内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エステル 7:1‐10

7  それから,王ハマン+やって,王妃エステルごちそうあずかった。  さて,王その酒宴間,そのまた,エステル言っ+,「王妃エステルよ,あなた請願+。それあなた与えられるよう+。本当に,あなた願いか。王権半分+ ― それなされるように!」  そこで王妃エステル答え言った,「王よ,もしあなた恵みいるでしたら,またもとっ確か良い思われるでしたら,私請願したがって*+与えられ,私願いしたがって民族が[与えられ]ますよう+  と申しますは,私たち売らおりまし+,私民族も,根絶やしされ,殺され,滅ぼさようおります+。ところで,もし私たち単に奴隷はしため売らだけでしたら+,私黙っことでしょう。けれども,王損害なる場合は,その苦難ふさわしくございませ*」。  そこでアハシュエロス言った。それも,王妃エステルこう言っある。「それ一体だれ+。大胆そのようよう*+一体どこいる*」。  するとエステル言った,「敵対+で,敵+あるそのは,この悪いハマンです」。 ハマンほうは,王王妃ゆえにおびえ+  一方,王は,激怒+酒宴立っ宮殿へ[行った]。ハマンは,立ち上がっ自分*ため王妃エステルお願いよう+。自分対し悪いことより+定められこと*分かっからある+  ときに,王宮殿から酒宴帰っ+。すると,エステルいすハマン伏し+。それゆえ言った,「家で,わたしもとで,王妃強姦することまでなされるか」。この言葉から出る+,人々は,ハマン覆った。  そこで,王廷臣+人,ハルボナ+言った,「しかも,王つい良いこと話しモルデカイ+ためハマン造っ+が,ハマン立っます。―高さ五十キュビト*[のものです]」。すると言った,「あなた方は,彼それ掛け+」。 10  こう人々ハマンを,彼モルデカイため用意おい+掛け+。それで,王激しい怒り収まった。

脚注

「私)」。ヘ語,ナフシー; シ語,ナフシ; ラ語,アニマム メアム。
または,「けれども,その苦難損害比べられるものございません」。ウル訳,「けれども今や,私たちは,その残酷影響及ぼすございます」。
「大胆そのようようた」。字義,「そのようようその関し自ら満たした」。使徒 5:3脚注比較。
「それ一体……(した)者一体どこいるか」。これは,「わたしは……となる」という宣言折り句<アクロスティック>と考えられる。この折り句<アクロスティック>は字母,אהיה(EHYH)で作らおり,幾つヘブライ写本は,הז־יוא הז אהוよう文字字母用いこのこと指摘いる。出 3:14脚注参照。
「自分)」。ヘ語,ナフショー; ラ語,アニマ スア。
「自分対し悪いことが……定められこと」。キーコルター エーラーウ ハーラーアー(kI-khol·thaH' ʼe·laV' ha·ra·ʽaH')(ヘ語)。この折り句<アクロスティック>ので,IYに,またVW対応する。これエステル来る,神み名,יהוה(YHWH)の4折り句<アクロスティック>と考えられる。それよう四つ言葉字母作らおり,ヘブライから読む。ההרע ואלי הכלת־יכ
5:14,「キュビト」の脚注参照。