内容へ

サブ・メニューへ

目次へ

エホバの証人

日本語

オンライン聖書 | 「新世界訳聖書」

イザヤ 8:1‐22

8  次いで,エホバわたし言わた,「あなた自分ため大きな書き板+取り,死すべき人間尖筆*,そのに『マヘルシャラルハシュバズ*』と書け。  そして,わたしは,忠実証人+,祭司ウリヤ+エベレクヤ*ゼカリヤ*よって,それ真正あること自分ため証し+よう」。  それから,わたし預言近づき,彼女妊娠て,やがて男子産ん+。エホバそのときわたし言わた,「そのマヘルシャラルハシュバズ呼べ。  それは,そのが『お父さん!』『お母さん!』と呼ぶこと知るようなる+,人ダマスカス資産サマリア分捕りアッシリア運び去るからある+」。  次いで,エホバなおもわたし話し言わた,  「この穏やか流れるシロアハ*+退け+,レツィンレマルヤ*+対する歓喜+あるで,  まさにそれゆえに,見よ,エホバ*+力強い多量水,すなわち,アッシリア+そのすべて栄光+彼ら向かっ連れ上る+。そして,彼必ずそのすべて川床上り,そのすべて越え,  ユダ通っ進ん行く。彼まさに洪水なっ越え行く+。彼まで達する+。そして,インマヌエル*+よ,彼+広がり必ずあなた満たすことなる」。  もろもろよ,害加えるなり*,みじん砕かれよ。地遠いいるすべてたち+,耳向けよ! 帯締め+,みじん砕かれよ+! 帯締め,みじん砕かれよ! 10  企て考え出せ。それ破られる+! 言葉出せ。それ立たない。わたしたちおられる*から+ 11  エホバこの歩むことからわたしそらすため*,み手強さもっわたしこう言わからある。 12  「あなた方は,このが『陰謀+だ!』と言いつづけるすべてこと関して,『陰謀だ!』と言っならない。彼ら恐れるもの恐れならない。また,それおののいならない+ 13  万軍エホバ ― このあなた方なるべきあり+,このこそあなた方恐れるべきもの+,あなた方おののかせるあるべきある+」。 14  そして,この必ず神聖場所*なる+。しかしイスラエル二つとっは,突き当たる石,つまずくなり+,エルサレム住民*とっは,仕掛けなり,わななる+ 15  そして,彼らうち多く必ずつまずき,倒れ,砕かれ,わな掛かっ捕らえられる+ 16  証し包み+,わたし弟子たち*律法周り封印せよ+ 17  そして,わたしヤコブから覆い隠しおられる+エホバ待ちつづけ+,この望み置く+ 18  見よ,わたしと,エホバわたしお与えなっ子供たち+は,シオン住んおられる万軍エホバ+からイスラエルしるし+なり,奇跡*なっいるある。 19  そして,もし人々あなた方に,「霊媒+に,または,さえずったり+低いもの言ったり*する予言持つたち問い合わせよ」と言うあれば,どのその問い合わせるべきない+。生きいるたちため死者に[問い合わせることあっよいだろ+]。 20  律法証し+に[問え]* 確かに,彼ら夜明け持たない+この言葉*+したがって語りつづける。 21  そして,各々*ひどく苦しみ,飢え覚え+,必ずその*通り抜けることあろう。彼飢えおり,自分憤らで,自分自分*実際災い呼び求め+,必ずじっ見ることあろう。 22  そして,彼見るが,見よ,苦難+,薄暗さ,困難時,輝きない*暗がりある+

脚注

「死すべき人間尖筆で」。または,「通常尖筆で」。
「急げ,分捕りよ[または,分捕り急げ]! 彼速やか強奪ところた」の意。
「エホバ祝福くださる」の意。ヘ語,エヴェレクヤーフー。
「エホバ覚えくださった」の意。ヘ語,ゼカルヤーフー。
「送るもの」という意味で,導水渠あること示しいる。七十訳,「シロアム」。
二 15:25,「レマルヤ」の脚注参照。
書写YHWHアドーナーイ変えられ134箇所一つ。付録1ロ参照。
7:14,「インマヌエル」の脚注参照。
「害加えるなり」。七十訳,およびマソ本訂正することより,「知れ」。これは,「耳向けよ」という並行表現一致する。
「神わたしたちおられる」。ヘ語,インマーヌー エール; 七十訳,「エホバわたしたちおられる」。
「この歩まないようわたし訓戒するために」,別ヘブライ動詞派生取ることより。
または,「必ずなると」。
「住民」(複),七十訳,シリ訳,ウル訳,および七つヘブライ写本; クム1イザa,マソ本,「住民」(単)。
または,「わたし教えられたち」。
または,「不思議; 異兆; 印」。
または,「さえずったり腹話たり」。
または,「律法証しために」; または,「それ律法証し属する」。
または,「この話されること」。
または,「彼らは」。字義,「彼(人)は」。
字義,「それ」,女性形。すなわち,土地または地。
「と自分に」。ヘ語,ウーヴェーローハーウ。
「輝きない」,わずか訂正よる; 七十訳,「見ることできなくなるような」; マソ本,「人押し[入れ]られる(突き入れられる)」。