内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

エステル 6:1‐14

6  その​夜中,王​の​眠り​は​消失​し​た+。それゆえ,[王]は​その​時代​の​事績​の​記録​の​書​+を​持っ​て​来る​よう​に​言っ​た。こう​し​て,王​の​前​で​その​朗読​が​行なわ​れる​こと​に​なっ​た。  ついに,モルデカイ​が​かつて,アハシュエロス​*​を​手​に​掛け​よう​と​うかがっ​て​い​た,王​の​二​人​の​廷臣​で,入口​を​守る​者​で​あっ​た​ビグタナ​と​テレシュ​+に​関し​て​報告​し​た​こと​+が​書い​て​ある​の​が​見つかっ​た。  そこで​王​は​言っ​た,「この​ため​に,どんな​栄誉​と​大いなる​こと​が​モルデカイ​に​なさ​れ​た​か」。これ​に​対し​て,その​奉仕​者​*で​ある,王​の​従者​たち​は,「彼​に​は​何​も​なさ​れ​て​い​ませ​ん」と​言っ​た+  その​後,王​は​言っ​た,「中庭​に​いる​の​は​だれ​か」。その​とき,ハマン​は,モルデカイ​の​ため​に​用意​し​た​杭​に​彼​を​掛ける​よう​王​に​申し上げ​よう​と+,王​の​家​の​外​の​中庭​に​入っ​て​来​て​い​た+  それゆえ,王​の​従者​たち​は​彼​に​言っ​た,「ご覧​ください,ハマン​+が​中庭​に​立っ​て​おり​ます」。そこで,王​は,「彼​を​入れる​よう​に」と​言っ​た。  ハマン​が​入っ​て​来る​と,王​は​彼​に​言っ​た,「王​が​栄誉​を​与える​こと​を​喜び​と​し​た​人​は​どう​される​べき​か+」。そこで,ハマン​は​その​心​の​中​で​言っ​た,「王​は​わたし​以上​に​だれ​に​栄誉​を​施す​こと​を​喜ぶ​で​あろ​う​か+」。  そこで​ハマン​は​王​に​言っ​た,「王​が​栄誉​を​与える​こと​を​喜び​と​され​た​人​に​つい​て​は,  王​が​まさしく​身​に​着け​られる​王服​+を​持っ​て​来させ,また​まさしく​王​が​乗ら​れ,その​頭​に​王​の​頭飾り​の​置か​れ​た​馬​+を[引い​て​来さ​せ​て]ください。  そして,その​衣服​と​馬​を​王​の​貴い​君​たち​+の​一​人​に​預ける​こと​が​なさ​れ​ます​よう​に*。そして,彼ら​は​王​が​栄誉​を​与える​こと​を​喜び​と​され​た​人​に[それ​を]着​させ,その​人​を​都​+の​公共​の​広場​+で​馬​に​乗せ​て,その​前​で,『王​が​栄誉​を​与える​こと​を​喜び​と​され​た​人​は​この​よう​に​される』と​呼ばわる​の​です+」。 10  直ちに​王​は​ハマン​に​言っ​た,「急い​で,あなた​が​言っ​た​通り​に,その​衣服​と​馬​を​取り,王​の​門​に​座っ​て​いる​ユダヤ​人​モルデカイ​に​その​よう​に​し​なさい。あなた​が​話​し​た​すべて​の​こと​の​うち,一言​で​も​果たさ​れ​ない​*まま​に​される​こと​が​ない​よう​に+」。 11  こう​し​て​ハマン​は​衣服​+と​馬​を​取り,モルデカイ​+に​着せ,彼​を​都​の​公共​の​広場​+で[それ​に]乗せ,その​前​で,「王​が​栄誉​を​与える​こと​を​喜び​と​され​た​人​は​この​よう​に​される​の​で​ある+」と​呼ばわっ​た+ 12  後​に,モルデカイ​は​王​の​門​に​帰っ​た+。ハマン​は​と​いえ​ば,嘆き​つつ,その​頭​を​覆っ​て,自分​の​家​に​急い​だ+ 13  次い​で,ハマン​は​その​身​に​降り懸かっ​た​こと​を​ことごとく,妻​ゼレシュ​+と​すべて​の​友人​たち​*に​語っ​た。すると,彼​の​知者​たち​+と​妻​ゼレシュ​は​彼​に​言っ​た,「あなた​が​その​前​に​倒れ​始め​た​モルデカイ​が,もし​ユダヤ​人​の​胤​の​者​でし​たら,あなた​は​彼​に​勝て​ず,かえって​彼​の​前​に​きっと​倒れる​でしょ​う+」。 14  彼ら​が​なお​ハマン​と​話し​て​いる​うち​に,王​の​廷臣​たち​が​到着​し,エステル​の​設け​た​宴会​+に,急い​で​+彼​を​連れ​て​行っ​た。

脚注

「アルタクセルクセス」,七十訳。
「その​奉仕​者」。ヘ語,メシャーレターウ; ラ語,ミニストリー
「預ける​こと​が​なさ​れ​ます​よう​に」。ヘブライ​語​で​は​これ​は​動詞​の​不定詞​独立​形​で,時​に​関し​て​は​不定​で,非​人称。
字義,「一言​で​も​落ちる」。
または,「愛する​者​たち」。