内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エステル 6:1‐14

6  その中,王眠り消失+。それゆえ,[王]はその時代事績記録+持っ来るよう言った。こうて,王その朗読行なわれることなった。  ついに,モルデカイかつて,アハシュエロス*掛けよううかがった,王廷臣で,入口守るあっビグタナテレシュ+関し報告こと+書いある見つかった。  そこで言った,「このために,どんな栄誉大いなることモルデカイなさか」。これ対して,その奉仕*ある,王従者たちは,「彼なさません」と言っ+  その,王言った,「中庭いるだれか」。そのとき,ハマンは,モルデカイため用意掛けるよう申し上げよう+,王中庭入っ+  それゆえ,王従者たち言った,「ご覧ください,ハマン+中庭立っおります」。そこで,王は,「彼入れるように」と言った。  ハマン来ると,王言った,「王栄誉与えること喜びどうされるべき+」。そこで,ハマンその言った,「王わたし以上だれ栄誉施すこと喜ぶあろ+」。  そこでハマン言った,「王栄誉与えること喜びされついは,  王まさしく着けられる王服+持っ来させ,またまさしく乗られ,その頭飾り置か+を[引い来さて]ください。  そして,その貴いたち+預けることなさますよう*。そして,彼ら栄誉与えること喜びされに[それを]着させ,その+公共広場+乗せて,そので,『王栄誉与えること喜びされこのようされる』と呼ばわるです+」。 10  直ちにハマン言った,「急いで,あなた言っ通りに,その衣服取り,王座っいるユダヤモルデカイそのようなさい。あなたすべてことうち,一言果たさない*ままされることないよう+」。 11  こうハマン+取り,モルデカイ+着せ,彼公共広場+で[それに]乗せ,そので,「王栄誉与えること喜びされこのようされるある+」と呼ばわっ+ 12  後に,モルデカイ帰っ+。ハマンいえば,嘆きつつ,その覆って,自分急い+ 13  次で,ハマンその降り懸かっことことごとく,妻ゼレシュ+すべて友人たち*語った。すると,彼知者たち+ゼレシュ言った,「あなたその倒れ始めモルデカイが,もしユダヤでしたら,あなた勝てず,かえってきっと倒れるでしょ+」。 14  彼なおハマン話しいるうちに,王廷臣たち到着し,エステル設け宴会+に,急い+連れ行った。

脚注

「アルタクセルクセス」,七十訳。
「その奉仕」。ヘ語,メシャーレターウ; ラ語,ミニストリー
「預けることなさますように」。ヘブライこれ動詞不定詞独立で,時関し不定で,非人称。
字義,「一言落ちる」。
または,「愛するたち」。