内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エズラ 3:1-13

3  第七の+月が到来したとき,イスラエルの子らは[それぞれの]都市にいた。そして民は一人+の人のようにエルサレム+に集まりはじめた。  そこで,エホツァダク*の子エシュア*+と祭司であるその兄弟たち,およびシャルテル+の子ゼルバベル+とその兄弟たちは,立ち上がって,イスラエルのの祭壇を築いた。これは[まことの]の人*モーセの律法に記されている通りに+,その上で焼燔の犠牲をささげるためであった。  それで,彼らは祭壇をその元の敷地+に堅く立てた。各地の民のゆえに恐怖が彼らに[臨んだ*]からである*+。彼らはその上でエホバに焼燔の犠牲,すなわち朝と夕の焼燔の犠牲をささげはじめた+  それから,彼らは記されている通りに+仮小屋の祭り+を執り行ない,毎日の分として決まっているものの定め通りの数で日々焼燔の犠牲をささげた+  そして,後には常供の焼燔の捧げ物+と,新月+およびすべてエホバの神聖なものとされた祭り+の時期,それにすべて自発的な+捧げ物をエホバに進んでささげる者のための[焼燔の捧げ物]があった。  第七の月+の一日から,彼らは焼燔の犠牲をエホバにささげ始めたが,エホバの神殿*の土台は,まだ据えられていなかった。  そこで彼らは[石を]切る者+と職人+に金を渡し+,シドン人+とティルス人+に食べ物+や飲み物や油+を与えたが,それはペルシャの王キュロスが与えた許可にしたがって+,レバノン+からヨッパ+の海に杉材を運ぶためであった。  そして,エルサレムの[まことの]の家に彼らが来た次の年,その第二の月に+,シャルテル+の子ゼルバベル+と,エホツァダクの子エシュア+と,祭司やレビ人であるその他の兄弟たち,および捕囚+からエルサレムに帰って来たすべての人々は着手した。さて,彼らは二十歳以上のレビ人+を立てて,エホバの家の仕事の監督者を務めさせた+  そこで,ユダ*の子らである,エシュア+,その子らとその兄弟たち,[および]カドミエルとその子らは,一団として立ち上がって,[まことの]の家で仕事をする者たちの監督者を務め,[また]レビ人である,ヘナダド+の子ら,その子らとその兄弟たち[もそうした]。 10  建築者たちがエホバの神殿の土台を据えたとき+,正装+をした祭司たちはラッパ+を持ち,アサフ+の子らであるレビ人たちはシンバル+を持って,イスラエルの王ダビデの指示にしたがって+エホバを賛美するために立ち上がった。 11  そして,彼らはエホバを賛美し+,感謝をして,「[]は善良で+,イスラエルに対するその愛ある親切*は定めのない時までも及ぶからである+」と答え応じはじめた。民もみな,エホバの家の土台が据えられたことでエホバを賛美し,大声で喜び叫んだ+ 12  ところが,祭司+,レビ人,父方の+家の頭たちのうちの多くの人々,以前の家+を見たことのある年老いた者たちは,彼らの目の前でこの家の土台が据えられる際に+大声で泣いていたが+,ほかの多くの者たちは喜びのために叫び声を上げていた+ 13  したがって,民は歓び+の叫び声と民の泣き声とを区別できないでいた。民が大声で喜び叫んでいたからであるが,その声は相当遠くまで聞こえたのである。

脚注

「エホツァダク」,一 6:14,15; ハガ 1:1,12,14; ハガ 2:2,4; ゼカ 6:11同様。字義,「ヨツァダク」。
「イエス」,七十訳。
「[まことの]」。ヘ語,イーシュハーエローヒーム。付録1ヘ参照。
字義,「恐怖[が]彼らに[あった]」,マソ本。
「各地ゆえに恐怖彼らに[臨んだ]からある」。マソ本わずか訂正することより,「彼ら対する各地から敵意[が]共に[あった]からある」。
神殿」。ヘ語,ウェヘーカル; ラ語,テンプルムマタ 23:16脚注参照。
2:40では「ホダウヤ」; ネヘ 7:43では「ホデワ」。
または,「その忠節愛」。