内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

エステル 2:1‐23

2  これら​の​事​の​後,アハシュエロス​+の​激しい​怒り​が​収まる​と,[王]は​ワシテ​+の​こと,そして​彼女​の​し​た​こと+,および​彼女​に​対し​て​決め​られ​た​こと​+を​思い起こし​た。  その​とき,王​の​奉仕​者​で​ある​その​従者​たち​+は​言っ​た,「王​の​ため​に,容姿​の​美しい,処女​+で​ある​娘​たち​を​求め​させ​ましょ​う+  そして,王​は​ご自分​の​領域​の​すべて​の​管轄​地域​+に​事務​官​を​任じ,容姿​の​美しい,処女​で​ある​娘​たち​を​みな,シュシャン​城​+の,女​たち​の​守護​者​で​ある​王​の​宦官​+ヘガイ​+に​託さ​れ​て​いる​女​の​家​に​集め​させ,そして​マッサージ​を​施す​こと​が​なさ​れ​ます​よう​に*  そして,王​の​目​に​喜ばしく​思える​娘​が,ワシテ​の​代わり​に​王妃​と​なる​の​です+」。そして,この​事​は​王​の​目​に​喜ば​れ​た​の​で,彼​は​その​よう​に​行なっ​た。  シュシャン​城+に​ユダヤ​人​の​ある​人​が​おり,その​名​を​モルデカイ​+と​いっ​て,ベニヤミン​人​+キシュ​の​子​シムイ​の​子​ヤイル​の​子​で​あっ​た。  この[キシュ]は,バビロン​*の​王​ネブカドネザル​+が​捕らえ​て​流刑​に​処し​た​ユダ​の​王​エコニヤ​*+と​共​に​捕らわれ​て​流刑​に​処さ​れ​た,強制​移住​さ​せ​られ​た​民​*と​共​に,エルサレム​から​捕らわれ​て​流刑​に​され​た​者​+で​あっ​た。  そして[モルデカイ]は​ハダサ*,すなわち​彼​の​父​の​兄弟​の​娘​+エステル​の​養育​者​と​なっ​た+。彼女​に​は​父​も​母​も​い​なかっ​た​から​で​ある。そして,この​若い​女​は​姿​も​きれい​で,容ぼう​も​美しかっ​た​が+,その​父​と​母​が​死ん​だ​とき,モルデカイ​は​彼女​を​自分​の​娘​と​し​て​引き取っ​た​の​で​ある。  そして,王​の​言葉​と​その​法令​が​伝え聞かさ​れ,多く​の​娘​たち​が​シュシャン​城​+に​集め​られ​て​ヘガイ​に​託さ​れ​た​とき+,エステル​も​王​の​家​に​連れ​て​行か​れ,女​たち​の​守護​者​ヘガイ​に​託さ​れ​た​の​で​ある。  さて,この​娘​は​彼​の​目​に​喜ば​れ​た​の​で,彼女​は​その​前​に​愛​ある​親切​+を​*得​た。彼​は​急い​で​彼女​に​マッサージ​を​施し+,ふさわしい​食物​を​与え,また​王​の​家​から​選ば​れ​た​七​人​の​娘​を​与え​て,彼女​と​その​娘​たち​を​女​の​家​の​最も​良い​所​に​移し​た。 10  エステル​は​自分​の​民族​の​こと​も,親族​の​こと​も​語ら​なかっ​た+。モルデカイ​が,語っ​て​は​なら​ない​と​彼女​に​命じ​て​おい​た​から​で​ある+ 11  そして,モルデカイ​は​エステル​の​安否​と,彼女​が​どう​さ​れ​て​いる​の​か​を​知ろ​う​と,毎日​毎日​女​の​家​の​中庭​の​前​を​歩い​て​い​た。 12  そして,各々​の​女​の​順番​が​来​て,アハシュエロス​​の​ところ​に​入っ​て​行く​こと​に​なっ​た​とき,それ​は​女​の​規定​に​したがって​十二​か月​たっ​た​後​の​こと​で​あっ​た​が,それ​と​いう​の​も,その​よう​に​し​て​マッサージ​を​施す​期間​が,六​か月​は​没薬​の​油​+で,さらに​六​か月​は​バルサム​油​+と​女​の​マッサージ[を​施す​こと]で,やがて​満ち​た​から​で​ある​が, 13  その​とき,この​よう​に​し​て​娘​は,王​の​ところ​に​入っ​て​行っ​た。