内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エズラ 10:1-44

10  さて,エズラが[まことの]の家の前+で泣いて平伏したまま+祈り+,告白をするや+,イスラエルの者たちが彼のところに寄り集まってきた。男や女や子供たちの非常に大きな会衆で,民は甚だしく泣いた*のである。  そこで,エラム+の子らのエヒエル+の子シェカヌヤがエズラに答えて言った,「私たちは ― 私たちは私たちのに対して不忠実なことを致しました。それで,この地の民の中から異国の妻をめとって住まわせたのです+。けれども今も,このことについてはイスラエルに望み+があります。  それで今,私たちのと契約を結び+,エホバ*の助言と,私たちののおきて+におののく人々+の[助言]とにしたがって,これらの妻たちと,これらの女から生まれた者をみな出しましょう+。これは律法+にしたがって行なわれるためです。  立ち上がってください。この事はあなたに懸かっておりますし,私たちはあなたと共におりますから。強くあって,行動してください」。  そこで,エズラは立ち上がり,祭司の長たち,レビ人およびすべてのイスラエル[の人々]に,この言葉にしたがって行なうよう誓い+をさせた。それゆえ彼らは誓いをした。  さて,エズラは[まことの]の家の前から立ち上がって,エルヤシブの子エホハナンの大食堂+に行った。彼はそこへ行ったものの,パンも食べず+,水も飲まなかった。彼は流刑にされた人々の不忠実なことを嘆き悲しんでいたからである+  そこで彼らは,かつて流刑にされた者たち+はみなエルサレムに集合するようにと,ユダとエルサレムにあまねくお触れを出させた。  そして,君たち+や年長者たちの助言にしたがって三日のうちに来ない者+はだれでも ― その人の財産はすべて没収処分に付され+,またその人は,流刑にされた者たちの会衆から取り分けられることになった+  それで,ユダとベニヤミンの人々はみな三日以内に,すなわち第九+の月,その月の二十[日]にエルサレムに集合し,すべての民は[まことの]の家の広場に座り,この事のゆえに,また大雨+のために震えていた。 10  ついに祭司エズラは立ち上がって,彼らに言った,「あなた方は,異国の妻をめとって住まわせて+イスラエルの罪科を増やし+,不忠実なことをした。 11  それで今,あなた方の父祖たちのエホバに告白をし+,その喜ばれることを行ない+,この地の民と異国の妻から離れなさい+」。 12  これに対して,全会衆は大声で答えて言った,「まさしくあなたの言葉の通りに行なうのが私たちの務めです+ 13  とはいえ,民は大勢ですし,また大雨の季節ですから,外に立つことはできません。しかも,この仕事は一日か二[日]で済むものではありません。私たちはこの事で大いに背いたからです。 14  それで,どうか,私たちの君たち+が全会衆のために代表として行動するようにしてください。そして,すべて私たちの諸都市で異国の妻をめとって住まわせた者は,定まった時に,各々の都市の年長者たちと裁き人たちと一緒に来るようにしてください。そうすれば,ついにはこの事のための,私たちのの燃える怒りを私たちから元に戻らせることになるでしょう」。 15  (ところが,アサエルの子ヨナタンとティクワの子ヤフゼヤは,これに反対して立ち上がった*+。レビ人メシュラムとシャベタイ+は彼らを助けた者たちであった。) 16  そこで,かつて流刑にされた者たち*+はそのようにした。そして,祭司エズラ[と],父方の家+のための父たちの頭であった者たち,すなわち[その]名によって[指名された]彼らは皆,今や自ら離れ,第十の月+の一日に座って,この事を調べはじめた+ 17  そして,彼らは徐々に第一の月の一日までに,異国の+妻をめとって住まわせていた男たちを処置し終えた。 