内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

エステル 1:1‐22

1  さて,アハシュエロス,すなわちインドから*エチオピア*まで,百二十七管轄地域*[を]王支配+アハシュエロス*+時代こと*  アハシュエロスシュシャン+*+あるその+座しころ,  その統治そのすべてたちため宴会+催し,ペルシャ+メディア+軍勢,貴族+および管轄地域たち+  そのとき,彼その栄光ある王国と,誉れ+[と]彼偉大麗しさも,百八十示し+  そして,これら満ちると,王シュシャンすべてため,小なるなるためも,七間,王宮殿中庭宴会催した。  そこ亜麻布,上等綿布青布+上等織物赤紫染め羊毛+大理石しっかり取り付けられおり,金できいす+斑岩*大理石真珠および大理石舗装あった。  そして,金+飲む[ぶどうを]回すこと行なわ*が,その一つ一つ違っおり,また資力ふさわしく,王室ぶどう+おびしくあった。  飲むときついいえば,法令したがって,だれ強いるなかった。これが,各々自分好むところしたがってするように,そのすべて大いなるためそのよう取り決めおいからある。  王妃ワシテ+また,アハシュエロス*属するたちため宴会催した。 10  七に,王ぶどう楽しい気分なっとき+,彼メフマン,ビズタ,ハルボナ+,ビグタおよびアバグタ,ゼタルおよびカルカス,すなわちアハシュエロス面前奉仕+*廷臣言って, 11  王妃ワシテ王妃頭飾りかぶら連れ来させ,その麗しさもろもろたち見せようた。彼女容姿美しかっからある+ 12  しかし,ワシテ王妃廷臣通して[伝えられた]王言葉応じ来る拒み続け+。ここおい非常憤慨し,その激しい怒り燃え上がっ+ 13  そこで,王つい知識ある+知者たち+言った(このよう事柄法令訴訟通じいるすべてたちに[もたらさた]のある。 14  彼ごく近いたちカルシェナ,シェタル,アドマタ,タルシシュ,メレス,マルセナ[および]メムカン,ペルシャメディア+たちで,王接することでき*+,[また]王国首位座すたちあった): 15  「ワシテ王妃は,廷臣よっ伝えられアハシュエロス言っこと履行なかっゆえに,法令したがって,どうれるべきあろか」。 16  これ対しメムカン+たち言った,「王妃ワシテは,ひとり対しのみならず,アハシュエロス管轄地域いるすべて対し不当ことです+ 17  なぜなら,王妃すべてたち伝わっゆき,彼女たちは,『アハシュエロスが,王妃ワシテ連れ来るよう言っに,彼女なかった』と言って,自分たちその所有*+侮る+ことなるからです。 18  それ今日,王妃聞いペルシャメディア夫人たちは,王すべてたち話しかけ,大変侮べつ憤り生じるでしょ+ 19  もし,王とっ良い思われるでしたら+,ワシテアハシュエロスならないいう言葉ご自身から出し,それペルシャメディア法令+書き入れ,それなくなることないようされますよう+。その王妃威厳を,王彼女友,彼女より優れお与えなりますように。 20  そして,王設けられるその布告その領域聞かなけれなりません(それ広大ですから)。そうすれば,妻たち皆,小なるなるも,その所有敬意+表するでしょ*+」。 21  そして,このたち喜ば+,王メムカン言葉通り行なった。 22  そこで[王]はすべて管轄地域に,各々管轄地域+その独自文体で,また各々その独自国語書状送り+,夫みな自分引き続き行動+,自分国語話すようさせた。

脚注

インドから」。ヘ語,メーホーッドゥー; ギ語,インディケース,「インド[の国]」; シ語,フード; ラ語,インディアー。
「エチオピア」,ウル訳; マソ本,シリ訳,「クシュ」。
「管轄地域」。ウル訳,「州」; ラ語,プローウィンキアース。
「アルタクセルクセス」,七十訳。ダリウス大王(ダリウスヒスタスペス)の子,クセルクセス解される。
創 14:1,「時代こと」の脚注参照。
「城」。または,「要塞」。
多く場合,紫がかっ暗赤色石基あり,長石結晶含む,非常硬い岩石。
「飲むぶどう回すこと行なわた」。ヘブライこれ動詞不定詞独立取るべきあり,時関し不定で,非人称。
「アルタクセルクセス」,七十訳。
字義,「奉仕するたち」。ヘ語,ハムシャーレティーム; ギ語,トイス ディアコノイス; ラ語,クウィー……ミニストラーバント
字義,「王いる」。
「その所有」。ヘ語,バレーヘン。
「それは……そうすれば,妻たち皆……表するでしょう」。ヒー ウェコルハンナーシーム イッテヌー(HWekhol-Han·na·shim' Yit·tenu')(ヘ語)は,四文字語<テトラグラマトン>,יהוה(YHWH)の折り句<アクロスティック>になっいる思われる。この箇所み名字母を,תנוי נשיםהכל־ו יאהよう文字字母折り句<アクロスティック>で示しいる三つ古いヘブライ写本知らいる。これは,「エホバ」の示すこのよう四つ折り句<アクロスティック>の最初箇所で,マソラ朱書き,つまり文字このこと注意喚起いる。