女​が​言う​もの​は​みな​与え​られ,それ​を​持っ​て​女​の​家​から​王​の​家​+に​行く​の​で​あっ​た。 14  女​は​夕方​入っ​て​行き,朝,第​二​の​女​の​家​に​帰り,そばめ​たち​の​守護​者​で​ある​王​の​宦官​+シャアシュガズ​に​託さ​れ​た。女​は,王​が​彼女​の​こと​を​喜び,名​に​よっ​て​呼ば​れる​の​で​なけれ​ば,それ​から​は​もう​王​の​ところ​に​入っ​て​行く​こと​は​なかっ​た+ 15  ところで,モルデカイ​が​自分​の​娘​と​し​て​引き取っ​た,彼​の​おじ​アビハイル​の​娘​エステル​+の​順番​が​来​て,王​の​ところ​に​入っ​て​行く​こと​に​なっ​た​とき,彼女​は​女​たち​の​守護​者​で​ある​王​の​宦官​ヘガイ​+が​言っ​た​もの​の​ほか​は​何​も​願い求め​なかっ​た+。(その​間​ずっ​と,エステル​は​彼女​を​見る​すべて​の​者​の​目​に​恵み​を​得​て​い​た+。) 16  そこで,エステル​は[王]の​治世​の​第​七​年​+の​第​十​の​月,すなわち​テベト​*の​月​に,王​の​家​の​アハシュエロス​​の​ところ​に​連れ​て​行か​れ​た。 17  そして,王​は​ほか​の​どの​女​たち​より​も​エステル​を​愛する​よう​に​なっ​た​の​で,彼女​は​ほか​の​どの​処女​たち​より​も[王]の​前​に​恵み​と​愛​ある​親切​を​得​た+。そこで[王]は​王妃​の​頭飾り​を​彼女​の​頭​に​置き,ワシテ​の​代わり​に​彼女​を​王妃​と​し​た+ 18  次い​で,王​は​その​すべて​の​君​たち​と​僕​たち​の​ため​の​大​宴会,すなわち​エステル​の​宴会​を​催し​た。そして,管轄​地域​の​ため​に​大赦​を​行ない+,また​王​の​資力​に​ふさわしく​贈り物​を​与える​の​で​あっ​た。 19  さて,処女​たち​+が​二​度​目​に​集め​られ​た​とき,モルデカイ​は​王​の​門​に​座っ​て​い​た+ 20  エステル​は,モルデカイ​+が​彼女​に​命じ​た​通り,自分​の​親族​の​こと​も,その​民​+の​こと​も​語っ​て​い​なかっ​た+。エステル​は​彼​に​より​世話​を​受け​て​い​た​とき​の​よう​に+,モルデカイ​の​言っ​た​こと​を​履行​し​て​い​た。 21  その​ころ,モルデカイ​が​王​の​門​に​座っ​て​いる​と,入口​を​守る​者​で​ある​王​の​二​人​の​廷臣,ビグタン​と​テレシュ​が​憤慨​し​て,アハシュエロス​​を​手​に​掛け​よう​と​うかがっ​て​い​た+ 22  そして,この​事​が​モルデカイ​に​知れ​た​の​で,彼​は​直ちに​王妃​エステル​に​告げ​た+。一方,エステル​は​モルデカイ​の​名​で​王​に​語っ​た+ 23  そこで,この​事​が​追及​さ​れ,結局​明らか​に​され​た​の​で,彼ら​ふたり​は​杭​*に​+掛け​られる​こと​に​なっ​た+。その​後,この​こと​は​王​の​前​で​その​時代​の​事績​の​書​+に​書き記さ​れ​た。

脚注

「施す​こと​が​なさ​れ​ます​よう​に」。ヘブライ​語​で​は​これ​は​動詞​の​不定詞​独立​形​で,時​に​関し​て​は​不定​で,非​人称。
「バビロン」,七十訳,ウル訳; マソ本,シリ訳,「バベル」。
王​二 24:8では「エホヤキン」; エレ 22:24では「コニヤ」。
「強制​移住​さ​せ​られ​た​民」。または,「流刑​に​され​た​民」。ヘ語,ハッゴーラー
「ぎんばいか」の​意。ヘ語,ハダッサー。
または,「その​前​に​忠節​な​愛​を」。
宗教​暦​の​第​10​の​月​の​流刑​後​の​名称。付録8ロ参照。
または,「材木」。字義,「木」,マソ本; ラ語,パティブロー。