内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エズラ 10:1‐44

10  さて,エズラが[まことの]+泣い平伏まま+祈り+,告白する+,イスラエルたちところ寄り集まった。男子供たち非常大きな会衆で,民甚だしく泣い*ある。  そこで,エラム+エヒエル+シェカヌヤエズラ答え言った,「私たちは ― 私たち私たち対し忠実こと致しました。それで,このから異国めとっ住まわです+。けれどもも,このことついイスラエル望み+あります。  それ今,私たち契約結び+,エホバ*助言と,私たちおきて+おののく人々+の[助言]としたがって,これらたちと,これらから生まみな出しましょ+。これ律法+したがって行なわれるためです。  立ち上がっください。このあなた懸かっおりますし,私たちあなたおりますから。強くあって,行動ください」。  そこで,エズラ立ち上がり,祭司たち,レビおよびすべてイスラエル[の人々]に,この言葉したがって行なうよう誓い+させた。それゆえ彼ら誓いた。  さて,エズラは[まことの]から立ち上がって,エルヤシブエホハナン食堂+行った。彼そこ行っものの,パン食べ+,水飲まなかった。彼流刑され人々忠実こと嘆き悲しんからある+  そこで彼らは,かつて流刑されたち+みなエルサレム集合するようと,ユダエルサレムあまねくお触れ出さた。  そして,君たち+年長たち助言したがってうちない+だれも ― その財産すべて没収処分付さ+,またそのは,流刑されたち会衆から取り分けられることなっ+  それで,ユダベニヤミン人々みな以内に,すなわち+月,その二十[日]にエルサレム集合し,すべては[まことの]広場座り,このゆえに,また大雨+ため震えた。 10  ついに祭司エズラ立ち上がって,彼ら言った,「あなた方は,異国めとっ住まわ+イスラエル罪科増やし+,不忠実ことた。 11  それ今,あなた方父祖たちエホバ告白+,その喜ばれること行ない+,この異国から離れなさい+」。 12  これ対して,全会衆大声答え言った,「まさしくあなた言葉通り行なう私たち務めです+ 13  といえ,民大勢ですし,また大雨季節ですから,外立つことできません。しかも,この仕事一日二[日]で済むものありません。私たちこの大いに背いからです。 14  それで,どうか,私たちたち+会衆ため代表行動するようください。そして,すべて私たち都市異国めとっ住まわは,定まっに,各々都市年長たち裁き人たち一緒来るようください。そうすれば,ついにこのための,私たち燃える怒り私たちから戻らせることなるでしょう」。 15  (ところが,アサエルヨナタンティクワヤフゼヤは,これ反対立ち上がっ*+。レビメシュラムシャベタイ+彼ら助けたちあった。) 16  そこで,かつて流刑されたち*+そのようた。そして,祭司エズラ[と],父方+ためたちあったち,すなわち[その]名よって[指名た]彼ら皆,今や自ら離れ,第+一日座って,この調べはじめ+ 17  そして,彼ら徐々一日までに,異国+めとっ住まわたち処置終えた。 18  そして祭司+うちあるたち異国めとっ住まわこと分かっが,それエホツァダク*+エシュア+その兄弟たちうちは,マアセヤエリエゼル,それヤリブゲダリヤあった。 19  ところで,彼ら握手て,その出すこと約束*,また彼ら罪科あっ+,その罪科ため群れ雄羊+あるべきことを[約束*]。 20  そして,イメル+うちは,ハナニゼバドヤた。 21  ハリム+うちは,マアセヤエリヤシェマヤ,それエヒエルウジヤ。 22  パシュフル+うちは,エルヨエナイ,マアセヤ,イシュマエル,ネタヌエル,ヨザバドおよびエルアサ。 23  そして,レビうちは,ヨザバドシムイおよびケラヤ(すなわちケリタ),ペタフヤ,ユダおよびエリエゼル。 24  歌うたいうちは,エルヤシブ。門衛うちは,シャルムテレムおよびウリ。 25  そして,イスラエルうち,パルオシュ+うちは,ラムヤイジヤ,それマルキヤミヤミンおよびエレアザル,さらにマルキヤ*ベナヤた。 26  エラム+うちは,マタヌヤゼカリヤ,それエヒエル+アブディ,さらにエレモトエリヤ。 27  ザト+うちは,エルヨエナイエルヤシブ,マタヌヤエレモト,それザバドアジザ。 28  ベバイ+うちは,エホハナン,ハナニヤ,ザバイ,アトライ。 29  バニうちは,メシュラム,マルクアダヤ,ヤシュブシェアル,[それに]エレモト* 30  パハトモアブ+うちは,アドナケラル,ベナヤ,マアセヤ,マタヌヤ,ベザレル,それビヌイマナセ。 31  ハリム+ら[のうちは],エリエゼル,イシヤ,マルキヤ+,シェマヤ,シムオン, 32  ベニヤミン,マルク[および]シェマルヤ。 33  ハシュム+うちは,マテナイ,マタタ,ザバド,エリフェレト,エレマイ,マナセ[および]シムイ。 34  バニうちは,マアダイ,アムラムおよびウエル, 35  ベナヤ,ベデヤ,ケルヒ, 36  ワヌヤ,メレモト,エルヤシブ, 37  マタヌヤ,マテナイおよびヤアス。 38  ビヌイうち*,シムイ 39  それシェレムヤナタンおよびアダヤ, 40  マクナデバイ,シャシャイ,シャライ, 41  アザルエルシェレムヤ*,シェマルヤ, 42  シャルム,アマルヤ,ヨセフ。 43  ネボうちは,エイエル,マタテヤ,ザバド,ゼビナ,ヤダイヨエル[および]ベナヤ。 44  これらみな異国迎え+,そのたち一緒去ら*

脚注

字義,「民大いに泣くこと[をもって]泣いた」。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
または,「特に,アサエルヨナタンティクワヤフゼヤは,このため代表務めたちあった[七十訳,「この事柄わたした」]」。
「かつて流刑されたち」。字義,「流刑ら」。
字義,「ヨツァダク」。3:2,「エホツァダク」の脚注参照。
「彼ら握手て……を約束し」。字義,「彼らは……にその与え」。
「また,彼ら罪科供え物その罪科ため群れ雄羊あった」,修正より。
「ハシャブヤ」,七十訳。
「それラモト」,マソ本欄外,ウル訳。
「ビヌイうちは」,マソ本修正することよる; 七十訳,「ビヌイは」; マソ本,ウル訳,「それバニビヌイ」。
「とシェレムヤ」。ヘ語,ウェシェレムヤーフー
「そのたち一緒去らた」,七十訳エスドラス一 9:36一致て。マソ本よう読むようある,「彼らからたちおり,彼らを[世に]置いた」。