内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エステル 8:1‐17

8  その日,アハシュエロス*ユダヤ敵意示す+ハマン+王妃エステル与えた。そして,モルデカイた。これエステル自分とっどのよう告げからある+  そこでハマンから取り返し認印つき指輪+外して,それモルデカイ渡した。次いで,エステルモルデカイハマン立て+  その上,エステル再び話し,その伏して,アガグハマン+と,彼ユダヤ対し企て+その企て+防いくれるよう,泣いて,[王]の恵み請い求め+  すると,王エステル差し出し+。そこでエステル起こして,王立った。  さて,彼女言った,「もし,王とっ確か良い思われ,またもみ前恵み+,このふさわしく,そしてが[王]のかなうでしたら,あの書状+,すなわちアガグ+ハメダタハマンが,王すべて管轄地域+いるユダヤ滅ぼそ書い+,その企て取り消す旨,書き記さますように。  と申しますは,どうしては,私民族降り懸かる災いなけれならないとき,[それ耐えることが]できましょう。また,どうして,自分親族滅びなけれならないとき,[それ耐えることが]できましょか」。  そこでアハシュエロス王妃エステルユダヤモルデカイ言った,「見よ,ハマンわたしエステル与え+,彼人々掛け+。彼ユダヤ対し出しからある。  それで,あなた方も,ユダヤため自分良いところしたがって書き+,王認印つき指輪で[それに]印押しなさい。王書かれ,王認印つき指輪押さ書き物,それ取り消すことできないから+」。  それゆえ,王書記たち+その時,第月,すなわちシワン*月,その二十三[日]に召集た。そして,すべてモルデカイユダヤと,インドから*エチオピア*及ぶ管轄地域,すなわち百二十七管轄地域+太守+総督たち命じところしたがって書き記さいった。各々管轄地域[には]その独自文体+,各々民族[には]その独自国語+,またユダヤその独自文体その独自国語+[書き記さた]。 10  こうて,彼アハシュエロス書き+,王認印つき指輪+押すこと+,しゅん足雌馬子,王奉仕用いられる早馬乗る,馬上急使より書状送っ+ 11  そので,王それぞれすべて都市いるユダヤに,彼ら集合+自分たちため*立ち上がり,彼ら敵意示そする民族管轄地域軍勢皆,小さいたち滅ぼし尽くし,殺し,滅ぼし+,またその分捕り強奪すること許し+ 12  [ただし]アハシュエロスすべて管轄地域おいて,第十二月,すなわちアダル*+十三[日]に+,一日うちに[行なわれることなっ+]。 13  その書き物写し+は,それぞれすべて管轄地域至る所法令出されることなり,すべて民族公布が,それユダヤ自分たち復しゅうする+この備えるためあった。 14  急使たち+は,王奉仕用いられる早馬乗り,王言葉よっせき立てられ,急い行くよう動かさ行っ+。その法令は,シュシャン+出さた。 15  一方,モルデカイは,青布亜麻王服+着,大きな頂き,上等織物の,それ赤紫染め織物+外とうまとっ+,王から行った。すると,シュシャンは,甲高く叫ん喜び満たさ+ 16  ユダヤ歓び+歓喜栄誉あった。 17  そして,どこ言葉その法令届くは,それぞれどの管轄地域,それぞれどの都市も,ユダヤため歓び歓喜,宴会+良いあった。そして,このうち多く+自分ユダヤ宣言*+。それユダヤ対する恐怖+彼ら襲っからある。

脚注

「アルタクセルクセス」,七十訳。
「シワン」。アッカド起源この名称聖書来る唯一箇所。宗教この3は,5後半から6前半当たる。付録8ロ参照。
インドから」。ヘ語,メーホーッドゥー; ギ語,インディケース,「インド[の国]」。シ語,フード; ラ語,インディアー。
「エチオピア」,七十訳,ウル訳; マソ本,シリ訳,「クシュ」。
「自分たち)のために」。ヘ語,アルナフシャーム; シ語,レナフシェフーン; ラ語,アニマーブス
3:7,「アダル」の脚注参照。
または,「自分たちユダヤよういっ」。ヘ語,ミトヤハディーム; 七十訳,「割礼受けて,自分たちユダヤよういった」; ウル訳,「彼ら宗教[ラ語,レリギオーニー]と儀式[ラ語,カエリモーニイース]に加わった」。