内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エズラ 4:1‐24

4  ユダベニヤミン敵対たち+流刑+イスラエルエホバため神殿建ていること聞くと,  直ちにゼルバベル+父方たち+近寄り,彼ら言った,「わたしたちあなた方一緒建てさせください+。あなた方同様,わたしたちあなた方求めおります+,わたしたちここ導き上っ+アッシリアエサルハドン+時代以来,わたしたちこの犠牲ささげいるからです」。  ところが,ゼルバベルエシュア+と,その他イスラエル父方たち+彼ら言った,「あなた方わたしたちため建てるわたしたちかかわりありませ*+。ペルシャ王,キュロス+わたしたち命じ通りに,わたしたちイスラエルエホバため一緒建てるですから」。  そこで,その絶えユダ弱め+,建てさせまい彼ら意気くじき+  彼ら計り事覆そ顧問雇っ+彼ら反対が,これペルシャキュロス時代もとより,ペルシャダリウス+治世まで及んだ。  そして,アハシュエロス治世に,すなわちその治世初めに,彼らユダエルサレム住民非難する告訴+書いた。  また,アルタクセルクセス時代に,ビシュラム,ミトレダト,タブエルその他同僚も,ペルシャアルタクセルクセス書き送った。その手紙アラム文字書かれ,アラム+訳さた。 8 * 行政長官レフム書記シムシャイエルサレム非難アルタクセルクセスよう手紙書いた。  それゆえ,行政長官レフム+書記シムシャイおよびその他彼ら同僚,裁判+向こう総督*,書記+,エレク+人々,バビロニア+,スサ*+住民,すなわちエラム+ 10  その他,大いなる尊いアセナパル*+捕らえ流刑処し,サマリア都市+,その他,向こう住み着か国々+が,――*。さて, 11  これそれ関し彼ら送っ手紙写しある。 「王アルタクセルクセス+へ。向こう者,あなたたち[から]。さて, 12  あなたもとからわたしたちところへ,こちら上っユダヤエルサレムおりますこと知るところなりますように。彼らあの反逆悪い都市建ており,その城壁+完成し,その修理しかけおります。 13  もしもこの都市建て直され,その城壁完成ましなら,税金+も,貢ぎ+も,使用彼ら納めなくなりましょし,そうなりますと,王金庫+損失被らせるようなることが,今,王知られるところなりますように。 14  今,私たち確か王宮頂いおります*し,王する見る私たちとっふさわしいことございませで,そのため私たち遣わして,[このことを]王お知らせ致しました。 15  それあなた先祖記録+調査行なわれるよう頂くためです。そうすれば,か都市反逆で,王たち管轄地域損失被らせる都市あり,その時代から反乱起こすたちことを,その記録見いだされ,お分かり頂けることございましょう。そのために,あの都市荒廃いるございます+ 16  もしもあの都市建て直され,その城壁完成なら,あなたやはり,*向こう+きっと持ち分お持ちならなくなることを,私たちお知らせいるございます」。 17  王行政長官レフム+書記シムシャイ,それサマリアその他,向こう住んいるその他彼ら同僚+伝言た。 「あいさつ送る*+。さて, 18  あなた方我々*送っ文書わたしはっきり読また。 19  そこで,わたしから命令下され,彼ら調査+,あの都市時代からたち向かっ立ち上がり,その反逆反抗なさ+ものあること見いだした。 20  また,エルサレム治める強いたち+向こう全土支配おり+,税金貢ぎ,および使用彼ら納められ+ 21  今,あなた方命令下して,これら強健たちやめさせ,わたしから命令下されるまで,あの都市建て直さないようせよ。 22  それで,このこと行なう怠慢ないよう注意し,損害増大危害及ばないようせよ+」。 23  そこで,王アルタクセルクセス文書写しレフム+書記シムシャイ+およびその同僚+読ま後,彼ら急いエルサレムユダヤもと行き,武力よっ*彼らやめさせ+ 24  エルサレムある,工事停止そのときことあった。それペルシャダリウス+治世まで停止た。

脚注

字義,「あなた方わたしたちは……何も[あり]ません」。ヘブライ慣用句。付録7ロ参照。
このから6:18までエズラアラム書かいる。
または,「河岸向こう側(河流向こう側)の総督」。
または,「シュシャン」。
「アセナパル」(Asenappar)。または,「オスナパル」(Osnappar)。アッシリアアシュルバニパル(Ashurbanipal)の短縮形。l相当する文字ないペルシャ同様,アラム最後l相当する文字を,r相当する文字置き換えいる。
マソ本明らかここ動詞省かいる。七十訳は「裁いた」を挿入し,この動詞9最初入れ替えいる。
「塩頂いおります」。奉仕対する報酬俸給受けること意味する表現。
すなわち,ユーフラテス川。
「あいさつ送る」。字義,「平安!」 ア語,シェラーム。
「我々に」。卓越表わす複数で,主筆表わす「我々」と同じよう用いられいる。
または,「軍勢よって」。字義,「腕強さもって」。