内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 9:1‐21

9  しかしその薄暗さは,その*圧迫置かとき,人ゼブルンナフタリ侮べつもっ扱っずっ以前+,また,それよりに,人が[それに] ― 海ぞい道,ヨルダン地方,諸国民ガリラヤ*+に ― 誉れ受けさせとき+ようない*  闇歩ん大いなる+た。深い+住んたちは,光その照り輝い+  あなたその国民多く+,[国民の]ため*歓び大いなるものされ+。彼ら収穫歓ぶよう+,分捕り分けるとき喜び満ちたちよう+,あなたみ前歓んだ。  それは,あなたが,彼らくびき+そのむち棒を,彼ら仕事追い立てる+を,ミディアン行なわよう+みじん砕かからだ。  身震いながら*踏みにじる+すべて長ぐつと,血*まみれマントは,火ため+焼かれるものなっからある。  わたしたちためひとり子供生まれ+,わたしたちひとり男子与えられからある+。君支配*その置かれる+。そしては,“くすしい助言*+”,“力ある*+”,“とこしえ*+”,“平和*+”と呼ばれるあろう。  ダビデ王座+その王国あって,君その豊か支配*+平和終わりない*+。それは,今より定めない至るまで,公正++よっこれ*堅く立て+,支えるためある。実万軍エホバ熱心これ行なう+  エホバ*ヤコブ責め送っ言葉あり,それイスラエル下っ+  そして,民みな,エフライムサマリア+住民も,必ず[それを]知るようなる+。[その]ごう慢不遜ためあり+,こう言う。 10  「れんが倒れが,我々切り石+建てる。エジプトいちじく+切り倒さが,我々もっこれ代える」。 11  そして,エホバレツィン敵対たち高く上げこれ攻めさせ,そのたちせき立てられる+ 12  東からシリア+,背後からフィリスティア+が,そして彼ら開けイスラエル食い尽くす+。このすべてことゆえに,[]の怒り戻らず,そのなおも伸ばさままある+ 13  そして,この自分たち打つもと帰ら+,万軍エホバ求めなかっ+ 14  それで,エホバイスラエルから+,若枝いぐさ一日うち+切り断たれる+ 15  老齢で,重んじられいる*+,偽り教訓与える預言ある+ 16  そして,この導いいるたちは[彼らを]さまよわせる+,導かいるたち混乱られいるある+ 17  それゆえに,エホバ*その若者たち歓ば+,その父なし子も,やもめたち憐れまないあろう。彼らみな背教+,悪行あり,すべて分別こと語っいるからある。このすべてことゆえに,[]の怒り戻らず,そのなおも伸ばさままある+ 18  邪悪+よう燃え立っからある。それいばら茂み雑草食い尽くす+。そして森林やぶそれつき+,それら立ち上るときよう巻き上げられる+ 19  万軍エホバ憤怒よっその燃え上がっ*。民なるあろ+。だれひとり自分兄弟すら同情示さない+ 20  そして,人切り倒し必ず飢え,左食べるが,彼ら決して満ち足りない+。各々自分食べるある+ 21  マナセエフライムを,エフライムマナセを。彼らユダ敵するあろ+。このすべてことゆえに,[]の怒り戻らず,そのなおも伸ばさままある+

脚注

字義,「それ」,女性形。すなわち,土地または地。
または,「周回地域」。ヘ語,ゲリール; シ語,ゲリーロー; ギ語,ガリライア; ラ語,ガリレアエ。「ガリラヤ」はに,サマリアより地域ローマ属州名称なった。
マソ本七十訳この23なっおり,ここ8終わる。
「それ[国民]のために」,マソ本欄外,タル,シリ訳,および20ヘブライ写本。
または,「音立てながら; 足音高く」。
「血」(複),マソ本。
または,「地位」。ヘ語,ハンミスラー; ギ語,ヘー アルケー; ラ語,プリンキパートゥス
「くすしい助言者」。字義,「助言不思議(奇跡)」もしくは「不思議,助言者」,マソ本; 七十訳,「大いなる助言み使い」; シリ訳,「不思議助言者」。
または,「力あるたる者」。ヘ語,エール ギッボール(創 17:1来るエール シャッダイない。同脚注参照); シリ訳,「定めないわたるある神」; ラ語,デウス フォルティス。
または,「永久父」。ヘ語,アヴィーアド。
または,「平和好む君」。すなわち,平和与える君。
の……支配」。ヘ語,ハンミスラー。この表現ここ6しかない。
または,「君その支配豊かなり,平和終わりない」,もしマソ本重複誤写あるなら; 七十訳これ一致する。
「これ」,女性形。「王国」を指しいる。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
「重んじられいる者」。字義,「顔関し高く上げられ者」。
8脚注参照。
「燃え上がった」,タル,七十訳一致マソ本訂正することよる; 別訂正よると,「迷わせられた」,ウル訳同様。