内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 8:1‐22

8  次いで,エホバはわたしに言われた,「あなたは自分のために大きな書き板+を取り,死すべき人間の尖筆で*,その上に『マヘル・シャラル・ハシュ・バズ*』と書け。  そして,わたしは,忠実な証人+,祭司ウリヤ+とエベレクヤ*の子ゼカリヤ*とによって,それが真正であることを自分のために証し+させよう」。  それから,わたしは女預言者に近づき,彼女は妊娠して,やがて男子を産んだ+。エホバはそのときわたしに言われた,「その名をマヘル・シャラル・ハシュ・バズと呼べ。  それは,その子が『お父さん!』『お母さん!』と呼ぶことを知るようになる前に+,人はダマスカスの資産とサマリアの分捕り物をアッシリア王の前に運び去るからである+」。  次いで,エホバはなおもわたしに話して言われた,  「この民が穏やかに流れるシロアハ*の水+を退けて+,レツィンとレマルヤ*の子+に対する歓喜+があるので,  まさにそれゆえに,見よ,エホバ*+の力強い多量の水,すなわち,アッシリアの王+とそのすべての栄光+を彼らに向かって連れ上る+。そして,彼は必ずそのすべての川床に上り,そのすべての岸を越え,  ユダを通って進んで行く。彼はまさに洪水となって越えて行く+。彼は首にまで達する+。そして,インマヌエル*+よ,彼の翼+の広がりは必ずあなたの地の幅を満たすことになる」。  もろもろの民よ,害を加える者となり*,みじんに砕かれよ。地の遠い所にいるすべての者たちよ+,耳を向けよ! 帯を締め+,みじんに砕かれよ+! 帯を締め,みじんに砕かれよ! 10  企てを考え出せ。それは破られる+! 言葉を出せ。それは立たない。がわたしたちと共におられる*からだ+ 11  エホバはこの民の道を歩むことからわたしをそらすために*,み手の強さをもってわたしにこう言われたからである。 12  「あなた方は,この民が『陰謀+だ!』と言いつづけるすべてのことに関して,『陰謀だ!』と言ってはならない。彼らの恐れるものを恐れてはならない。また,それにおののいてはならない+ 13  万軍のエホバ ― この方をあなた方は聖なるとすべきであり+,この方こそあなた方の恐れるべきもの+,あなた方をおののかせるであるべきである+」。 14  そして,この方は必ず神聖な場所と*なる+。しかしイスラエルの二つの家にとっては,突き当たる石,つまずく岩となり+,エルサレムの住民*にとっては,仕掛けとなり,わなとなる+ 15  そして,彼らのうちの多くの者は必ずつまずき,倒れ,砕かれ,わなに掛かって捕らえられる+ 16  証しを包み+,わたしの弟子たち*の中で律法の周りに封印せよ+ 17  そして,わたしはヤコブの家から顔を覆い隠しておられる+エホバを待ちつづけ+,この方に望みを置く+ 18  見よ,わたしと,エホバがわたしにお与えになった子供たち+とは,シオンの山に住んでおられる万軍のエホバ+からのイスラエルのしるし+となり,奇跡*となっているのである。 19  そして,もし人々があなた方に,「霊媒+に,または,さえずったり+低い声でものを言ったり*する予言の霊を持つ者たちに問い合わせよ」と言うのであれば,どの民もそのに問い合わせるべきではないか+。生きている者たちのために死者に[問い合わせることがあってよいだろうか+]。 20  律法と証し+とに[問え]* 確かに,彼らは夜明けの光を持たない+この言葉*+にしたがって語りつづける。 21  そして,各々*ひどく苦しみ,飢えを覚えて+,必ずその地*を通り抜けることであろう。彼は飢えており,自分を憤らせたので,自分の王と自分のの上に*実際に災いを呼び求め+,必ず上をじっと見ることであろう。 22  そして,彼は地を見るが,見よ,苦難と闇+,薄暗さ,困難な時,輝きのない*暗がりがある+

脚注

「死すべき人間尖筆で」。または,「通常尖筆で」。
「急げ,分捕りよ[または,分捕り急げ]! 彼速やか強奪ところた」の意。
「エホバ祝福くださる」の意。ヘ語,エヴェレクヤーフー。
「エホバ覚えくださった」の意。ヘ語,ゼカルヤーフー。
「送るもの」という意味で,導水渠あること示しいる。七十訳,「シロアム」。
二 15:25,「レマルヤ」の脚注参照。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
7:14,「インマヌエル」の脚注参照。
「害加えるなり」。七十訳,およびマソ本訂正することより,「知れ」。これは,「耳向けよ」という並行表現一致する。
「神わたしたちおられる」。ヘ語,インマーヌー エール; 七十訳,「エホバわたしたちおられる」。
「この歩まないようわたし訓戒するために」,別ヘブライ動詞派生取ることより。
または,「必ずなると」。
「住民」(複),七十訳,シリ訳,ウル訳,および七つヘブライ写本; クム1イザa,マソ本,「住民」(単)。
または,「わたし教えられたち」。
または,「不思議; 異兆; 印」。
または,「さえずったり腹話たり」。
または,「律法証しために」; または,「それ律法証し属する」。
または,「この話されること」。
または,「彼らは」。字義,「彼(人)は」。
字義,「それ」,女性形。すなわち,土地または地。
「と自分に」。ヘ語,ウーヴェーローハーウ。
「輝きない」,わずか訂正よる; 七十訳,「見ることできなくなるような」; マソ本,「人押し[入れ]られる(突き入れられる)」。