内容へ

目次へ

エホバの証人

言語を選ぶ 日本語

イザヤ 62:1‐12

62  わたし​は​シオン​の​ため​に​黙っ​て​い​ない+。エルサレム​の​ため​に​+静か​に​し​て​い​ない。その​義​が​輝き​の​よう​に+,その​救い​が​燃える​たいまつ​の​よう​に​出​て​行く​まで​は+  「そして,[女​よ*+,]諸国​の​民​は​必ず​あなた​*の​義​を​見+,王​たち​は​皆​あなた​の​栄光​を[見る​で​あろ​う+]。そして,あなた​は​エホバ​の​口​が​定める​新しい​名​で​実際​に​呼ば​れる​で​あろ​う+  そして,あなた​は​必ず​エホバ​の​み手​に​ある​美​の​冠​と​なり+,あなた​の​*の​たなごころ​に​ある​王者​の​ターバン[と​なる]。  あなた​は​もはや​完全​に​捨て​られ​た​女​と​は​言わ​れ​ず+,あなた​の​地​も,もはや​荒廃​し​て​いる​と​は​言わ​れ​ない+。かえって,あなた​は,“わたし​の​喜び​は​彼女​に​ある*+”と​呼ば​れ,あなた​の​地​は,“妻​と​し​て​所有​さ​れる*”と[呼ば​れる]で​あろ​う。エホバ​は​あなた​を​喜び​と​し,あなた​の​地​は​妻​と​し​て​所有​さ​れる​から​で​ある+  若い​男​が​処女​を​妻​と​し​て​所有​する​よう​に,あなた​の​子​ら​も​あなた​を​妻​と​し​て​所有​する​で​あろ​う+。そして,あなた​の​​は​花婿​が​花嫁​に​抱く​歓喜​を​もっ​て+,まさに​あなた​の​こと​を​歓喜​さ​れる​で​あろ​う+  エルサレム​よ,あなた​の​城壁​の​上​に​わたし​は​見張り​の​者​たち​を​配置​し​た+。一日​じゅう,そして​夜通し,絶え​ず,彼ら​が​黙っ​て​いる​こと​が​あっ​て​は​なら​ない+ 「エホバ​の​こと​を​語り告げ​て​いる​者​よ+,あなた方​の​側​に​沈黙​が​あっ​て​は​なら​ない+  []が​固く​定め​て​くださる​まで,エルサレム​を​地​に​賛美​と​し​て​置い​て​くださる​まで+,[]に​対し​て​沈黙​し​て​は​なら​ない」。  エホバ​は​その​右手​と​その​強い​腕​+と​を​もっ​て​誓わ​れ​た+。「わたし​は​あなた​*の​穀物​を​もはや​あなた​の​敵​に​食物​と​し​て​与え​ない+。また,あなた​が​労し​た​あなた​の​新しい​ぶどう​酒​を​異国​の​者​たち​*が​飲む​こと​も​ない+  そう​で​は​なく,それ​を​集める​者​たち​が​それ​を​食べ,彼ら​は​必ず​エホバ​を​賛美​する​で​あろ​う。それ​を​取り集める​者​たち​が,わたし​の​聖​なる​中庭​で​それ​を​飲む​の​で​ある+」。 10  あなた方​は​出よ,門​を​通っ​て​出​よ。民​の​道​を​整え​よ+。[土​を]盛り上げよ,[土​を]盛り上げ​て​街道​を​作れ。石​を​取り除け+。もろもろ​の​民​の​ため​に​旗​じるし​*を​掲げよ+ 11  見よ,エホバ​ご自身​が[それ​を]地​の​最も​遠い​所​*に​まで​聞こえ​させ​た+。「あなた方​は​シオン​の​娘​に​言え+,『見よ,あなた​の​救い​は​来る+。見よ,[]が​与え​られる​報い​は[]と​共​に​あり+,その​払っ​て​くださる​賃金​は​その​み前​に​ある』と+」。 12  そして,人々​は​必ず​彼ら​を​聖​なる​民+,エホバ​に​よっ​て​買い戻さ​れ​た​者​+と​呼ぶ​で​あろ​う。あなた​自身​も,“尋ね求め​られる​者*”,“完全​に​捨て​られる​こと​の​ない​都市”と​呼ば​れる​で​あろ​う+

脚注

「女​よ」。「あなた」が​女性​単数​形​で,「エルサレム」を​指す​の​で​挿入​さ​れ​た。
「あなた」,女性​単数​形。
「あなた​の​」。ヘ語,エローハーイク。
「“わたし​の​喜び​は​彼女​に​ある”」。または,「ヘフジバ」。ヘ語,ヘフツィー​・​ヴァーハ。
または,「“夫​に​よっ​て​所有​さ​れる”」。または,「ベウラ」。ヘ語,ベウーラー。
「あなた」,女性​単数​形。シオン​すなわち​エルサレム​に​語りかけ​られ​て​いる。
字義,「異(国)の​子​ら」。
「旗​じるし」。ヘ語,ネース; ラ語,シグヌム。
エレ 25:31,33の​脚注​参照。
「“尋ね求め​られる​者”」。ヘ語,デルーシャー,女性​単数​形。