内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エズラ 3:1‐13

3  第+到来とき,イスラエルは[それぞれの]都市た。そして+ようエルサレム+集まりはじめた。  そこで,エホツァダク*エシュア*+祭司あるその兄弟たち,およびシャルテル+ゼルバベル+その兄弟たちは,立ち上がって,イスラエル祭壇築いた。これは[まことの]*モーセ律法記さいる通り+,その焼燔犠牲ささげるためあった。  それで,彼祭壇その敷地+堅く立てた。各地ゆえに恐怖彼らに[臨ん*]からある*+。彼らそのエホバ焼燔犠牲,すなわち焼燔犠牲ささげはじめ+  それから,彼記さいる通り+仮小屋祭り+執り行ない,毎日決まっいるもの定め通り日々焼燔犠牲ささげ+  そして,後常供焼燔捧げ物+と,新月+およびすべてエホバ神聖ものされ祭り+時期,それすべて自発+捧げ物エホバ進んささげるための[焼燔捧げ物]があった。  第+一日から,彼ら焼燔犠牲エホバささげ始めが,エホバ神殿*土台は,まだ据えられなかった。  そこでは[石を]切る+職人+渡し+,シドン+ティルス+食べ物+飲み物+与えが,それペルシャキュロス与え許可したがって+,レバノン+からヨッパ+杉材運ぶためあった。  そして,エルサレムの[まことの]彼ら年,その+,シャルテル+ゼルバベル+と,エホツァダクエシュア+と,祭司レビあるその他兄弟たち,および捕囚+からエルサレム帰っすべて人々着手た。さて,彼ら二十歳以上レビ+立てて,エホバ仕事監督務めさせ+  そこで,ユダ*ある,エシュア+,そのその兄弟たち,[および]カドミエルそのは,一団立ち上がって,[まことの]仕事するたち監督務め,[また]レビある,ヘナダド+ら,そのその兄弟たち[もそうた]。 10  建たちエホバ神殿土台据えとき+,正装+祭司たちラッパ+持ち,アサフ+あるレビたちシンバル+持って,イスラエルダビデ指示したがって+エホバ賛美するため立ち上がった。 11  そして,彼エホバ賛美+,感謝て,「[]は善良+,イスラエル対するそのある親切*定めないまで及ぶからある+」と答え応じはじめた。民みな,エホバ土台据えられことエホバ賛美し,大声喜び叫ん+ 12  ところが,祭+,レビ人,父方+たちうち多く人々,以前+ことある年老いたちは,彼らこの土台据えられる+大声泣い+,ほか多くたち喜びため叫び声上げ+ 13  したがって,民歓び+叫び声泣き声区別できないた。民大声喜び叫んからあるが,その相当遠くまで聞こえある。

脚注

「エホツァダク」,一 6:14,15; ハガ 1:1,12,14; ハガ 2:2,4; ゼカ 6:11同様。字義,「ヨツァダク」。
「イエス」,七十訳。
「[まことの]」。ヘ語,イーシュハーエローヒーム。付録1ヘ参照。
字義,「恐怖[が]彼らに[あった]」,マソ本。
「各地ゆえに恐怖彼らに[臨んだ]からある」。マソ本わずか訂正することより,「彼ら対する各地から敵意[が]共に[あった]からある」。
神殿」。ヘ語,ウェヘーカル; ラ語,テンプルムマタ 23:16脚注参照。
2:40では「ホダウヤ」; ネヘ 7:43では「ホデワ」。
または,「その忠節愛」。