アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

エズラ 4:1-24

4  ユダとベニヤミンの敵対者たち+流刑囚+の子らがイスラエルのエホバのために神殿を建てていることを聞くと,  直ちにゼルバベル+と父方の家の頭たち+に近寄り,彼らに言った,「わたしたちにもあなた方と一緒に建てさせてください+。あなた方と同様,わたしたちもあなた方のを求めておりますし+,わたしたちをここに導き上った+アッシリアの王エサル・ハドン+の時代以来,わたしたちはこの方に犠牲をささげているからです」。  ところが,ゼルバベルとエシュア+と,その他のイスラエルの父方の家の頭たち+は彼らに言った,「あなた方はわたしたちののために家を建てる点でわたしたちとは何のかかわりもありません*+。ペルシャの王,キュロス+がわたしたちに命じた通りに,わたしたちがイスラエルのエホバのために一緒に建てるのですから」。  そこで,その地の民は絶えずユダの民の手を弱め+,建てさせまいとして彼らの意気をくじき+  彼らの計り事を覆そうとして顧問官を雇って+彼らに反対させていたが,これはペルシャの王キュロスの時代はもとより,ペルシャの王ダリウス+の治世にまで及んだ。  そして,アハシュエロスの治世に,すなわちその治世の初めに,彼らはユダとエルサレムの住民を非難する一通の告訴状+を書いた。  また,アルタクセルクセスの時代に,ビシュラム,ミトレダト,タブエルとその他の彼の同僚も,ペルシャの王アルタクセルクセスに書き送った。その手紙の文はアラム語の文字で書かれ,アラム語+に訳されていた。 8*  行政長官レフムと書記シムシャイはエルサレムを非難して王アルタクセルクセスに次のような一通の手紙を書いた。  それゆえ,行政長官レフム+と書記シムシャイおよびその他の彼らの同僚,裁判官や+の向こう側の小総督*,書記官+,エレク+の人々,バビロニア人+,スサ*+の住民,すなわちエラム人+ 10  その他,大いなる尊いアセナパル*+が捕らえて流刑に処し,サマリアの諸都市+,その他,向こうに住み着かせた国々の民+が,――*。さて, 11  これはそれに関して彼らが送った手紙の写しである。 「王アルタクセルクセス+へ。向こうの者,あなたの僕たち[から]。さて, 12  あなたのもとからわたしたちのところへ,こちらに上って来たユダヤ人がエルサレムに来ておりますことが王の知るところとなりますように。彼らはあの反逆的な悪い都市を建てており,その城壁+を完成し,その基を修理しかけております。 13  もしもこの都市が建て直され,その城壁が完成されましたなら,税金+も,貢ぎ+も,使用税も彼らは納めなくなりましょうし,そうなりますと,王の金庫+に損失を被らせるようになることが,今,王の知られるところとなりますように。 14  今,私たちは確かに王宮の塩を頂いております*し,王を裸にするのを見るのは私たちにとってふさわしいことではございませんので,そのために私たちは人を遣わして,[このことを]王にお知らせ致しました。 15  それはあなたの先祖の記録の書+の調査が行なわれるようにして頂くためです。そうすれば,かの都市が反逆的で,王たちと管轄地域に損失を被らせる都市であり,その内には昔の時代から反乱を起こす者たちがいたことを,その記録の書の中に見いだされ,お分かり頂けることでございましょう。そのために,あの都市は荒廃しているのでございます+ 16  もしもあの都市が建て直され,その城壁が完成されたなら,あなたはやはり,*向こう+にはきっと何の持ち分もお持ちにならなくなることを,私たちは王にお知らせしているのでございます」。 17  王は行政長官レフム+と書記シムシャイ,それにサマリアその他,向こうに住んでいるその他の彼らの同僚+に伝言した。 「あいさつを送る*+。さて, 18  あなた方が我々に*送った公文書はわたしの前ではっきりと読まれた。 19  そこで,わたしから命令が下され,彼らは調査して+,あの都市が昔の時代から王たちに向かって立ち上がり,その中で反逆と反抗がなされてきた+ものであることを見いだした。 20  また,エルサレムを治める強い王たちがいて+向こうの全土を支配しており+,税金や貢ぎ,および使用税が彼らに納められていた+ 21  今,あなた方は命令を下して,これら強健な者たちにやめさせ,わたしから命令が下されるまで,あの都市が建て直されないようにせよ。 22  それで,このことで行なう際に怠慢がないよう注意し,損害が増大して王に危害が及ばないようにせよ+」。 23  そこで,王アルタクセルクセスの公文書の写しがレフム+と書記シムシャイ+およびその同僚+の前で読まれた後,彼らは急いでエルサレムのユダヤ人のもとに行き,武力によって*彼らをやめさせた+ 24  エルサレムにある,の家の工事が停止したのはそのときのことであった。それはペルシャの王ダリウス+の治世の第二年まで停止していた。

脚注

字義,「あなた方とわたしたちとには……何も[あり]ません」。ヘブライ語の慣用句。付録7ロ参照。
この節から6:18までエズラ記はアラム語で書かれている。
または,「河岸の向こう側(河流の向こう側)の小総督」。
または,「シュシャン」。
「アセナパル」(Asenappar)。または,「オスナパル」(Osnappar)。アッシリアの王アシュルバニパル(Ashurbanipal)の名の短縮形。lに相当する文字のないペルシャ語と同様,アラム語も最後のlに相当する文字を,rに相当する文字で置き換えている。
マソ本では明らかにここで動詞が省かれている。七十訳は「裁いた」を挿入し,この動詞を4章9節の最初に入れ替えている。
「塩を頂いております」。奉仕に対する報酬としての俸給を受けることを意味する昔の表現。
すなわち,ユーフラテス川。
「あいさつを送る」。字義,「平安!」 ア語,シェラーム。
「我々に」。卓越を表わす複数形で,主筆を表わす「我々」と同じように用いられている。
または,「軍勢によって」。字義,「腕と強さをもって」。