内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エズラ 2:1‐70

2  ところで,これらバビロンネブカドネザル捕らえバビロン流刑処し+,流刑され+人々捕囚から解か上り,後エルサレムユダ+に,各々自分都市帰っ+,この管轄地域*+あった。  ゼルバベル+,エシュア*+,ネヘミヤ,セラヤ*+,レエラヤ*,モルデカイ,ビルシャン,ミスパル*,ビグワイ,レフム*,バアナたちある。 イスラエル人々通りある。  パルオシュ+二千百七十二人。  シェファトヤ+三百七十二人。  アラハ+七百七十五人。  パハトモアブ*+ら,エシュア[と]ヨアブ+の[者]は二千八百十二人。  エラム+一千二百五十四人。  ザト+九百四十五人。  ザカイ+七百六十人。 10  バニ*+六百四十二人。 11  ベバイ+六百二十三人。 12  アズガド+一千二百二十二人。 13  アドニカム+六百六十六人。 14  ビグワイ+二千五十六人。 15  アディン+四百五十四人。 16  アテル+ら,ヒゼキヤの[者]は九十八人。 17  ベツァイ+三百二十三人。 18  ヨラ*百十二人。 19  ハシュム+二百二十三人。 20  ギバル*+九十五人。 21  ベツレヘム+百二十三人。 22  ネトファ+人々五十六人。 23  アナトテ+人々百二十八人。 24  アズマベト+四十二人。 25  キルヤトエアリム+,ケフィラおよびベエロト七百四十三人。 26  ラマ+ゲバ+六百二十一人。 27  ミクマス+人々百二十二人。 28  ベテル+アイ+人々二百二十三人。 29  ネボ*+五十二人。 30  マグビシュ百五十六人。 31  ほかエラム+一千二百五十四人。 32  ハリム+三百二十人。 33  ロド+,ハディド+およびオノ+七百二十五人。 34  エリコ+三百四十五人。 35  セナア+三千六百三十人。 36  祭司+通りある。エシュア+エダヤ+ら,九百七十三人。 37  イメル+一千五十二人。 38  パシュフル+一千二百四十七人。 39  ハリム+一千十七人。 40  レビ+通りある。エシュア+カドミエル+ら,ホダウヤ+の[者]は七十四人。 41  歌うたいは,アサフ+ら,百二十八人。 42  門衛は,シャルム+ら,アテル+ら,タルモン+ら,アクブ+ら,ハティタ+ら,ショバイら,すべて合わせ百三十九人。 43  ネティニム*+通りある。ツィハら,ハスファら,タバオト+ら, 44  ケロスら,シアハら,パドン+ら, 45  レバナら,ハガバら,アクブら, 46  ハガブら,サルマイ+ら,ハナンら, 47  ギデルら,ガハル+ら,レアヤら, 48  レツィン+ら,ネコダら,ガザムら, 49  ウザら,パセアハ+ら,ベサイら, 50  アスナら,メウニムら,ネフシム+ら, 51  バクブクら,ハクファら,ハルフル+ら, 52  バツルトら,メヒダら,ハルシャ+ら, 53  バルコスら,シセラら,テマハ+ら, 54  ネジアら,ハティファ+ら。 55  ソロモン+たち通りある。ソタイら,ソフェレトら,ペルダ+ら, 56  ヤアラら,ダルコンら,ギデル+ら, 57  シェファトヤら,ハティルら,ポケレトハツェバイムら,アミ+ら。 58  ネティニム+と,ソロモンたち合わせ三百九十二+あった。 59  そして,これらテルメラハ,テルハルシャ,ケルブ,アドン[および]イメルから上ったちあっが,彼らその血統*+,自分たちイスラエルあるどう告げることできなかった。 60  すなわち,デラヤら,トビヤら,ネコダ+ら,六百五十二人。 61  そして,祭司+うちは,ハバヤら,ハコツ+ら,バルジライ+ら。この[バルジライ]はギレアデバルジライ+たちうちからめとっで,その呼ばれるようなった。 62  これら自分たち系図確立よう登録簿捜し求めたちあっが,自分たち見つからなかっで,汚れ祭司から除外+ 63  それゆえ,ティルシャタ*+彼らに,祭司ウリム+トンミム*着け立ち上がるまで最もなるもの食べならない+言った。 64  全会衆*一団+四万二千三百六十+あり, 65  このほかに,彼ら奴隷および奴隷女,これら七千三百三十七で,彼ら二百歌うたい+歌うたいた。 66  彼ら七百三十六頭,そのらば二百四十五+ 67  彼ららくだ四百三十五頭,ろば六千七百二十あっ+ 68  そして,父方++あるたちは,エルサレム+あるエホバ+来るや,それその敷地立てるため+,[まことの]ため自発+捧げ物た。 69  自分たちしたがって彼ら工事供給ため+六万一千ドラクマ*,銀+五千ミナ*,祭司長い+献じた。 70  こうて,祭司,レビ人,民一部+,歌うたい,門衛,ネティニムそれぞれ都市住むようなり,すべてイスラエル[の人々]はそれぞれ都市に[住むようなっ+]。

脚注

「管轄地域」。ラ語,プローウィンキアエ。
「エシュア」。ヘ語,エーシューア; ハガ 1:1およびゼカ 3:1では「ヨシュア」; 七十訳,「イエス」。
ネヘ 7:7では「アザリヤ」。
ネヘ 7:7では「ラアムヤ」。
ネヘ 7:7では「ミスペレト」。
ネヘ 7:7では「ネフム」。
「モアブ総督」の意。
ネヘ 7:15では「ビヌイ」。
ネヘ 7:24では「ハリフ」。
ネヘ 7:25では「ギベオン」。
ネヘ 7:33では「ほかネボ」。
ネティニム」。または,「神殿奴隷」。字義,「与えられたち」。ヘ語,ハンネティーニーム民 3:9脚注比較。
「血統」。字義,「胤」。
ティルシャタ」。ヘ語,ハッティルシャーター。管轄地域総督対するペルシャ称号。
出 28:30,「トンミム」の脚注参照。
「全会衆」。ヘ語,コルハッカーハール; ギ語,エックレーシア
1ドラクマ一般に,重さ8.4ペルシャダリク金貨等しいされた。ギリシャ聖書来るドラクマことない。
1ミナ重さ570㌘。ギリシャ聖書来るミナことない。