アクセスの設定

Search

言語を選ぶ

サブ・メニューへ

目次へ

内容へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書

「新世界訳聖書」

エステル 3:1-15

3  これらの事の後,アハシュエロスはアガグ人+ハメダタの子ハマン+を大いなるものとし,彼を高めて+,その座を彼と共にいたほかのすべての君たち+の上に置いた。  それで,王の門にいた+王の僕たちは皆,ハマンに身を低くかがめ,平伏していた。王が彼に関してそのように命じていたからである。しかしモルデカイは,身を低くかがめず,平伏しようともしなかった+  そこで,王の門にいた王の僕たちはモルデカイに,「あなたはどうして王の命令を忌避しているのか+」と言いだした。  そして,彼らは毎日彼に言ったが,[モルデカイ]が彼ら[の言うこと]を聴かなかったので,彼らはモルデカイの事が持ちこたえるかどうかを見ようと,[これを]ハマンに告げた+。[モルデカイ]は自分がユダヤ人であること+を彼らに語っていたからである。  さて,ハマンはモルデカイが自分に身もかがめず,平伏しようともしないのを見ていたので+,ハマンは激しい怒りに満たされた+  しかし,モルデカイひとりを手に掛けるのは彼の目には卑しむべきことであった。彼らがモルデカイの民族のことを彼に告げていたからである。それで,ハマンはアハシュエロスの全領域にいるすべてのユダヤ人,すなわちモルデカイの民族+を滅ぼし尽くそうとした+  アハシュエロスの第十二年+の第一の月+,すなわちニサン*の月に,ある人がハマンの前で,第十二,すなわちアダル*の月[まで+],一日一日,一月一月のためにプル*,すなわちくじ+を投げた+  それからハマンはアハシュエロスに言った,「あなたの領域のすべての管轄地域+にいる諸民族の間に散らされて,離れ離れになっているある一つの民族がいます+。彼らの法令はほかのどの民族のものとも違っていて,王の法令も彼らは履行しておりませんので+,王のために,彼らをそのままにしておくのはふさわしくありません。  もし,王にとって確かに良いと思われるのでしたら,彼らが滅ぼされるようにと書き記されますように。そうすれば,銀一万タラント*+を,私は王の金庫に運び入れさせて,その仕事をする者たち+の手に[それを]支払いましょう」。 10  そこで,王は自分の手から認印つきの指輪+を外し,ユダヤ人に敵意を示す者である+,アガグ人+ハメダタの子ハマン+にそれを渡した。 11  次いで王はハマンに言った,「その銀+はあなたに渡され,またその民族も[渡されるので],自分の目に良いところにしたがって彼らを扱うがよい+」。 12  そこで,第一の月,その十三日に,王の書記官+が召集され,すべてハマンが王の太守や,それぞれ別の管轄地域をつかさどる総督+や,それぞれ別の民族の君たちに命じたところにしたがって,各々の管轄地域については,その独自の文体で+,また各々の民族にはその独自の国語で書き記すこと+が行なわれた。アハシュエロスの名で+それは書かれ,王の認印つきの指輪で印が押された+ 13  そして,急使+によって王の全管轄地域に手紙を送ることがなされ*,第十二の月,すなわちアダルの月の十三[日]に+,一日のうちに+,若い者も老人も,小さい者や女も,すべてのユダヤ人を滅ぼし尽くし,殺し,滅ぼし,そして彼らの分捕り物を強奪せよとのことであった+ 14  それぞれ別のすべての管轄地域+で法令+として出されるその書き物の写しがすべての民族に公布されていた。[人々が]その日のために備えるためであった。 15  急使たちは,王の言葉のゆえに急いで行くよう動かされて+,出て行き,その法令は,シュシャン城+でも出された。王とハマンは座って酒を飲んでいた+が,シュシャンの都+は混乱していた+

脚注

ネヘ 2:1の脚注参照。
「アダル」。ヘ語,アダール。ユダヤ宗教暦の第12の月のこの名称は,エズ 6:15およびエステル記の8か所だけに出て来る。アダルは2月から3月に当たる。付録8ロ参照。
「プル」。「くじ」の意。「プリム」(複数形)は宗教暦の第12の月に祝われたユダヤ人の祭りを指すようになった。付録8ロ参照。
銀1トロイオンス 7(米)㌦として約7,707万㌦に相当。
「送ることがなされ」。ヘブライ語ではこれは動詞の不定詞独立形で,時に関しては不定で,非人称。