18  そして祭司の子ら+のうちのある者たちは異国の妻をめとって住まわせていたことが分かったが,それはエホツァダク*+の子エシュア+の子らとその兄弟たちのうちでは,マアセヤとエリエゼル,それにヤリブとゲダリヤであった。 19  ところで,彼らは握手をして,その妻を出すことを約束し*,また彼らには罪科があったので+,その罪科のために群れの雄羊+が一頭あるべきことを[約束した*]。 20  そして,イメル+の子らのうちでは,ハナニとゼバドヤがいた。 21  ハリム+の子らのうちでは,マアセヤとエリヤとシェマヤ,それにエヒエルとウジヤ。 22  パシュフル+の子らのうちでは,エルヨエナイ,マアセヤ,イシュマエル,ネタヌエル,ヨザバドおよびエルアサ。 23  そして,レビ人のうちでは,ヨザバドとシムイおよびケラヤ(すなわちケリタ),ペタフヤ,ユダおよびエリエゼル。 24  歌うたいのうちでは,エルヤシブ。門衛のうちでは,シャルムとテレムおよびウリ。 25  そして,イスラエルのうち,パルオシュ+の子らのうちでは,ラムヤとイジヤ,それにマルキヤとミヤミンおよびエレアザル,さらにマルキヤ*とベナヤがいた。 26  エラム+の子らのうちでは,マタヌヤとゼカリヤ,それにエヒエル+とアブディ,さらにエレモトとエリヤ。 27  ザト+の子らのうちでは,エルヨエナイとエルヤシブ,マタヌヤとエレモト,それにザバドとアジザ。 28  ベバイ+の子らのうちでは,エホハナン,ハナニヤ,ザバイ,アトライ。 29  バニの子らのうちでは,メシュラム,マルクとアダヤ,ヤシュブとシェアル,[それに]エレモト* 30  パハト・モアブ+の子らのうちでは,アドナとケラル,ベナヤ,マアセヤ,マタヌヤ,ベザレル,それにビヌイとマナセ。 31  ハリム+の子ら[のうちでは],エリエゼル,イシヤ,マルキヤ+,シェマヤ,シムオン, 32  ベニヤミン,マルク[および]シェマルヤ。 33  ハシュム+の子らのうちでは,マテナイ,マタタ,ザバド,エリフェレト,エレマイ,マナセ[および]シムイ。 34  バニの子らのうちでは,マアダイ,アムラムおよびウエル, 35  ベナヤ,ベデヤ,ケルヒ, 36  ワヌヤ,メレモト,エルヤシブ, 37  マタヌヤ,マテナイおよびヤアス。 38  ビヌイの子らのうちでは*,シムイ 39  それにシェレムヤとナタンおよびアダヤ, 40  マクナデバイ,シャシャイ,シャライ, 41  アザルエルとシェレムヤ*,シェマルヤ, 42  シャルム,アマルヤ,ヨセフ。 43  ネボの子らのうちでは,エイエル,マタテヤ,ザバド,ゼビナ,ヤダイとヨエル[および]ベナヤ。 44  これらはみな異国の妻を迎えていたが+,その妻たちを子らと一緒に去らせた*

脚注

字義,「民大いに泣くこと[をもって]泣いた」。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
または,「特に,アサエルヨナタンティクワヤフゼヤは,このため代表務めたちあった[七十訳,「この事柄わたした」]」。
「かつて流刑されたち」。字義,「流刑ら」。
字義,「ヨツァダク」。3:2,「エホツァダク」の脚注参照。
「彼ら握手て……を約束し」。字義,「彼らは……にその与え」。
「また,彼ら罪科供え物その罪科ため群れ雄羊あった」,修正より。
「ハシャブヤ」,七十訳。
「それラモト」,マソ本欄外,ウル訳。
「ビヌイうちは」,マソ本修正することよる; 七十訳,「ビヌイは」; マソ本,ウル訳,「それバニビヌイ」。
「とシェレムヤ」。ヘ語,ウェシェレムヤーフー
「そのたち一緒去らた」,七十訳エスドラス一 9:36一致て。マソ本よう読むようある,「彼らからたちおり,彼らを[世に]置いた」。