​た。 25  そして,彼ら​の​頭上​に​ある​大空​の​上​の​方​から​声​が​あっ​た。(彼ら​は​立ち止まる​とき,翼​を​垂れる​の​で​あっ​た。) 26  そして​彼ら​の​頭上​に​ある​大空​の​上​の​方​に​は,見​た​ところ​サファイア​の​石​の​よう​な​もの+,王座​+の​よう​な​もの​が​あっ​た。また​その​王座​の​よう​な​もの​の​上​に​は,見​た​ところ​地​の​人​の​よう​な​姿​を​し​た​方​が,その​上​に,上​の​方​に​おら​れ​た+ 27  そして​わたし​は,こはく​金​の​きらめき​の​よう​な​もの+,火​の​よう​に​見える​もの​+を​その​内側​の​周囲,その​腰​の​よう​に​見える​所​から​上​の​方​に​見​た。その​腰​の​よう​に​見える​所​から​下​の​方​に​は,火​の​よう​に​見える​もの​が​見え​た​が,その​方​の​周囲​に​は​輝き​が​あっ​た。 28  降り注ぐ​雨​の​日​に​雲塊​の​中​に​生ずる​虹​+の​よう​に​見える​もの​が​あっ​た。その​周り​の​輝き​は​その​よう​で​あっ​た。それ​は​見​た​ところ,エホバ​の​栄光​+の​よう​で​あっ​た。[それ​を]見​た​とき,わたし​は​ひれ伏し​た+。そして,話す​方​の​声​を​聞き​はじめ​た。

脚注

「神」。ヘ語,エローヒーム。
「エホヤキン」。ヘ語,ヨーヤーキーン; ギ語,イオーアキム。
「風」。ヘ語,ルーアハ。創 1:2,「力」の​脚注​参照。
「その」,男性​形。「雲塊」(男性)を​指し​て​いる。
「その」,女性​形。「火」(女性)を​指し​て​いる​と​思わ​れる。
こはく​金」。ヘ語,ハハシュマル; ギ語,エーレクトルー; ラ語,エーレクトリー。金​と​銀​で​でき​て​いる​光り輝く​合金。
または,「四つ​の​生き​た​形​ある​もの」。
「地​の​人」。ヘ語,アーダーム。
「の​きらめき​に​よる​か​の​よう​に」。字義,「の​目​の​よう​に」。ヘ語,ケエーン
または,「地​の​人」。ヘ語,アーダーム。
」。ヘ語,ハールーアハ; ギ語,プネウマ; ラ語,スピーリトゥース4​節,「風」の​脚注​と​比較。
「その​生き物」。ヘ語,ハハイヨート,女性​複数​形; ギ語,ゾーイオーン啓 4:6‐9に​出​て​来る​語​と​同じ; ラ語,アニマーリウム
同一​の​軸​で​結ば​れ,中心​で​直角​に​交わっ​て​い​た​の​か​も​しれ​ない。
または,「その​四つ​の​方向​に」。